撮影方法

長時間露光で撮るホタルの撮影方法!星が撮れればホタルも撮れる!

更新日:

写真を楽しむ[撮影アイテム紹介 写真ブログ]にようこそ!
今回はホタルの撮影について触れてみたいと思います。
飛んでいるホタルの撮影は、さほど難しくはありませんが、
何が難しいかと言うと、ホタルが居る所を探すのが大変です!
特に私のように東京在住だと遠出しないとなりません。
ホタルの撮影ができる所をまず探す事が大事です。
参照元のタイトルをクリックすると撮影時の様子がご覧頂けます。
[sponsor PR]

ホタルの撮影


ホタルの撮影にて[空の風景]
ほたるの撮影に挑戦してみました。 自然の群生ホタルを見たのは始めて。 自然に生息するホタルの数は圧巻です。

googleなどで検索すると「ホタルの生息地」はかなり絞られます。

都内でもホタルの鑑賞はできますが、
ホタルを撮影するとなると難題です!

各所でホタルの鑑賞会が開催されますが、
ほぼ三脚で撮影する事ができません。

とまっているホタルのアップなどは三脚が無くても撮れますが
飛んでいるホタルを長時間露光で撮影するには三脚が無いと撮れません。

と言う事は、三脚を立てて撮影できる事が最大の条件となります。

[sponsor PR]

三脚を立てて撮影できるホタルの生息地…
その場所を探すのが「ホタルの撮影方法」の最大の課題になります。

たとえ山奥の澄んだ川沿いでもホタルが生息しているとは限りません。

このホタル生息地の場所探しは、
googleででも検索して探して頂くしかありませんが、
自然のホタルの群生地を探し当てられるとは限りません。

ホタルの季節ともなれば、育てたホタルを放したりして「蛍まつり」のような形で
ホタル鑑賞する場合がほとんどです。
そう言った場合は人集めの為のお祭りですので、
人は多いし三脚は立てられないし…
たとえ三脚を立てられたとしても、フラッシュをたかれたり
スマホや携帯の光がホタルより多かったりします。

三脚がだめなら1脚もどきか?(設置面だけ三脚になっている)
不安定ですね…(^^)

首都圏で満足できるホタルの撮影地を知りませんので
やはり、東京近郊を脱出するしか無いようです。

参照元1枚目の画像は東京から電車で僅か1時間余りで行けるホタルの自然群生地ですが
残念ながらここだけはお教えする事ができません。
友人のご近所の地元の方しか解らないだろう場所で、
住宅地にありますので、路上駐車などで迷惑する為です。

さて…本題のホタルの撮影方法ですが、

星空を撮る方法とほぼ同じです。
星空を撮る方法は[星空や天の川を撮る方法]でご覧ください。

ホタルの数が少なければインターバル撮影等をして比較明合成する方法もあります。
参照のものは合成しておりませんが、
同じ構図で撮影すれば、合成できますので1つの手ですね。

ホタルは一晩に3回程活発になるそうです。
最初の8時頃からが一番活発だと伺いました。

その頃を狙って、
思った場所で三脚を設置してください。
画角内に人やカメラ、携帯など光が発生しないように狙いましょう!

他の人を思うならばカメラのモニターは非表示にした方が良いですが
ミラーレスなどでファインダーが無い場合は、仕方ないですね。

平家蛍・源氏蛍・ヒメ蛍など、種類によって点滅も違いますが
撮影方法は同じですのでシャッタースピードなどを変えたりして
作品作りを楽しんでください。

周囲の明るさによってもカメラの設定は異なりますが
イルミネーションや星空を撮るのとあまり変わらないので
コンパクトカメラでも撮れると思います。

必要なのは三脚とマニュアルで撮影できるカメラです。

もし、ホタルが居る所をご存知であれば、
蛍の撮影に挑戦してみてはいかがでしょうか?

[sponsor PR]
[風景写真ブログ] [写真講座ブログ] [ブログランキング]

スポンサー広告

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最新記事が配信されます

-撮影方法 -

Copyright© 写真を楽しむブログ[撮影アイテム 写真ブログ] , 2017 AllRights Reserved.