—NEWS—
現在サーバーエラーの復旧につき[お問い合わせ]機能が使用できません。

夜景撮影で人を消して撮る方法!昼間でも人を消して撮影できる!

混雑した夜景撮影で人を消して撮る方法

写真を楽しむ[撮影地撮影方法紹介の写真ブログ]にようこそ!

夜景を撮影する時、誰も居ない場所で撮影するなら問題ありませんがデートスポットだったり通行人が多いと、どうしても人が写ってしまいます。

顔が認識できたりすると、写真を公開する事もできませんね。
もうこうなったら通行人を入れないで撮るしかありません。

今回はそんな時に通行人を入れないで撮影する方法をご紹介します。

参照元のタイトルをクリックすると撮影時の様子がご覧頂けます。

広告

人を消す撮影方法

夜景撮影に出かけると、ほとんどの場合は人が居ます。

人を写さないで撮影できたら、良いのに…

夜景の撮影で人を消す

当たり前の方法ですが、長時間露光すれば通行人はある程度目立たなくなります。

参照元の写真での通行人は50人程度ですがよく見ないと通行人は解らないと思います。

三脚を立てて構図を決めたら絞って1〜2分シャッターを開いて撮ります。

周辺の明るさにもよりけりですのでまずは1分程シャッターを開いて撮影してみます。
明る過ぎるようであれば、F値を上げていきます。
(周囲が明るすぎる場合はNDフィルタを使用する事もあります。)

構図の中で人がどのような動きをするか見ながらちょうど良い時にシャッターを切りますが、完全に静止している人は消えません。

例えば、同じように三脚を立てて撮影しているカメラマンと三脚。ベンチで寄り添っているカップル…などなど

画角の中にこのように静止している人が居ないか?を観察しながら構図を決めます。

最近はスマートフォンを見ながら歩いている人も居ます。

こちら側に向かって来ていれば目立ちませんがカメラから見てスマートフォンの画面等が見えれば当然カメラにも写ってしまいます。

ジョギングしている人のライトや自転車・車といったライトが移動しているものも写ってしまいます。

そのような障害が無いタイミングを見計らってシャッターを切るしかありません。

ただ…ライトの光跡などは作品の意図によっては良い感じになりますのでそれは各自の撮影意図によりけりです。

同じように静止している人達の雰囲気が良かったりすればあえて、その人達を入れて撮るのも作品作りですね。

シャッター速度が長ければ長い程、ライトが画角に入ってくるリスクが高くなりますね。

でも…短ければ今度は人が解るような仕上がりになります。

人が動くスピードにも関係しますので撮影地の状況に合わせてシャッタースピードを決めて撮りましょう。

カップルがゆっくりと歩いている状態でもちゃんと消えますので、歩いている限りは問題は無いと思います。

私も色々な所でこうした長時間露光の撮影で遊んでいますが1分だとほとんど問題なく撮影できています。

広告

[夜景が見える露天風呂の宿|楽天]

人が少なければ1分より短くても動いてさえいれば消えてくれます。本当に撮影地の状況次第と言う事です。

このような1分を超えるような長時間露光はなにも夜景に限った事ではありませんね。

今回は夜景撮影での人の消し方についてご紹介しましたがもちろん昼間の撮影でも可能です。

昼間に人を消す!新しく撮影してみましたので追記してご紹介します。

昼の風景で人を消す撮影

昼間の観光地などは人でごった返していますね。

人が居ても良い場合もありますが、もし人がいなかったら…

撮影許可を取り、ある一定時間だけ貸し切る!

そんな事はTV局や雑誌など…費用がかかったり、面倒な手続きもあります。
ましてや個人が特定の場所を撮影のために人を遮断するのはほとんど無理です。

元々人が居ない特定の場所なら個人でも撮影許可を取れる場所も多いですが、観光地などでは、まずよほどの事がないと人避けはできません。

という事で…人が横切っても良い状態で普通に撮影します。

夜景の時と違い昼間は明るいので、ここではND400などを使います。

もっと暗いフィルタでも良いとは思いますが、色味が変わったりしますので、程よいフィルタだとND400かな…と。

基本的には夜景と同じですので、細かい設定や説明はしません。

風景写真とND400フィルタの効果〜水面が鏡面に、人も消える!工夫次第で使えるフィルタ

よ〜〜く見ると奥の方に若干薄く人が残っていますが、全体的な雰囲気としては「人を消して撮影する」は成功ではないでしょうか?

風がありましたので桜の花がブレてはいますが、植物や風で動かないものが被写体なら結構完璧になります。

かなりの人が横切りましたが、30〜60秒ほど開放にすれば動いていない限りは上記のような写真になります。

ぜひ挑戦してみてください。


[WEB用無料写真素材DLサイト]