撮影スポット

パワースポット神磯の鳥居[大洗磯前神社]のアクセスと撮影攻略

更新日:


パワースポット神磯の鳥居[大洗磯前神社]のアクセスと撮影攻略
写真を楽しむ[撮影アイテム紹介 写真ブログ]にようこそ!
今回は、関東の朝日の撮影で有名な地、
大洗磯前神社(おおあらい いそさきじんじゃ)の
神磯の鳥居(かみいそのとりい)の撮影攻略について
ご紹介したいと思います。
この神磯の鳥居と言えば風景写真家はもちろんの事
沢山のカメラマンが集まる朝日の撮影スポットです。
参照元[神磯の鳥居と朝日[大洗磯前神社]]

[PR]

パワースポット神磯の鳥居[大洗磯前神社]のアクセスと撮影攻略
参照元[薄明の神磯の鳥居[大洗磯前神社]]

大洗磯前神社と神磯の鳥居の概要

大洗磯前神社は茨城県ではかなり有名な神社で
毎年初日の出を拝む為に各地から神磯の鳥居のある
海岸へとやって来ます。

また、大洗磯前神社には、地元の参拝者だけでなく
各地からアニメ関係で参拝者が多い。
それは、アニメ「ガールズ パンツァー」がここ大洗が舞台であり、
神社内の絵馬も「ガールズ パンツァー」関連が多い。
実際に茨城県公式観光サイト[観光いばらき]の
[茨城県・大洗町が舞台のアニメ「ガールズ&パンツァー」]でも
紹介されている。

また、それだけではなく、
ヒットしたゲーム「艦隊これくしょん(艦これ)」関係の参拝者も
増えてきている。
それは、この大洗磯前神社内には
軍艦那珂の忠霊碑があるからなのである。
艦これのファンの間では「那珂ちゃんのお墓」とされているらしい。

いずれにしても、この大洗磯前神社は
ただ者ではないパワーを感じるエリアである。

神磯の鳥居については大洗磯前神社公式ホームページで
下記のような事が記載されている。

大御降臨の地を神磯(かみいそ)と称云う。海上の岩の上に鳥居が立っています。
徳川光圀公が当神社を参拝の折に、此の景観を称え、

あらいその岩にくだけて散る月を
一つになしてかへる月かな

と詠まれています。
出典:大洗磯前神社ホームページ

背景がグレーの部分は引用です。

神磯の鳥居[大洗磯前神社]の場所とアクセス

大洗磯前神社及び神磯の鳥居は、茨城県にあります。
住所は、
茨城県東茨城郡大洗町磯浜町6890

36.314984, 140.588858

スマホの場合、地図をタップするとgooglemapになります。

東京方面からのアクセスの場合
マイカーだと常磐自動車道を経て北関東自動車道が便利です。
また、電車の場合は、
水戸を経て大洗駅下車。
大洗駅からはバスが運行しています。

大洗磯前神社には駐車場もありますが、
神磯の鳥居に行くなら、海岸の道路にも駐車場があります。
神磯の鳥居の朝日や星空を撮影するのであれば
時間帯の関係上、ほぼ問題なく駐車できるはずです。

神磯の鳥居[大洗磯前神社]の撮影攻略

神磯の鳥居と朝日の撮影なら、
日の出前に現地へ到着し海岸へと降りていきます。

できれば、薄明の時間より前に到着したいですね。
当然足元が暗いので懐中電灯を忘れずに!

潮の満ち引きの加減によっても変わってきますが、
神磯の鳥居が建っている岩場の潮の流れが綺麗です。
朝日が昇る位置を確認しましょう。

[PR]

このような現地での日の出の位置を確認するのは、
[朝日や夕日の撮影アイテム-LightTrac]や
[星空や天の川の撮影アイテム-Star Walk]のような
スマートフォンのアプリが便利です。

神磯の鳥居は薄明の時間もとても綺麗ですので
朝日が昇る前にぜひ撮影してみてください。

波打ち際にかなり近い所に陣取ると、
潮の満ち引きの関係上、どんどん満ちてくる場合もありますので
満ち潮か引き潮か一応確認しましょうね(^^)

朝日が昇る30分前にもなると、カメラマンが集まってきます。
直前になると、三脚を移動する隙間が無いほど
カメラマンが集まることもありますので、
三脚を立てる場所を決めるのが肝心です。

中には、自分が立てた三脚の前に陣取る不心得な方もいますが、
そういう場合は、声を掛けるしかありません。
慣れたカメラマンは、そのようなことはありませんが、
観光などで近くのホテルに宿泊している観光客などは、
かなり…横暴です(笑)

前後の高低差が無いので、
ここ神磯の鳥居も、ほぼ横一列に並んだ感じで撮影が始まります。

神磯の鳥居の中に朝日を入れて撮影できるのは
意外にもチャンスは多いのです。
それは、鳥居という被写体ならではのものでしょう。
奥行きがないため、多少左右にズレたとしても自分が移動すれば良いだけです。

ただ…かなり斜めになる時期も有ります。
前出のアプリなどでしっかり事前調査してください。

日の出を鳥居の中に入れて撮影する事は比較的簡単で
陣取る位置さえ間違っていなければ、撮影できます。
多少ズレたとしても、手持ちでも撮れますから、
ちょっと移動して、
並んで撮影しているカメラマンの肩越しからでも撮れば良い。

神磯の鳥居の撮影は、何も朝日だけに限った事ではありません。
月や星空なども十分良い被写体です。

特に月と鳥居を絡めれば、良い画になることは間違いありません。
ここで、月と神磯の鳥居を絡めた作品を紹介しておきます。

[Makoto Igari's Field Work]の
[神磯の鳥居に昇るスーパームーン【大洗磯前神社】]
で紹介している作品は、まさに神磯の鳥居の中に月を入れて撮影したものです。
しかもただの月ではありません。
スーパームーンという貴重な日の作品です。
その他にも神磯の鳥居と天の川など、
神磯の鳥居の数々の作品がございますので、
一度ご覧になってはいかがでしょうか?

神磯の鳥居と月を絡めるにしても、
なにも満月限定なわけではありませんし、
鳥居の中に入れる必要もありません。
あくまでも作品なので、そのあたりは自由ですね。

鳥居の中に月を入れるには、
月の出である事と、目線もかなり下でないと撮れません。
月の出の時に水平線に雲がないことの方が希少なので
なかなか撮れるものではありません。

私の場合は、
ちょっと遠方なので、なかなか出向くことができませんが、
一度じっくり撮影したい所です。

また、撮影後には、大洗磯前神社への参拝も…
かなり長い階段ではあります…ね

神磯の鳥居とだるま朝日を絡める

冬の澄んだ雲のない日であれば、
神磯の鳥居とだるま朝日も捉えることができます。

もちろん鳥居の中にだるま朝日を入れて捉えることも可能です。
12月や1月、天候によっては初日の出なんかも狙い頃ですね。

参照画像は思いっきり失敗しているんですけどね(笑)

パワースポット神磯の鳥居[大洗磯前神社]のアクセスと撮影攻略

参照元[初日の出前に願いを込めて…臨んだ大洗神磯の鳥居とだるま朝日!]


[PR]
バナークリックで応援の一票を!
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ ブログランキング

-撮影スポット
-

Copyright© 写真を楽しむブログ[撮影アイテム 写真ブログ] , 2017 AllRights Reserved.