写真のRAW保存でデジタル現像!RAW画像とは?RAW保存の利点は?デジタル現像の勧め

Digital development

写真を撮るならRAWで保存!

補正も加工もRAWなら直感で作品作り!

撮影物が無限に広がるRAWによるデジタル現像。

デジタル現像で思い通りの写真に仕上げましょう!

写真を楽しむブログ 撮影地撮影方法紹介の写真ブログにようこそ!

Jpeg保存よりRAW保存。

撮影が多い写真愛好家は撮影物はRAWで保存します。

RAW画像とは何なのか?

RAW画像で保存する利点や欠点は?

今回はRAW画像(RAW保存)についてご紹介しましょう。

 ご注意! 

デジタル現像

デジタルカメラで撮影した写真をそのまま保存することは少ないですね?

スマホで撮影した写真も写真アプリで加工したり…

手を加えてインスタなどのSNSにアップします。

一眼レフやミラーレスカメラなら既に当たり前とも言われる程。

RAW画像とは

RAW画像・RAWデーター・RAW保存と呼ばれるRAWとは何?

RAWとは?

RAWはJpeg・Tiffなどの画像に変換する前の生データを指します。

RAW画像(ローがぞう、英: Raw image format)は、デジタルカメラなどにおける完成状態にされていない画像データのことである。
英語でRawは「生」「未加工」を意味するものの、未加工ではない画像データをRAW画像と称していることもあり注意を要する。
かつてはいわゆるベタ画像のことを指すこともあったが、2000年代に入ってからはデジタルカメラやイメージスキャナ等における「未現像」データのことを指す場合が多い。
出典:wikipedia

未現像の生データ

なぜJpegではなくRAWで保存するのでしょうか?

RAW保存する理由

RAWを使うのはなぜ?

jpegなどで保存すると、画像の劣化を加え、既に完成形の画像になります。

RAWの場合「生データ」という事で、

RAWデータから露出やホワイトバランスを調節してJpegなどに保存します。

RAWは写真として保存する前のデータになっています。

生のデータで保存する為

生のデータがある事で、いかようにも現像する事ができます。

RAW保存の利点

Jpegなどの写真データの場合、加工や保存を繰り返す事で劣化します。

Jpegで撮影保存後に加工

撮影時の状態に戻す事はできません
RAWデータは生のデータの為

何度でも異なった画像として保存

RAW保存の欠点

取り立てて欠点はありませんが…

RAW画像の欠点と言えるかは別として…

デジタル現像できるスキルとアプリケーションが必要

RAW画像と写真データの比較

下記の画像を例にしてRAW・Tiff・Jpegのそれぞれの容量を見てみます。

写真のRAW保存でデジタル現像!RAW画像とは?RAW保存の利点は?デジタル現像の勧め

RAWデータ
容量:44.9MB
利点:撮影状態の維持。
欠点:jpegより容量が多い。
Tiffデータ
容量:108.5MB
利点:画像の劣化がなく画像品質が高い。
欠点:RAW・jpegより容量が多い。
Jpegデータ
容量:18.3MB
利点:容量が少ない。
欠点:他フォーマットより画像の品質が劣る。

カメラマンがデザイナーなどに支給する撮影データはTiffが多く

クライアントが専門家でない場合はJpegで渡す事もあります。

カメラマンのレタッチ以上にデザイナーなどが

加工やレタッチを加える場合はRAWデータを請求する事もあります。

RAWデータを渡したがらないカメラマンもいますが…

RAW現像の必需品

デジタル現像(RAW現像)に必要なのは?

デジタル現像する為にはRAW画像に保存できるカメラが必要です。

RAW保存できるカメラ
RAW現像できるアプリケーション

現在はスマホでもRAW保存できるものもあり、アプリもあります。

カメラメーカーではRAWでデジタル現像する為、

独自のそれぞれアプリケーションを提供しています。

デジタル現像の入門としてフリーのアプリを使用する事ができます。

有料のアプリケーションが優れている点は

専門的で細かな設定ができる事

ただ…

一般的には使用する設定は限られており、細かい設定はほとんど使いません。

そのように考えればメーカー支給のアプリで十分と言えるでしょう。

代表的な有料アプリケーションはAdobe Photoshop Lightroomなどが挙げられます。

RAW現像の教科書

色々なRAW現像テクニックが紹介されています。

夜景写真のRAW現像
花の写真のRAW現像
星空の写真のRAW現像

それぞれ撮影物や被写体の違いで様々なテクニックがあります。

デジタル現像まとめ

RAWデータに保存できるカメラを持っていたら…

RAWデータで撮影する事をお勧めします。

もしデジタル現像するスキルが無い場合は…

少し重くなってしまいますがRAW&Jpeg保存。

デジタル現像は少しの練習でスキルは身につきます。

URLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。