イベントやスポーツ撮影に最適!Wiral®LITE(ワイラルライト)!ドローンより手軽なアイテム

イベントやスポーツ撮影に最適!Wiral®LITE(ワイラルライト)!ドローンより手軽アイテム
Wiral®LITE(ワイラルライト)

室内の空撮がしたい!
スポーツやイベントの空撮を手軽に!
映画のようなシーンを空撮したい!

空撮はドローンが手軽!

手軽と言ってもドローンの場合撮影できる場所も限定されます。

ドローン撮影はにわか知識では撮影できない!

ドローンは手軽と言っても直ぐ実用できるとは限りませんね?

写真を楽しむブログ 撮影地撮影方法紹介の写真ブログにようこそ!

ドローンを使用しなくても空撮ができたら?

室内ではドローンの要とも限られる。

スポーツシーンを空撮したい!

色々なシーンで空撮の需要が高まります。

こんなシーンを撮影できたら!

できる事が多くなるほど撮りたい望みも多くなりますね?

スポンサー広告


 ご注意!

Wiral®LITE(ワイラルライト)

Wiral®LITE(ワイラルライト)は室内でも空撮可能!

人混みの中のイベントなどはドローン撮影の許可も難しいですね?

Wiral®LITE(ワイラルライト)はドローンにできない撮影も可能です。

イベントやスポーツ撮影に最適!Wiral®LITE(ワイラルライト)!ドローンより手軽アイテム
Wiral®LITE(ワイラルライト)

障害物が多い場所ではドローン撮影も困難。

Wiral®LITE(ワイラルライト)はワイヤー(ロープ)が張れれば自由自在。

イベントやスポーツ撮影に最適!Wiral®LITE(ワイラルライト)!ドローンより手軽アイテム
Wiral®LITE(ワイラルライト)

Wiral®LITE(ワイラルライト)で撮影できるシーンやシチュエーション

想像すれば様々なシーンで活用できそうです。

Wiral®LITE(ワイラルライト)概要

Wiral®LITE(ワイラルライト)はどのようなものでしょうか?

「Wiral® LITE(ワイラルライト)」は、最長50mのワイヤーにスマホやカメラを吊り下げることで、ダイナミックな映像を撮影することができるポータブルガジェットです。

スマートフォン、アクションカム、ミラーレスカメラなど、最大1.5kgまでならどんなカメラも取り付けが可能で、簡単なリモコン操作で映画のワンシーンのような映像を撮影することができる空撮キットです。

ワイヤー使用の撮影は重さが重要。

一眼レフは重すぎますが、ミラーレスやアクションカム・GoProなどなら軽量。

スマホなどでも簡単にワイヤー撮影が可能です。

イベントやスポーツ撮影に最適!Wiral®LITE(ワイラルライト)!ドローンより手軽アイテム
Wiral®LITE(ワイラルライト)

イベントやスポーツ撮影に最適!Wiral®LITE(ワイラルライト)!ドローンより手軽アイテム

スポンサー広告

Wiral®LITE使用方法

Wiral®LITE動画

カメラの設置

最大1.5kgまでのカメラなら取り付け可能。

イベントやスポーツ撮影に最適!Wiral®LITE(ワイラルライト)!ドローンより手軽アイテム
Wiral®LITE(ワイラルライト)
イベントやスポーツ撮影に最適!Wiral®LITE(ワイラルライト)!ドローンより手軽アイテム
Wiral®LITE(ワイラルライト)

ビデオカメラでの動画撮影・インターバル撮影などで被写体を撮影。

撮影のアングルが広がりますね!

Wiral®LITE仕様

イベントやスポーツ撮影に最適!Wiral®LITE(ワイラルライト)!ドローンより手軽アイテム
Wiral®LITE(ワイラルライト)

製品仕様
重さ:590g
サイズ:279 x 82 x 50 mm
耐荷重:1.5 kg
傾斜:最大30度まで対応(重量200gのアクションカメラを使用した場合)
バッテリー:1回の充電で約3時間使用可能
セット内容
Wiral® LITE本体 / Quickreel™(ロープ50m) / ボールジョイント / カメラ固定ねじ(1/4インチ)/ 充電用アダプタ / リモコン / 結束バンド / 大容量バッテリー / エンドポイント用クリップ
価格
Kibidango特別価格(超早割):39,900円【5セット限定】
Kibidango特別価格(早割):44,900円【50セット限定】
Kibidango特別価格:47,800円
一般販売予定価格:54,800円
※価格はすべて「税・送料込」の価格です。

Wiral®LITEまとめ

Wiral®LITEがあると撮影できる事が広がりますね?

コンサートシーンの撮影にも最適!

ステージ前で撮影していると観客の視線を遮る可能性大。

観客の目線より上で撮影するのはワイヤーでの撮影が不可欠。

ワイヤーを使用しての撮影は設備が無いホールなどでは無理な事。

コンサートやライブのステージ撮影には最適と思えます。

また小規模のスポーツなどの撮影にも最適。

学園祭や室内スポーツでの撮影に向いています。

懸念するのは「風邪による影響」

室内撮影の場合は風による影響はありません。

屋外での撮影の場合は風の影響も考えられます。

シーン毎に撮影する為の選択肢としてもWiral®LITEは使えるアイテムと考えられます。

ただ…50mの長さでどの位ワイヤーが「たわむ」か問題かも?