—NEWS—
現在サーバーエラーの復旧につき[お問い合わせ]機能が使用できません。

昇仙峡(しょうせんきょう)甲府の奇岩と仙娥滝!撮影とアクセス!紅葉の見頃と周辺観光

昇仙峡(しょうせんきょう)甲府の奇岩と仙娥滝!撮影とアクセス!紅葉の見頃と周辺観光

昇仙峡はどんな場所?
昇仙峡の紅葉は?
昇仙峡の混雑具合は?

昇仙峡(しょうせんきょう)は山梨県甲府市にある奇岩が特徴の名所です。

特に秋の紅葉期がお勧めではありますが、春から夏にかけても観光で賑わうエリア。

昇仙峡とはどのような場所なのでしょうか?

写真を楽しむブログ 撮影アイテム紹介 写真ブログにようこそ!

山梨県の甲府市は富士山にも近く地図で見ると縦に長い三日月のような形をしています。

甲府市を横切る甲州街道(国道20号線)を使うと、ほんの少しの時間で通過してしまいます。

広告

昇仙峡

昇仙峡(しょうせんきょう)は全国観光地百選 渓谷の部で第1位を獲得している観光地。

春から秋にかけての観光地としても良いですが、カメラマンなど、冬の積雪時も人気のスポット。

私も長野からの帰り道に余裕があると、時々立ち寄ったりしていました。

昇仙峡には覚円峰(かくえんぼう)と呼ばれる特徴的な奇岩や、仙娥滝(せんがたき)と言う滝があります。

遊歩道も整備されパノラマ台と呼ばれる展望台までロープウェイも稼働。

東京からの観光にも手軽な場所で紅葉刈りなどの日帰りスポットとしても人気です。

昇仙峡の概要

昇仙峡は秩父多摩甲斐国立公園に指定されています。

荒川ダムから流れる荒川沿いの道路(遊歩道)を利用して紅葉を楽しむことができます。

遊歩道が終わると仙娥滝(せんがたき)があり、観光スポットでもあります。

昇仙峡(しょうせんきょう)甲府の奇岩と仙娥滝!撮影とアクセス!紅葉の見頃と周辺観光

遊歩道は平日なら車で通過する事もできるので、平日なら荒川沿いを車で移動しながら見物しても良いかもしれません。

昇仙峡での撮影

昇仙峡へは数回訪れた事がありますが、紅葉期だけが良い訳ではありません。

紅葉と言っても、関東近郊の紅葉スポットとして飛び抜けて良いと言う場所でもなく、紅葉だけが目的なら、他のエリアでも良いでしょう。

昇仙峡も見所は渓谷ですが、端から見て歩くと結構な時間になりそうです。

いかにも観光地という感じですが、要所要所を押さえて観光・撮影するのがお勧めですね。

広告

[夜景の見える温泉宿:楽天トラベル]

昇仙峡での撮影攻略

昇仙峡での撮影は秋なら紅葉の見頃を特定する事が第一のポイントです。

渓谷には所々に川沿いに降りられる場所がありますので、よく観察しながら歩くと良いポイントが見つかるかもしれません。

川の流れや滝を撮影するという事を念頭に入れておくと三脚を持参した方が良いですね。

昇仙峡(しょうせんきょう)甲府の奇岩と仙娥滝!撮影とアクセス!紅葉の見頃と周辺観光

昇仙峡(しょうせんきょう)甲府の奇岩と仙娥滝!撮影とアクセス!紅葉の見頃と周辺観光

仙娥滝(せんがたき)は、撮影するには非常に撮りづらい場所です。

三脚を立てられない事はありませんが、観光客が多い場合は大きく広げられません。

仙娥滝(せんがたき)の遊歩道が狭いため立ち止まって見るのも短時間になります。

三脚を使用する場合は、脚の開きを少し小さくして邪魔にならないように撮影する事と、短時間で済ませて譲り合う事になります。

昇仙峡(しょうせんきょう)甲府の奇岩と仙娥滝!撮影とアクセス!紅葉の見頃と周辺観光

私が撮影した時は、三脚を持っているのも私だけで他の観光客は手持ち撮影ですので、余計に恐縮してしまう形に…

速やかに!というのが暗黙のルールですね。

広告

[夜景が見える露天風呂の宿|楽天]

昇仙峡周辺の撮影地

昇仙峡の周辺も良い場所がたくさんあります。

昇仙峡から少し山側に進むと荒川ダムがあります。

荒川ダム沿いも良い感じの景色ですが、この日は日中の逆光からの撮影で、あまり荒川ダムの撮影はしませんでした。

昇仙峡(しょうせんきょう)甲府の奇岩と仙娥滝!撮影とアクセス!紅葉の見頃と周辺観光

余裕があったら車を降りて荒川ダムの周囲を散策しても良いでしょう。

昇仙峡から甲府市内へ降りる際、東側の県道7合繊を使用する事で富士山がよく見える県道沿いの展望箇所があります。

甲府と昇仙峡を結ぶ道路は、西と東の道路も県道7号線になりますので東側の県道7号線から104号線につながる道を選ぶようにします。

駐車スペースが小さく、ほんの数台しか駐車できませんが、富士山と甲府市がよく見えます。

昇仙峡(しょうせんきょう)甲府の奇岩と仙娥滝!撮影とアクセス!紅葉の見頃と周辺観光

その他の近隣撮影地

その他にも昇仙峡の近くにはたくさんの撮影地があります。富士五湖へと足を運んでも良いかもしれませんね?

昇仙峡へのアクセス

まずは地図を表示しておきます。
ナビやgooglemapの場合は入力すれば現在地からの情報を取得することができます。

※ご使用のデバイスによって地図が表示されない場合もありますのでご了承ください。

撮影地(ロケ地)の情報を簡単にご紹介します。

ロケ地の情報
最寄り駅 JR甲府駅
バス停の有無 あり
最寄りIC 中央道甲府昭和IC
駐車場の有無 あり
トイレの有無 あり
食堂の有無 あり
備考:甲府駅南口バスターミナル4番乗降口から昇仙峡行きバスでアクセスできます。駐車場は県営・市営駐車場の他、店舗運営の駐車場もあります。県営・市営駐車場は無料。

アクセスのポイントと攻略

秋の紅葉期の土日は混雑が予想されます。

紅葉期でも平日の場合はさほど気にならない程度の観光客です。

観光時期は午前中の早めにアクセスすることが攻略方法です。

昇仙峡の観光マップが公開されていますのでこのマップがあると様子がわかりやすいでしょう。

昇仙峡にアクセスする際、道路沿いからビブスを着用したおばさんが道路脇から出てきて車を停められました。

駐車場や道路の案内かと思い、車を停めると…

何の事はない。

ただ売店に寄って行け!みたいな勧誘だった。

昇仙峡周辺での宿泊

昇仙峡は石和温泉や湯村温泉も近いため観光ルートに適した宿泊地を選びましょう。

宿泊施設昇仙峡近辺の宿泊地
ホテル クラウンパレス甲府3,900円~
スーパーホテル甲府昭和インター3,100円~
湯村温泉 湯志摩の郷 楽水園8,100円~

昇仙峡 まとめ

昇仙峡は、関東の方なら知らない方はいないかもしれません。

知ってはいても行った事が無い場所でもあります。

甲府エリアなど甲州街道で通過する時に少し余裕があれば寄ってみても良いですね。


[WEB用無料写真素材DLサイト]