撮影計画とメンテナンス 星空と天の川の撮影方法

天の川が見たい!撮りたい!天の川はどこで見れるの?星空や天の川の観測と撮影方法

更新日:

写真を楽しむ[撮影アイテム紹介 写真ブログ]にようこそ!
春から夏にかけて天の川の撮影が楽しくなる時期です。
今回は星空や天の川の撮影方法をご案内します。
ここでご案内するのは「星景写真」になります。
赤道儀を使った撮影方法ではありません。
ある程度カメラをいじった事がある方は天の川の撮影は
とても簡単な事です。
対応するカメラさえあれば、天の川を撮影する事ができます。

参照元のタイトルをクリックすると撮影時の様子がご覧頂けます。

天の川が見たい!撮りたい!天の川はどこで見れるの?星空や天の川の観測と撮影方法
参照元[天の川が見たい!群馬編]

[PR]

天の川の撮影方法 はじめに

星空や天の川は一度は撮ってみたい題材ですね。

天の川の撮影方法は、もともと
風景写真ブログ[空と海…繋がる世界]の
[天の川の撮影方法-初心者コース]でご紹介しておりましたが
かなり雑に書いておりますので、こちらでまとめました。

内容としては重複している部分が多いと思います。

天の川を撮影した写真は[天の川が見える風景写真]でご覧ください。

また、2015年4月より
1ヶ月ごとの天の川の見える方角や撮影に適した日時などを
ご紹介する記事をスタートさせましたのでご参照ください。
こちらの記事は、シリーズとして毎月の天の川の観測について
ご紹介いたします。
[ガイド[天の川の撮影方向]2015一覧]
[[2015年4月版]天の川の撮影に適した10日間 4月の天の川を撮りに行こう!]
[[2015年5月版]天の川の撮影に適した二週間 5月の天の川を撮りに行こう!]
[[2015年6月版]天の川の撮影に適した18日間 6月の天の川を撮りに行こう!]
[[2015年7月版]七夕に天の川は見えるのだろうか? 7月の天の川を撮りに行こう!]
2015年度の年間を通しての天の川の方向や時間をご案内しております。

天の川の撮影準備

天の川を撮影するには適したカメラが必要です。

天の川の撮影地の選定

参考すべきサイト[天体観測マップ-光害マップ]
上記サイトで光害の少ない場所を選びます。

関東の場合は、
神奈川県・千葉県などは海岸線でも撮影可能です。
埼玉県・群馬県・茨城県・栃木県および山梨県などは
山間部になりますが、できるだけ高所で光害が少ない所が望ましい。
風景写真ブログ[空と海…繋がる世界]の[天の川が見える風景写真]を
ご覧頂くと大体どの辺りで撮影したのかが分かると思います。

天の川の撮影時期

天の川の撮影は季節や時間、方角によって異なります。
いつも同じ場所にある訳ではありませんのでそれなりの調査が必要です。
「はじめに」でもご紹介しましたが、
月ごとの天の川の位置と撮影に適した日時をご参照ください。
[[2015年4月版]天の川の撮影に適した10日間 4月の天の川を撮りに行こう!]

上記の記事は随時追加されますが、もっと先を見たい方は
[こよみのページ]や[星空や天の川の撮影アイテム-Star Walk]などの
アプリを使って、天の川がその日時にどのように観測できるかを
チェックしてください。

天候と雲の様子

天の川を撮影する日を決めたら当日の天気や雲の様子が気になります。
[GPV気象予報]や[撮影地の雲の様子を-WeatherMap+]のアプリを使って
雲の様子をご確認ください。
このようなアプリは前日と当日のチェックにご使用ください。

天の川を撮る為のカメラと周辺機器

カメラ

一眼レフ(付属標準レンズで可)
ミラーレスカメラ
コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)
いずれもマニュアル操作が可能なカメラが必要です。

※上位機種や最新のカメラであればミラーレス・コンデジでも撮影可能
逆に一眼レフでも古いカメラなど対応できない場合があります。

スポンサーリンク

[PR]

 

レンズ

魚眼レンズ・広角レンズでダイナミックな天の川が撮影できます。
レンズは明るいにこした事はありませんが標準的なf3.5でも撮影可能です。

VRのレンズは手ぶれ機能をOFFにしてください。

周辺機器

カメラを固定する三脚は必須です。

レリーズもしくはリモコンを用意します。
カメラのシャッターに直接触れるとその時点でブレますので
特に軽いカメラや小さいカメラは絶対にリモコンやレリーズをご使用ください。

もし、無いのであれば、「タイマー撮影」で凌ぐ事ができます。
セルフタイマーを使用して撮影してください。

天の川の撮影

カメラの設定

ISO1600〜6400、絞りf3.5以下、シャッタースピード10〜30程度
※使用レンズによって異なりますので上記範囲の設定ができれば撮影できます。
例)ISO4500、絞りf3.5、シャッタースピード20秒…など

空の明るさによってもカメラの設定が変わりますので
ISOやシャッタースピードの調整をしながら、
何枚か撮影して一番良く撮れているデータを探してください。

ピント合わせ

無限遠に合わせてもレンズによってはピントが合っていません。
無限遠にして撮影しましょう!という方も居ますが、
これは間違いですのでご注意ください。
レンズによって異なりますので、必ず「無限遠」にして安心しないでください。

遠くの外灯にピントを合わせるか、
少しずつピントをずらしながら試し撮りして
ピントがあっているところで撮影します。
※バーディノフマスクを使用する事も考えられます。

バーディノフマスクは星を撮影する時に使うピント支援ツールです。
使い方は、レンズに取り付け、スリットの間を通ってきた星の光の光で
ピントが合っているか否かを判断します。

星空や天の川の撮影 応用編

天の川が撮れたら、色々応用してみましょう!
例えば天の川と人を撮影したり、車やバイクと星空を撮影したり…
参照の写真も、建物が明るいため、
建物も見えていてなおかつ天の川も見えています。

手前の被写体が明るければ、このように天の川と何かを
含めて撮影する事ができます。

一例として下記の記事の写真などをご参考にしてください。

車やバイクと一緒に天の川を撮ろう!
[星空の見える峠で車と天の川を撮影]

LEDやスピードライトで手前の被写体を明るくしよう!
[日本国道最高地点 渋峠からの天の川]

こんな感じで天の川と一緒に撮影してみましょう!

月ごとの天の川の撮影攻略

[ガイド[天の川の撮影方向]2015一覧]
[[2015年4月版]天の川の撮影に適した10日間 4月の天の川を撮りに行こう!]
[[2015年5月版]天の川の撮影に適した二週間 5月の天の川を撮りに行こう!]
[[2015年6月版]天の川の撮影に適した18日間 6月の天の川を撮りに行こう!]
[[2015年7月版]七夕に天の川は見えるのだろうか? 7月の天の川を撮りに行こう!]

2015年度の年間を通しての天の川の方向や時間をご案内しております。

※定期的な記事になりますので約1ヶ月前に追加されます。

星空や天の川の撮影関連記事

当ブログで紹介している星空や天の川の撮影に役立つ記事を紹介しておきます。

[星空や天の川の撮影アイテム-Star Walk]
アプリによって星座や天の川の方角を知ることができます。

[撮影地の雲の様子を-WeatherMap+]
アプリによって撮影候補地の雲の様子を確認することができます。

[星空撮影関連書籍]をブラウザーなどでブックマークしておくのも便利ですね。

お手軽な赤道儀!スカイメモSの記事を追加
[手軽な赤道儀で星空を撮影しよう!ポータブル赤道儀[スカイメモS]ケンコー・トキナより]

 

[PR]
バナークリックで応援の一票を!
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ ブログランキング

-撮影計画とメンテナンス, 星空と天の川の撮影方法
-

Copyright© 写真を楽しむブログ[撮影アイテム 写真ブログ] , 2017 AllRights Reserved.