撮影スポット

海から初日の出の鑑賞と撮影[東京近郊関東編]初日の出攻略!水平線からの初日の出を拝もう

更新日:

海から初日の出の鑑賞と撮影[東京近郊関東編]初日の出攻略!水平線からの初日の出を拝もう
写真を楽しむ[撮影アイテム紹介 写真ブログ]にようこそ!
2014年も終わりが来ようとしています。
毎年末同じではありますが、
そろそろ初日の出をどこで見るか…撮るか?
そんな事を考える時期になりました。
初日の出なら…水平線から見たい!
ビル等の建物に邪魔されないで…
東京近郊だってそんな所はある訳です。
(微妙に建物が入っても許せる…そんな場所)
参照元のタイトルをクリックすると撮影時の様子がご覧頂けます。
参照元[神磯の鳥居と朝日[大洗磯前神社]]

[PR]

海から初日の出の鑑賞と撮影[東京近郊関東編]初日の出攻略!水平線からの初日の出を拝もう参照元[三ツ石から昇る朝日]

海から初日の出の鑑賞と撮影[東京近郊関東編]初日の出攻略!水平線からの初日の出を拝もう参照元[伊豆半島 田牛からの日の出]

海から初日の出の鑑賞と撮影[東京近郊関東編]初日の出攻略!水平線からの初日の出を拝もう参照元[シンデレラ城からの日の出]

海から初日の出の鑑賞と撮影[東京近郊関東編]初日の出攻略!水平線からの初日の出を拝もう
東京をベースに考えて、
初日の出を関東近郊で見るのに適した場所は?
できれば海からの初日の出を拝みたい!
少なくとも海に反射した初日の出の軌跡を拝みたい!
という感じで簡単に海からの初日の出スポットをご紹介します。
ピンポイントでない場所も有りますが、ご勘弁ください。
※このページでのリンクは別ウインドウで展開されます。

千葉県の初日の出

まず、千葉県なら九十九里浜を始め、犬吠埼、いすみ、野島崎など
各所で初日の出を鑑賞かつ、撮影するのに適した場所が沢山あります。
九十九里浜-[九十九里浜の朝陽]
野島崎-[南房総情熱の朝陽]
駐車場も豊富で、広いためおそらくは、行けば見れるでしょう。
注意点は、外房であると言う事!
これは当たり前ですが、東に向いてないと…ね。
東京湾のど真ん中!
アクアラインの海ほたるパーキングエリアからは
素晴らしい日の出が見れます。
[海ほたるの朝陽]リンク先ページの撮影は9月ですが
海ほたるは東側の景観が良いので、年間を通して日の出撮影には向いています。
※海ほたるSAは千葉県になります。

[PR]

茨城県の初日の出

茨城県も千葉県同様、鹿島灘が東に向いているので
海側に数多くのポイントがあります。
また、霞ヶ浦があるため、海まで出かけなくても
水辺の初日の出が楽しめます。
1枚目に紹介したのは「神磯の鳥居」ですが
おそらくは人気の日の出スポットのはずですし、
撮影した後は、大洗磯前神社でお参りもできますので
お正月には最適な初日の出ポイントです。

東京都の初日の出

東京の場合は東京湾越しに初日の出が期待できますが、
対岸には千葉県があるため、海からの日の出ではない。
ただ、写真でも紹介している「葛西臨海公園」などは
ちょっと変わった感じの朝陽を楽しめます。

4枚目の写真がそうです。
葛西臨海公園からシンデレラ城と朝日を絡めて撮影したものですが、
1月の撮影である。
公園は広いため、必ずある程度は絡められる場所があるはずです。

難点は、このような構図を狙っているカメラマンが居るはずですので
そのエリアだけが混雑している事も考えられます。

近隣のポイントは、若洲公園、浦安(千葉県ですが…)
にもありますが、かなり早く行かなければ、
駐車場に限りがあります。

また、羽田近くの城南島海浜公園も日の出撮影には
適したポイントです。

レインボーブリッジのサウスルートでは
お台場方面に初日の出が昇ります。
三脚は混雑時に使用禁止になりますのでご注意ください。

神奈川県の初日の出

川崎から横浜、横須賀など広い範囲で
東京湾を挟んで初日の出を見る事ができます。
難点を言えば、工場地帯が多いため、
工場があるエリアは、立ち入り禁止区域が多い。
[観音崎からの日の出]

季節的に言えば、横浜も赤れんが倉庫付近からではなく
大桟橋からの方が日の出の感じは良いはずである。
または、臨港パークが良いでしょう。
[横浜ベイブリッジからの日の出]

盲点ではあるが、
相模湾側の江ノ島や茅ヶ崎からも初日の出を臨む事ができる。
相模湾の場合は、なるべく江ノ島よりも西が良い。

最後の写真のマップですが、
これは2015年元旦の日の出方向を示したものです。
赤いラインが日の出の方角です。
参考のため、西湘バイパスの西湘PA下りからの
初日の出の出る方角になります。
この赤いラインの角度で当てはめれば、大体の方角が分かると思います。

神奈川県の端っこの真鶴岬もお勧めの日の出ポイントである。
2枚目の写真は12月撮影のものですが、
時期的にも三ツ石と絡められるチャンスがある。
ただ、真鶴岬は初日の出の為に全国から押し寄せますので
正直な話、大晦日から行ってないと…(笑)

先出の日の出の方角のラインを見ると解るように
真鶴岬の場合、陸地に阻まれない為、
条件さえ合えば「だるま朝日」を三ツ石と絡める事も可能です。
[南伊豆のだるま朝日]
それが人気のある初日の出ポイントと言う事でもあるのでしょうね。

静岡県の初日の出(番外編)

流石に初日の出の為に静岡県までは…
と言う感じではありますが、
伊豆半島には日の出の撮影ポイントが沢山ありますので…
写真で紹介した3枚目の下田を始め
伊東エリア、熱海エリアもお勧めです。
[伊豆下田 大浜の朝焼け]

東京都 高層ビルからの初日の出(番外編)

海からの初日の出ではありませんが
元旦は各所で初日の出を見る為に高層ビルの展望台が開放されます。
初日の出を撮影するには困難を極めますが、
初日の出の鑑賞だけなら「有り!」ですね。

[六本木ヒルズ大展望台-東京シティビュー]
[東京都庁 展望室]
[三軒茶屋キャロットタワー]
[東京タワー展望台]
[東京スカイツリー展望台]
[サンシャイン60展望台]
などが毎年展望台を初日の出の為に早朝公開しています。

元気な方は日本一高い場所「富士山」からの初日の出も
良いかもしれませんね(^^)

はとバスも色々なツアーを企画しているようです。
[はとバス-初日の出ツアー]

※それぞれの展望台の元旦の公開日時等は、オフィシャルページなどでご確認ください。
なお、おそらくですが三脚の使用は禁止されるはずです。

※神奈川県、千葉県の各タワーや高層階ホテルなども初日の出観覧イベントが有りますので
検索してみてください。

その他、引用先ブログの
[朝焼けの見える風景写真]などをご参考ください。
なお、当然の事ながら季節によって日の出の位置は異なります。

日の出の位置や方角を知るのは至って簡単である。
[朝日や夕日を計算通りに撮る方法]の記事内に書いておりますので
参考にしてください。
思い通りの初日の出の撮影も可能でしょう。

記事内のものは2014年12月の情報によるものです。

[PR]
バナークリックで応援の一票を!
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ ブログランキング

-撮影スポット
-

Copyright© 写真を楽しむブログ[撮影アイテム 写真ブログ] , 2017 AllRights Reserved.