this post is 76 views

あしかがフラワーパーク光の花の庭は大人のイルミスポット!フラワーファンタジー

あしかがフラワーパーク光の花の庭は大人のイルミスポット!フラワーファンタジー

写真を楽しむブログ[撮影アイテム紹介 写真ブログ]にようこそ!

関東の紅葉がキレイな頃、各所でイルミネーションイベントが始まります。

関東にもイルミスポットが沢山ありますが
日本三大イルミネーションに認定されているのが
栃木県にあるあしかがフラワーパークのフラワーファンタジー。

あしかがフラワーパークのイルミは大人の雰囲気です。

今回はあしかがフラワーパークのイルミネーションを
オフィシャルのプレス画像よりご紹介したいと思います。

※写真はあしかがフラワーパークオフィシャル提供のものです。

[sponsor PR]

あしかがフラワーパーク

あしかがフラワーパークは栃木県にある植物園ですが、
春の藤棚の見事さが美しく人気のあるスポットです。

植物園になりますので四季を通じて楽しめるスポットですが、
冬は植物も少し寂しくなりますね。

冬でも楽しめるのがあしかがフラワーパークのイルミネーション。

「光の花の庭~フラワーファンタジー」

大人のイメージが楽しめるイルミネーションが美しいイルミスポットです。

あしかがフラワーパーク光の花の庭は大人のイルミスポット!フラワーファンタジー

イルミネーションの概要

あしかがフラワーパークのイルミネーション「光の花の庭~フラワーファンタジー」は
「日本三大イルミネーション」認定され
(一社)夜景観光コンベンション・ビューローが主催する、
2017年11月9日に開催された「第五回イルミネーションアワード」では
2年連続でイルミネーション部門ランキング全国第1位を獲得。

素晴らしいイルミネーションを提供しています。

あしかがフラワーパーク光の花の庭は大人のイルミスポット!フラワーファンタジー

開催時期

2017年10月21日(土)~2018年2月4日(日)

点灯時間 16:30~21:00(土日祝は21:30まで)
休園日  12月31日(日)のみ

テーマ1:光と花のコラボレーション10/21~11/中旬頃まで
テーマ2:フラワーパークのクリスマス1/中旬頃~12/30まで
テーマ3:ニューイヤーイルミネーション1/1~2/4まで

昼の部時間:9:00~15:00
昼の部入園料:大人600円/子供300円

夜の部時間:15:30~21:00
夜の部入園料:大人900円/子供500円

昼の部・夜の部は入れ替え制になりますのでご注意ください。

フラワーキャッスル

2017年の新作イルミネーション

光の花畑に童話の世界のような夢のあるお城が登場。

お城の中に入る事もでき、フラワーパークらしい花々で彩られた空間は、
お花の世界に入り込んだようなシーンを体験できます。
また、辺りには35,000本の花畑が広がります!

あしかがフラワーパーク光の花の庭は大人のイルミスポット!フラワーファンタジー

[厳選ショップ]
[カメラ用品→メトリックス]

光の睡蓮

美しい睡蓮が光り輝く「光の睡蓮」は絶好の撮影ポイントですね。

夏から秋にかけて園内で見頃をむかえる睡蓮の花を、
細部までこだわり再現させた『光の睡蓮』。
水辺に浮く様子は、まるで花の妖精たちが集まってくるような幻想的な景色です。

あしかがフラワーパーク光の花の庭は大人のイルミスポット!フラワーファンタジー

光のバラ園 ハピネスガーデン

バラ園が美しく光り輝くエリアはじっくり撮影したいポイントですね。

バラをイメージしたイルミネーションがパノラマで広がります!
当園のコンセプト『光の花の庭』にふさわしいスポットです。

あしかがフラワーパーク光の花の庭は大人のイルミスポット!フラワーファンタジー

奇蹟の大藤

メインの大藤も美しくイルミネーションで演出されます。

開園当初の72平方メートルから
1,000平方メートルまで成長を遂げた生命力は、まさに奇蹟そのもの。
春の藤を見ているかのように、
咲き始め~満開~舞い散るまでのストーリーがご覧いただける感動のスポット。
2017年は藤の花弁を形どったキャップを1球1球に取り付けました。

あしかがフラワーパーク光の花の庭は大人のイルミスポット!フラワーファンタジー

きばな藤のトンネル

イルミネーションのトンネルはイルミネーションスポットには必ずありますが
あしかがフラワーパークの場合元々ある藤のトンネルがイルミへと変わります。

電球を1球ずつスタッフが手塗りで仕上げることで、
あえてムラのある『きばな藤』本来の色に近づけました。

あしかがフラワーパーク光の花の庭は大人のイルミスポット!フラワーファンタジー

[sponsor PR]
[厳選ショップ]
[カメラ用品→メトリックス]

イルミ評価(独断)

関東のイルミネーションスポットは、どこも美しくカップルや家族連れにも人気です。

あしかがフラワーパークのイルミネーションはカップルや大人のイルミスポットとして
訪れたいスポットです。

もちろんファミリーにも楽しめるイルミスポットになっています。

撮影ポイントの評価
全景の撮影
各ポイントでの撮影
フォトジェニック度
豪華さ
アクセス難易度
撮影環境
備考:人気スポットのため撮影に関してだけで言うと撮りにくいでしょう。できるだけ混雑を避けて平日アクセスが望ましい。

94,000平方メートルの園内に400万球を超えるイルミネーションが装飾され、
広大な敷地でのイルミネーションイベントとしてはおススメです。

2017年で16回目の開催となり、2016年は約61万人が来園。

あしかがフラワーパークのイルミネーションイベントは
年々レベルアップしているのは間違いありません。

あしかがフラワーパークへのアクセス

まずは地図を表示しておきます。
ナビやgooglemapの場合は入力すれば現在地からの情報を取得することができます。

※ご使用のデバイスによって地図が表示されない場合もありますのでご了承ください。

あしかがフラワーパーク

撮影地(ロケ地)の情報を簡単にご紹介します。

ロケ地の情報
最寄り駅 JR両毛線富田駅
シャトルバス 足利市駅から30分
最寄りIC 東北道佐野藤岡IC
駐車場の有無 あり
トイレの有無 あり
食堂の有無 あり
備考:電車バスの場合は両毛線よりも足利市駅からのシャトルバスを利用したほうが利便性あり。JR両毛線富田駅利用の場合は徒歩で13分になります。

【東北自動車道より】
◎佐野藤岡ICより、国道50号前橋・足利方面進行(約18分)
【北関東自動車道より】
◎太田桐生ICより、国道122号経由、国道50号足利・小山方面進行(約20分)
◎足利ICより、国道293号経由、県道67号佐野方面進行(約15分)
◎佐野田沼ICより、県道16号経由、県道67号足利方面進行(約12分)

アクセスのポイントと攻略

当然のことですが夕方からはイルミネーション目的の来園者が多いでしょう。

余裕があれば入れ替えの時間を狙って到着し、
のんびり夜の部の時間を待ったほう入園しやすい。

藤の頃のあしかがフラワーパークの記事は下記になります。

あしかがフラワーパーク渋滞を避けて藤の見頃を楽しもう!撮影と寄り道編
栃木県にあるあしかがフラワーパークは藤が見事!藤が見頃となる時季はあしかがフラワーパークの藤を一目見るために観光客が押し寄せます。お昼頃にもなると入り口や駐車場も大混雑!

渋滞は夕方が予想されますので早めのアクセスが望ましいでしょう。

駐車場付近では渋滞になりますので、到着しても車から降りられません。
そういったことを解消するには夜の部前にアクセスするのが得策。

あしかがフラワーパークイルミまとめ

イルミネーションイベントの季節になると寒くなった気がします。

子供連れが多い印象がありますが、開催地によって異なります。

大人っぽいイルミネーションのイメージでも子供は楽しめますので
あしかがフラワーパークのイルミネーションも十分楽しめますね。

ランキングでも評価の高い関東のイルミネーションスポットは
チェックしたい冬のスポットです。

記事が気に入ったらブログで共有してね!
”クリックでリンクコード表示”

ブログが気に入ったら
いいね ! してね

Copyrighted Image(この画像は著作権で保護されています)