群馬県立ぐんま天文台へ行こう!星空撮影と観測最適スポット!天体イベントも豊富

群馬県立ぐんま天文台へ行こう!星空撮影と観測最適スポット!天体イベントも豊富

写真を楽しむ写真ブログ撮影アイテム紹介 写真ブログにようこそ!

ゴールデンウィークからシルバーウィークにかけて気候もよくお出かけの機会が増えますね。

星空の撮影にも出かけたくなる時期ですが、
星空の撮影は初めてでどこに行けば良いか分からない…

そんな天体撮影ビギナーさんは、星空の風景撮影地を選ぶのも迷います。

このブログをお読みいただいている方は、記事の撮影地に行けばこの写真が撮れる!
ということが分かりますので、各記事をご覧頂ければ参考になるでしょう。

今回は東京からも比較的アクセスしやすい星空撮影スポットである「群馬県立ぐんま天文台」をご紹介しましょう。

天文台がある位ですから、きっと夜空も綺麗でしょうね?

広告

群馬県立ぐんま天文台

群馬県立ぐんま天文台へ行こう!星空撮影と観測最適スポット!天体イベントも豊富
群馬県立ぐんま天文台

群馬県立ぐんま天文台は、群馬県の人口が1993年に200万人に達したことと日本人女性初の宇宙飛行士である向井千秋さんが宇宙に旅立ったことを記念し、県民に宇宙に対する関心を高めるとともに子供たちのための教育のために建設された天文台です。

実はこの群馬県立ぐんま天文台では、テレビ番組や映画のロケ地としても活用されています。

例えば「仮面ライダー剣」「仮面ライダーフォーゼ」「特捜戦隊デカレンジャー」
「轟轟戦隊ボウケンジャー」や「獣拳戦隊ゲキレンジャー」など特撮が多いですね。

北野武監督の映画「監督・ばんざい!」などにも登場しています。

群馬県立ぐんま天文台の概要

敷地内への立ち入りは自由ですが施設内は観覧料が必要です。

一般観覧料(施設見学、天体観望)
大人300円、大学・高校生200円、中学生以下無料。
団体の場合は、大人240円、大学・高校生160円、中学生以下無料。

施設見学(昼間)
3月〜10月:10時 〜17時
11月〜2月:10時 〜16時

観察用望遠鏡はレンタルすることができます。

65センチメートル反射式望遠鏡と小型望遠鏡は、深夜の占有使用(レンタル)も可能です。

駐車場アクセスなどは記事下をご参照ください。

駐車場からドームのある場所までは遊歩道を利用します。
車のヘッドライトなどの光害を防ぐために山の下に駐車場がありますので
しばらく遊歩道を登らなければなりません。

モニュメントについて

モニュメントはそれぞれ意味があります。
群馬県立ぐんま天文台の記述をご紹介します。

ジャンタル・マンタル

ジャンタル・マンタルとは、インドの藩王ジャイ・シン2世が18世紀に作った天体観測機器群です。これらのうちから、サムラート・ヤントラとラシバラヤ・ヤントラを、ぐんま天文台の位置にあわせて再現しています。

サムラート・ヤントラ(大きい方)は日時計として使えるほか、赤道座標で星の位置を測ることができます。

ラシバラヤ・ヤントラは12個のそれぞれが黄道12宮に対応し、黄道12宮が南中した時に黄道の北極を向くようになっています。これにより惑星の位置を黄道座標で測定できます。
出典:群馬県立ぐんま天文台

 

ストーンサークル

ストーンサークルでは日出・日没時の太陽の位置を観測することで現在の暦を知ることができます。ヒールストーンの影が来る位置には、二十四節気を記した石版を設置してあります。
出典:群馬県立ぐんま天文台

モニュメントを全て撮影していませんが、
下記にモニュメントの写真を掲載しましたのでご参照ください。

広告

[夜景の見える温泉宿:楽天トラベル]

群馬県立ぐんま天文台での撮影

ぐんま天文台の敷地にはモニュメントが沢山あり、それぞれ意味があります。

西側にあるモニュメント「ストーンサークル」の中に入るとなんだかパワーを得られたような錯覚になったり…

子供連れでも楽しめるエリアです。

群馬県立ぐんま天文台へ行こう!星空撮影と観測最適スポット!天体イベントも豊富
群馬県立ぐんま天文台
群馬県立ぐんま天文台へ行こう!星空撮影と観測最適スポット!天体イベントも豊富
群馬県立ぐんま天文台
群馬県立ぐんま天文台へ行こう!星空撮影と観測最適スポット!天体イベントも豊富
群馬県立ぐんま天文台

夕方になるとストーンサークルがある場所から夕焼けも楽しめます。
夜だけでなく明るいうちに到着したいエリアです。

群馬県立ぐんま天文台へ行こう!星空撮影と観測最適スポット!天体イベントも豊富
群馬県立ぐんま天文台
群馬県立ぐんま天文台へ行こう!星空撮影と観測最適スポット!天体イベントも豊富
群馬県立ぐんま天文台

夕日も沈んで辺りが暗くなりかけたら星空の撮影開始です。

日時計にもなるモニュメント「サムラートヤントラ」の先には北極星があります。

「サムラートヤントラ」から見ると北極星がすぐに分かるようになっていますので日周運動をインターバルで撮影するならおススメです。

ただし、他の観覧者も居ますので正面から撮影したい時は、人の背の高さより高い位置に画角を合わせて撮影すれば人は入りません。

群馬県立ぐんま天文台へ行こう!星空撮影と観測最適スポット!天体イベントも豊富
群馬県立ぐんま天文台

実際に北極星の方面をインターバル撮影してみました。

あまり時間に余裕がなかったので僅かな時間ではありますが、北極星を中心に星が確認できます。

私は正面ではなく少し横から撮影してみました。

駐車場から昇ってきた遊歩道を降りますが、夜道でも足元を明るく照らしてくれる照明がありますので安心です。

群馬県立ぐんま天文台へ行こう!星空撮影と観測最適スポット!天体イベントも豊富
群馬県立ぐんま天文台
広告

[安室奈美恵FinalTour2018~Finally~]

群馬県立ぐんま天文台での撮影攻略

群馬県立ぐんま天文台で星空を撮影する場合は、日没前に到着している方が良いでしょう。

現着は日没前に!

夕焼けも高台から見えますし、何よりも撮影ポイントをロケハンできます。

それよりもせっかく天文台に来たのですから望遠鏡の展示なども見たいですね。

エリアはそれなりに広いので、自分好みのモニュメントを入れたり天文台のドームを入れたり撮影場所はたくさんあるでしょう。

天の川を撮影する場合も同じで、時期によって見える場所も違いますので現地でのチェックは明るいうちに!

夜でもカメラマンだけとは限らないのでファミリーを含め観覧者はいます。

インターバル撮影は人を避けた構図で!

インターバル撮影の場合は人が横切ることも考えて構図を決めましょう。

群馬県立ぐんま天文台での風景撮影評価

群馬県立ぐんま天文台は星空の撮影の為だけでなく、日中に訪れても楽しめますのでファミリーやドライブの立ち寄りとしてもおススメです。

風景撮影の評価
朝日・朝焼けの撮影
昼間の風景撮影
夕日・夕焼けの撮影
星空の撮影
アクセス難易度
撮影環境
備考:ドームやモニュメント・夕日や夕焼けの撮影にも適したエリアですので夜だけという撮影地ではありません。

駐車場から本館までは標高差約70メートル、約600メートルの遊歩道を利用して向かいます。
車を利用してドーム近くまではアクセスできませんのでお気をつけください。

群馬県立ぐんま天文台へのアクセス

まずは地図を表示しておきます。
ナビやgooglemapの場合は入力すれば現在地からの情報を取得することができます。

※ご使用のデバイスによって地図が表示されない場合もありますのでご了承ください。

住所:群馬県吾妻郡高山村中山6860-86

撮影地(ロケ地)の情報を簡単にご紹介します。

ロケ地の情報
最寄り駅 上毛高原駅 渋川駅 沼田駅
バス停の有無 なし
最寄りIC 渋川伊香保IC
駐車場の有無 あり
トイレの有無 あり
食堂の有無 なし
備考:最寄り駅からはタクシーで約25分。インターからは20分から25分程度で到着します。

アクセスのポイントと攻略

夜間撮影ということもあり移動も夕方の場合、
特に渋滞もないのでアクセスそのものに問題は少ないでしょう。

駐車場は無料で真夜中でも駐車場は開放されていました。

ぐんま天文台がある近辺は星空撮影のポイントが沢山あります。
一番先にぐんま天文台へとアクセスし、その後近辺の撮影地に向かうのがおススメです。

実際私もぐんま天文台で撮影後は白根方面で天の川の撮影をしましたが、
草津白根山は火山活動によるガスの問題で
夜間は立ち入ることができませんのでご注意ください。

群馬県立ぐんま天文台の周辺での宿泊

ぐんま天文台だけが目的地の方も少ないと思います。

近辺での滞在となればやはり伊香保温泉でしょうか?

[伊香保温泉 旅館ふくぜん]5,400円〜
[伊香保温泉 温泉宿 塚越屋七兵衛]5,400円〜
[伊香保温泉 如心の里 ひびき野]8,640円〜

伊香保温泉は比較的リーズナブルな旅館も沢山ありますね。

群馬県立ぐんま天文台のまとめ

天体撮影にわざわざぐんま天文台に行く?という必要性はありませんが、
星空撮影初心者などはわかりやすいし、観望会や撮影会のイベントもありますので
ぐんま展望台のイベントをチェックしても良いと思います。

特に小学生などのお子様連れなどにはおススメです。