山寺(立石寺)紅葉の見頃は?秋の彩り撮影攻略とポイント!山形秋の撮影旅行

山寺(立石寺)紅葉の見頃は?秋の彩り撮影攻略とポイント!山形秋の撮影旅行
山寺(立石寺)紅葉

山形県にある山寺、立石寺(りっしゃくじ)とは?
山寺の紅葉の時期は?
山寺、立石寺の紅葉はどんな感じなのか?

東北の秋、紅葉も関東より早く楽しめます。
季節の移り変わりも早いですね。

紅葉のためだけに関東から山形へと足を運ぶことは少ないかもしれませんが秋の蔵王や山形観光に訪れたら、ぜひ立ち寄ってほしい場所。

写真を楽しむブログ 撮影地撮影方法紹介 写真ブログ にようこそ!

秋に山形県内をドライブしていると、小高い山々の紅葉が目に入りますね。

山寺で有名な立石寺は山の上に登らなくても紅葉は楽しめます。

立石寺本堂の境内にある大銀杏は秋になると見事です。

今回は山形県の秋、山寺こと立石寺の紅葉をご紹介しましょう。

広告

立石寺(山寺)

立石寺は山形県山形市にあるお寺です。

詳しい歴史などは「立石寺wikipedia」でご覧いただくとして一般的には松尾芭蕉の句「閑さや 巖にしみ入る 蝉の声」をこの地で詠んでいることが有名でしょう。

おくのほそ道の中でも書かれているようですので間違いはないでしょう。

山寺(立石寺)紅葉の見頃は?秋の彩り撮影攻略とポイント!山形秋の撮影旅行
山寺(立石寺)紅葉

立石寺(山寺)の五大堂を下から見ると、岩肌が見える絶壁の上に建てられているのがわかります。

撮影した時は、紅葉もまだ早いのでしょうか?少し地味ではありましたが、高さに驚きました。

文字通り「山寺」というのがわかります。

山寺(立石寺)紅葉の見頃は?秋の彩り撮影攻略とポイント!山形秋の撮影旅行
山寺(立石寺)紅葉

引きで撮ってみると、もうほとんど見えません。

これでもズームで撮影していますので、普通に撮ると判別できません。

引きで撮るとほとんど紅葉の感じがしません。

山寺の五大堂を下から撮影するには、麓からでは撮影できません。

そもそも見えないからです。

それなりに山寺から離れていないと下からは撮影できませんので少し離れてみてください。

電車を使った場合は、山寺の駅からよく見えると思います。

角度的には掲載している写真とは異なります。

広告

[夜景の見える温泉宿:楽天トラベル]

立石寺(山寺)の紅葉風景

まずは山寺 立石寺の本堂にお参りして登山口の方向へと向かうと大銀杏が目に入ります。

地面もすっかり黄色い銀杏の絨毯が敷き詰められています。

山寺(立石寺)紅葉の見頃は?秋の彩り撮影攻略とポイント!山形秋の撮影旅行
山寺(立石寺)紅葉
山寺(立石寺)紅葉の見頃は?秋の彩り撮影攻略とポイント!山形秋の撮影旅行
山寺(立石寺)紅葉

銀杏のたもとには松尾芭蕉の像があります。

いつもはこのような被写体は撮影しませんが、念のため撮っておいて良かったと思いました。

大銀杏はなかなか見応えもあり、目を引きます。

紅葉撮影だとしばらくは撮りたい場所ですね。
観光客はこの大銀杏の前で記念撮影するエリアでもあります。

山寺(立石寺)紅葉の見頃は?秋の彩り撮影攻略とポイント!山形秋の撮影旅行
山寺(立石寺)紅葉
山寺(立石寺)紅葉の見頃は?秋の彩り撮影攻略とポイント!山形秋の撮影旅行
山寺(立石寺)紅葉

山寺の山道へと向かうと階段があります。

山寺の入山料300円を支払い入山します。

ほとんど罰ゲームです。

階段は1050段あるそうですが、通常の階段ではなく山道ですのでそれ以上の感覚があります。

階段は1050段ですが、階段のない場所もありますのでほぼ登山と思って間違いないでしょう。

実際に入り口には「登山道」と書いていた気がします。

こちらの記事では、写真は少なめに掲載しています。

山道の途中途中の紅葉や、風景は撮影メインの場合は立ち止まりたくなる場所がたくさんあります。

まだ開いていない時間に到着し入山は一番乗りでしたが頂上に到着した時は汗びっしょりです。

メインとも言うべき下から見た五大堂へと到着すると眼下には紅葉した山々や町並みを楽しめます。

山寺(立石寺)紅葉の見頃は?秋の彩り撮影攻略とポイント!山形秋の撮影旅行
山寺(立石寺)紅葉
山寺(立石寺)紅葉の見頃は?秋の彩り撮影攻略とポイント!山形秋の撮影旅行
山寺(立石寺)紅葉

山寺は紅葉のためだけに訪れると物足りないかもしれません。

五大堂のある上まで登らなくても紅葉は楽しめます。

トップに紹介している写真は仁王門で、この場所は一番上まで行かないと見れない景色ではありますが山寺の本堂付近で紅葉を楽しむだけでも良いかもしれません。

ただ、遠方からせっかく山寺まで来たなら、ぜひ五大堂まで登ってほしいですね。

山寺(立石寺)紅葉の見頃は?秋の彩り撮影攻略とポイント!山形秋の撮影旅行
山寺(立石寺)紅葉
広告

[夜景が見える露天風呂の宿|楽天]

山寺 立石寺の紅葉撮影攻略

紅葉の撮影攻略と言っても大したことではないでしょう。

肝心なのは紅葉時期と見頃を狙おう!ということでしょうか?

私が秋の山寺に訪れたのは11月中旬です。
年によっても異なるとは思いますが、初旬から中旬あたりが紅葉の見頃のようです。

三脚を担いで登る必要はありませんが、三脚に関しては、その人それぞれです。

山道は、コケの上の落ち葉など、秋の風情を感じる場所がたくさん。

のんびり撮影しながら登ればさほど苦になりません。

私は一気に登ってしまったので、かなりキツかったです。
ほとんど睡眠取っていませんでしたので…

訪れる時間帯はどの時間帯でも良い気がします。

観光客が少ないのは「朝一番」であることは間違いありません。

山寺へのアクセス

山寺 立石寺へのアクセスは、電車の場合は仙山線の山寺駅から徒歩でアクセスできます。

車の場合はナビで問題ありません。

山寺付近の駐車場はほとんどが1日500円で駐車できます。

私の場合は無料の駐車場を使用させていただきました。

確認もさせていただきましたが無料でした。

ただ、かなり早い時間に行かないとこの駐車場は満車です。

山寺に一番近い駐車場ですが、わかりにくいかもしれません。

トイレに関しては、五大堂付近まで行けばありますが、途中にはありませんので本堂の付近で済ませておいた方が良いでしょう。

山形市お勧めの宿

山形市と近辺のホテルなどを調べた時は山形市内でも比較的リーズナブルな宿が多いことに驚きました。

ホテルや旅館なども多いですのでご紹介できませんが2,000円代のホテルもありびっくり。

ただし紅葉の時期など観光客が集まる時期はそれなりに高くなっていると思います。

山寺への車によるアクセスは容易ですので、山形市内だけでなく天童市からも近い場所です。

温泉も多いので、家族連れなどは温泉宿も良いかもしれませんね。

山寺 立石寺の紅葉まとめ

朝一番に登って昼前には降りて来ましたが、実はこの時期山寺はライトアップします

難関の行事になっていますので、山寺のライトアップを楽しんでも良いかもしれません。

わざわざ夜に行く必要もないと思いますが、訪れた時間帯が夕方なら、しばらくいてライトアップを撮影しても良いでしょう。

紅葉に関する書籍

紅葉撮影術を習得して紅葉の撮影を楽しんでください。

気になる御朱印帳