333-contents-1920-19-6-shooting-plan

※各見出しはリンクになっています。

自由に撮る、こだわって撮る、楽しんで撮る
自分スタイルは様々なアイテムから得られるかも?

知らなかった事が身につくと
新しい事を発見でき、そこに喜びも伴う。

インスピレーションでスライダーを動かすと
1枚の写真が複数の作品になって生まれ変わる。

こんなものを撮ってみたい!
こんなふうに撮ってみたい!
思ったように撮れない時ほど写真を楽しめます。
道具と気づきで新しい作品が生まれます。

CONTENTS

Photograph

カメラ・レンズ・アプリ等写真情報
333-contents-1920-19-6-shooting-plan

※各見出しはリンクになっています。

計画を立てる時から撮影の楽しみは始まっている
足を運び、思い通りに撮れた喜びを味わいたい。

メジャーな撮影地だけでなく
何気なく訪れた地にこそ新しい景色が待っている。

なぜこんな失敗をする?
撮り慣れていても失敗はつきもの…(コラム)

ストレスが溜まったらカメラ片手に出かけてみよう
見慣れた景色の中にも気づいていない被写体が
撮ってほしいと待っているかもしれません。
写真仲間とでも良い、ひとりでも良い。

CONTENTS

Landscape

撮影地の紹介
333-contents-1920-19-6-shooting-plan

※各見出しはリンクになっています。

光に閉ざされた地で夜空を見上げると
星の多さに驚くことは間違いないだろう。

普段はあまり気にしないかもしれないけど
月を眺めている時は、リラックスできている。

流れ星を見る機会は少ないけれど
見る事ができると高揚した自分に気がつく。

夜空に横たわる天の川や流れ星が見られると
宇宙に近づいた感覚になるかもしれません。
忘れてほしくないのは見慣れている月
身近にあるものほど気にかけなくなりがちですね。

CONTENTS

Astronomical Observation and Photography

天体観測と撮影

previous arrow
next arrow

PhotoshopでJPEGの写真をRAW現像補正して最適な写真に!AdobeBridgeを使おう!

スマホで撮った写真をより綺麗にしたい!
jpeg画像もRAWデータのように細かく補正したい!
Photoshopを使っているなら容易にできるRAW現像!

RAWで撮影できないカメラや誤ってRAWで撮影していなかった写真をRAWデータと同じように現像したい!

もしかしたらそんなことを思った方も居るのではないでしょうか?

Adobe PhotoshopやLightroomなどを使用しているならAdobe Bridgeを使う事で写真の管理がしやすくなります。

今回はAdobe Photoshopのユーザーに限った内容になりますが、jpegデータをRAW現像する簡単な手順をご紹介します。

写真を楽しむブログ記事内の画像は無断で抜き取らないでください

Adobe Bridge

Adobe Photoshopを使用しているならすでに使っているであろう「Adobe Bridge」

とても便利な機能満載のアプリケーションですが、単体販売ではなくPhotoshopやIllustratorなどに同梱されている管理ソフトです。

私はPhotoshopを使用していますのでPhotoshopのプラグインであるCamera Rawで現像します。

仕事などでJpegの画像を受け取った場合、殆どの場合はお世辞にも良い状態だと言えないものが多くあります。

そのような時にJpeg画像もCamera Rawで基本補正した上でPhotoshopで仕上げます。

PhotoshopでJPEGの写真をRAW現像補正して最適な写真に!AdobeBridgeを使おう!
AdobeBridgeを使おう

意外と知られていないのが、JpegをCamera Rawで補正ができるということです。

もちろん、Photoshop内で補正はできますが、Camera Rawで基本的な補正をした方が楽なんです。

また、撮影したRAWデータを大きめの画面で見て写真を選定するときにも便利です。

全ての画像データをCamera Rawで展開しなくてもAdobe Bridgeで選定できます。

BridgeからCamera Rawへ

Adobe Bridge(アドビ ブリッジ)を開いてパソコン内にあるファイルを開くとその中に収納されている写真データが表示されます。

写真データだけでなくAI・PDF・EPSデータもサムネイルで表示されます。

PhotoshopでJPEGの写真をRAW現像補正して最適な写真に!AdobeBridgeを使おう!
AdobeBridgeを使おう

表示された画像フォルダを選んで「ファイル」→「Camera Rawで開く」を選ぶとPhotoshopのCamera Rawが立ち上がりRAWデータと同じ画面になります。

写真の選定が良くなかったかもしれませんが、下記の写真の1枚目は開いた時の状態で2枚目は補正している状態です。

分かりにくいと思いますが、右上あたりを観れば分かるかもしれません。

PhotoshopでJPEGの写真をRAW現像補正して最適な写真に!AdobeBridgeを使おう!
AdobeBridgeを使おう

右上の端の鉄骨をより分かるように明るく表示させてみました。

色も鮮やかにしていますが…
ちょっとわかりづらいかも…

右上のパラメーターを見ると違いが出ています。
ハイライトが強いのを押さえた結果ですね。

PhotoshopでJPEGの写真をRAW現像補正して最適な写真に!AdobeBridgeを使おう!
AdobeBridgeを使おう

このような処置を施した後に再度Jpegで保存したものが次の写真になります。
画像のサイズの関係で若干トリミングされていますけど…

PhotoshopでJPEGの写真をRAW現像補正して最適な写真に!AdobeBridgeを使おう!
AdobeBridgeを使おう

パソコンで確認した時は見るからに違う画像でしたが、ブログにアップして見比べると分かりづらくて申し訳ありません。

例えば粗い画像などもPhotoshopで処理すると面倒ですがCamera Rawだと容易にできますので便利です。

Photoshopさえ利用していれば諦めかけていたJpeg画像も綺麗に蘇る可能性もあります。

Adobe Bridgeのまとめ

今回はPhotoshop(フォトショップ)を使っていないと意味のない記事でしたがLightroom(ライトルーム)などのRAW現像アプリ他実際に使ってみて自分にあったアプリを使用してみてください。

Photoshopの場合は加工やレタッチにも便利ですのでAdobeのCreative Cloudフォトプランを利用しても良いですね。

また私のように仕事で使用しているクリエータの方も意外にAdobe Bridge(アドビ ブリッジ)は使用していない場合があります。

実際に使用してみるとなかなか便利なアプリですのでAdobe Bridge(アドビ ブリッジ)も試してみてください。

画像処理と加工

Posted by pix-524