撮影方法

夏の風物詩!花火を撮影するには?カメラセッティングによる花火の撮影方法

更新日:

写真を楽しむ写真ブログ[撮影アイテム紹介 写真ブログ]にようこそ!
今回は夏の風物詩、花火の撮影について触れてみたいと思います。
夏が近づくと花火見物の計画で盛り上がりますね。
花火を見物しながら花火を撮影!
花火の撮影に挑戦してみませんか?
撮影の仕方やテクニックは多様です。
花火見物も楽しみながら花火の撮影も楽しんでくださいね。
参照元のタイトルをクリックすると撮影時の様子がご覧頂けます。
[sponsor PR]

花火の撮影に挑戦してみよう!

花火の撮影のポイントは、
カメラの前に邪魔な人だかりが居ない事!
なによりもこれが一番肝心な事ですね。

花火を撮影する為には、それなりの準備が必要です!
でもスマホのカメラでも花火は撮れます。

スマホで撮った花火に負けないような写真にするには
それなりの準備とテクニックが必要です。

準備するもの

1)カメラ(マニュアル撮影ができるもの)
2)三脚
3)レリーズ
カメラはコンパクトデジタルカメラからミラーレス、一眼レフなど
ほとんどのカメラで撮影可能です。
スマートフォンでも撮影できますが、今回はしっかりと花火を撮影する方法ですので
できればマニュアル撮影ができるカメラをご用意ください。

コンパクトデジカメなどは夜景・花火モードなどがセッティングできるものもあります。
もちろんその花火モードで撮影する方法もあります。
ただし、その場合でも三脚にセットする事で完成度、成功率が高くなります。

レリーズは絶対必要か?と言われると……無くても撮れます。
ただ、もしバルブで撮影した場合は
ずっとシャッターボタンを押した状態を保たなければなりませんので当然、ブレます。
ええ…確実に…

カメラのセッティング

カメラのセッティングは、撮り方によっても変わってきますが
今回はバルブ撮影で設定してみましょう。

1)まず露光時間をバルブ(bulb)にします。
2)F値を8〜14程度に合わせます。
3)ISOは100、200程度で可能です。

景色を入れた花火の撮影

1)周辺の景色を入れて構図を決めます。
2)ピントは遠景の建造物等に合わせておきます。
3)花火が打ち上がった瞬間にシャッターを切ります。
4)花火が散り終わる前くらいにシャッターを戻します。

[sponsor PR]

まず、一発目はテストだと思ってください。
この一発目で構図の確認と、ピントの設定ができます。

打ち上げ花火の場合は、高さが肝心です!

構図に失敗すると、花火の上が切れたりします。
構図の失敗を避けるなら、後からトリミングする考えも有りですね。

シャッターを開いている時間によって設定を変える事もありますが
大体10秒前後になると思います。

数発撮影したところで、今までの失敗点を考慮して
F値を上げたり下げたりします。

バルブもあまりにも長い時間開いておくと、当然白飛びしますし、
逆に短ければ暗くなります。

もちろん打ち上げられる花火によって大きさも明るさも時間も変わってきます。
全てを完璧に捉える事ができるわけがない…
というくらい楽な気持ちで撮影しましょう(^^)

フィナーレはほとんどの場合、尺玉のしだれ花火が多いと思います。
フィナーレは失敗したくない!
という気持ちで、撮影していれば、練習気分で楽になります。

途中でも尺玉が何度か打ち上げられると思いますので、
その大きさと高さをチェックしておいてください。

ただ…少し余裕を見て、引いておいた方が得策です。
今までにない大きさの尺玉だったりします(笑)

[茅ヶ崎市 花火のしくみ]に
東京タワーの高さと比べた花火の大きさと高度の比較が記載されています。
その他、花火の種類等の説明もありますので、目を通しておくと花火の撮影の参考になります。

花火だけの撮影

花火をできるだけ大きく画角をはみ出すくらいにダイナミックに撮りたい!
そんな時は、シャッターを開いている時間が短くなります。
この場合はバルブである必要はありませんが、
バルブで撮る事もできます。

いろいろなカットを撮る場合はバルブにしたままでも問題はありません。
シャッター速度も普通にシャッターを切る感覚で撮影すれば撮れています。
もちろんシャッターを押しっぱなしにしないでください。
「い〜ち、に〜い」と言う具合に数えても良いですし、
「カシャッ!」で撮っても良いです。

その場合はそれぞれにF値の調整を怠らずに。
この撮り方で明るい場合は絞ってみたりして調節します。
あまりにも明るい場合はNDフィルタを使用する事もありますが、
つけたり外したりが面倒なので、F値とシャッタースピードで調節します。

バルブでなく数値で設定する場合は、お好みで…

花火の撮り方はその作品によっていろいろな撮影方法があります。
撮影時にズームアウトする…など花火の撮影は多様です。
いろいろなテクニックを是非楽しんでみてください。

花火の撮影後の比較明合成

上記参照元の[2012年横浜開港祭ビームスペクタクルinハーバー]は
数枚の写真を比較明合成したものです。
このように、かなりの遠景であったり、花火が小さいもの、
あるいは、打ち上げ場所が広範囲なものは、
それぞれの画像を比較明合成する事でダイナミックな作品になり得ます。

2012年横浜開港祭ビームスペクタクルinハーバー[空の風景]
2012年横浜開港祭ビームスペクタクルinハーバー ほぼ真横から撮影しました。 始めての撮影でしたので、場所も大きさもわからない… 横浜らしさを取り入れる為に、 ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルを画角に。

手持ち花火

お子さんが花火を楽しんでいる姿を花火とともに撮影するには
夜景モード等で撮影しても撮れますが、
できるだけ三脚を使いましょう。
フラッシュを使用しなくても花火の明るさで顔が写ります。
ただ…あまり動き回ると流れてしまいますので、
ジッとしている瞬間を狙いましょう。

失敗が多いのは、相手が動いているよりもカメラが動いている場合がほとんどです。
そのために三脚やレリーズを使います。

花火の撮影の参考に!

[sponsor PR]
[風景写真ブログ] [写真講座ブログ] [ブログランキング]


関連の記事(広告も含まれます)

ブログが気に入ったら
いいね ! してね

Twitter で

最新記事が配信されます

-撮影方法 -,

Copyright© 写真を楽しむブログ[撮影アイテム 写真ブログ] , 2017 AllRights Reserved.