撮影スポット

夕日の綺麗な撮影スポット 千葉県 勝山海岸へのアクセスと撮影攻略

更新日:

写真を楽しむ[撮影アイテム紹介 写真ブログ]にようこそ!
東京湾の夕日のスポットは数え切れないくらいありますが
今回ご紹介するのは、千葉県の勝山です。
正式には千葉県の安房郡(あわぐん)鋸南町(きょなんちょう)に
ある勝山(かつやま)の事です。
勝山海水浴場がある勝山の海岸沿いになります。
この海岸エリアからは、東京湾越しに富士山も見え、
夕日撮影の被写体としてもお勧めの場所です。

夕日の綺麗な撮影スポット 千葉県 勝山海岸へのアクセスと撮影攻略
参照元[房総半島 勝山[夕日編]]

千葉県 勝山海岸の場所とアクセス

勝山の海岸沿いには…何もない…のが良いところ。
特に説明できないのが、辛いところ…

35.114839, 139.827539

スマホの場合、地図をタップするとgooglemapになります。

勝山海水浴場へのアクセスは、
電車の場合、安房勝山駅から徒歩10分ほどで行けます。
車の場合は、富津館山道路鋸南富山ICから約5分。
駐車場も数十台が駐車できるスペースがあります。

勝山海水浴場のシーズン時でも、
比較的海水浴客が少なく感じます。
もしかしたら海水浴の穴場なのかもしれませんね?

勝山海水浴場の南側の突端付近にも駐車スペースがありますが、
この駐車場は、ほとんど釣り客が利用するようです。

突端への出入り口付近に公衆トイレがあります。

千葉県 勝山海岸の夕日撮影ポイント

勝山の海岸エリアでは、ほとんどの場所で
夕日を見ることができますので、
夕日の撮影ポイントはたくさんあります。

漁港へは、立ち入り禁止の区域がありますので
漁港からの撮影は限られてしまいますが、
その他は、いくらでも撮影ポイントが存在します。

カメラマンが一番多いのは、駐車場付近。
または、構図狙いで、駐車場近くの橋の上から
撮影している方もたくさん見受けられます。

砂浜に降りれば、いろいろな構図を楽しめるでしょう。

勝山海水浴場からは東京湾越しに富士山が見えます。
ある角度からは見えませんが、
ほとんどの砂浜で富士山を確認できます。
ダイヤモンド富士の時期になると、
カメラマンが多くなるのもわかります。

夕日の綺麗な撮影スポット 千葉県 勝山海岸へのアクセスと撮影攻略
参照元[房総半島 勝山からの富士山と夕景]

[PR]

ダイヤモン富士を撮影する時期は、
[朝日や夕日の撮影アイテム-LightTrac]などを利用し、特定してみてください。

海水浴場のある砂浜沿いに南に歩くと、
川が流れ込んでおり、その先は岩場になります。
この付近からは、残念ながら沖の小島によって
富士山が隠れてしまいます。

ここからのエリアは、釣りのポイントになりますが、
このエリアも季節によっては夕日が映える撮影ポイントです。

この勝山の海岸エリアは、夕日だけでなく
星空も綺麗でした。
日没を過ぎると、観光客もカメラマンも居なくなり
星空の撮影もしやすくなります。

夕日の綺麗な撮影スポット 千葉県 勝山海岸へのアクセスと撮影攻略
参照元[星の瞬く千葉県勝山の夜景]

このエリアからの星空の撮影での難点は、
やはり、東京湾上空の飛行機でしょう。

日没を過ぎると、羽田の離着陸のため
飛行機のラッシュが始まります。

星空の撮影のため、
インターバル撮影などをしていると、
ほとんどのカットに飛行機が写っています。

17時から21時の間だと、
30秒おきに飛行機がファインダー内に入ってきます。

羽田離着陸の飛行機だけではありません…
たまに自衛隊のヘリも横切ったりします。

この勝山海水浴場は、漂流物が少ないそうです。
なるほど…確かに砂浜に打ち上げられたゴミなどの
漂流物が見当たりません。

場所によっては砂浜に漂流物の木っ端などのラインができる砂浜がありますが、
ここ勝山の砂浜にはその形跡が見当たりません。
綺麗な波打ち際なので、とても良い条件になっています。

勝山漁港からは見える沖合には浮島という無人島がありますが、
この島は個人所有のため、上陸できません。
浮島の横に「大ボッケ」「小ボッケ」という
岩礁があり、空洞になっています。

この島や岩礁と夕日を絡めるのは、
この勝山の砂浜寄りの漁港からは無理のようです。

千葉県で撮影した記事は
[千葉県で撮影した風景写真]に
索引としてまとめられておりますので、
よろしかったらご覧ください。

最後の写真は駐車場から撮影したものです。
駐車場からでも富士山が見えますので、
夕暮れデートにはいい感じの場所ですね(^^)


[PR]
バナークリックで応援の一票を!
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ ブログランキング

-撮影スポット
-,

Copyright© 写真を楽しむブログ[撮影アイテム 写真ブログ] , 2017 AllRights Reserved.