飛行機撮影に便利!飛行機の飛行航路がわかるフライトレーダー Flightradar24

飛行機撮影に便利!飛行機の飛行航路がわかるフライトレーダー Flightradar24
フライトレーダー

写真を楽しむ[撮影地撮影方法紹介の写真ブログ]にようこそ!

今回は飛行機の撮影時の撮影に便利なアプリ!
Flightradar24(フライトレーダー24)

飛行機を撮影している時、この飛行機は何?というのが解るスマホアプリです。

Flightradar24は、リアルタイムで世界中を飛行中の飛行機を地図上で見る事が可能です。

現在Flightradar24Proは統合され、無料でダウンロード可能。
有償サービスはサブスクリプション課金になりました。

広告


スマホアプリ”Flightradar24”

Flightradar24は、現在飛行中の飛行機の詳細を閲覧したり飛行航路などを表示する事が可能です。

また、空にスマホをかざしてみると、飛行中の飛行機の詳細が表示されます。

飛行機好きにはたまらないアプリの一つでしょう。

Flightradar24のアプリは、無料版と有料版がありますが、有料版の良さがあり比較的安いので購入して使っています。

しかし、無料版でほとんどのことは見れますので無料でも十分楽しめます。

フライトレーダー24の詳細

このフライトレーダーは、家族や友人が飛行機に乗っている時など、どこを飛行中かが解ります。

例えば、家族が海外旅行でフライト中だったりCAとしてフライトしている彼女が今どこを飛んでいるか…
などがわかりますので、親近感がありますね。

例えば高度5000m上空で、しかも数1000km先を飛んでいる知人が搭乗している飛行機を見つける事ができるなんて遠くに居ても、少しだけ近くに感じる事ができますね。

知人や家族が空港に降り立つ時も空港に迎えに行きながら、知人や家族が乗った飛行機が、今どこに居るか…

色々な使い方がありますが、なかなか楽しいスマホアプリです。

飛行機撮影に便利!飛行機の飛行航路がわかるフライトレーダー Flightradar24
フライトレーダー

この画像は実際に、我が家のベランダから空に向けて飛行中の飛行機を表示させてみた感じです。
我が家から35km先にB738が飛んでますね。

Flightradar24は
Flightradar24 Pro(有料)とFlightradar24 Free(無料)がありますが、表示内容の設定や航空便の検索は有料版のみ利用できます。

そんなに詳しく見る必要が無い!と言う場合は無料版でも十分です。

実は、パソコン版はフリーですが、有料登録すると、詳しい情報が見えるようになります。

パソコン版で有料会員になっていれば、スマホのFlightradar24 Proを入手するのは無料のようです。

世界中を飛んでいる飛行機の航路をライブで見ていると、時間が立つのを忘れるほど…

どのような航路を飛ぶのか、飛行機を追跡してもおもしろいですね。

フライトレーダーProの説明

あなたの携帯やiPadをエアートラフィックレーダーに変えて、日本の周りや世界中を飛ぶ飛行機をリアルタイムで詳細な地図上で見てみましょう。アップル機器を空を飛んでいる飛行機にかざして、行き先その他を調べましょう。何百万人ものひとがなぜ Flightradar24を愛用しているのか。今日、ご自分で体験してみませんか。

Flightradar2 アプリが25カ国以上でベストセラーとなった、また140カ国以上 (日本、米国、英国、ドイツその他) でベストセラーの旅行アプリとなった優れた機能には以下があります:
* 詳細な地図上を飛行機が移動するのをリアルタイムでご覧になれます
* 機器を空にかざすだけで、上空を飛んでいる飛行機を識別できます (GPS 搭載の機器が必要です)
* 飛行機のパイロットがなにを見ているか、リアルタイムで 3Dで体験できます (iPhone 4S, iPad 2, iPod Touch 第5世代、+ iOS 6.0 以降のバージョンが必要となります)
* 飛行機をタップすると、ルートや予想到着時間、実際の離陸時間、機種、速度、高度や高解像度の画像といった、全体的なフライトと機体の情報が表示されます
* 便名や空港、航空会社で、個別のフライトを簡単に探せます
* 航空会社、期待、高度、速度その他で簡単にフィルタリングできます
* 簡単にお気に入りに追加でき、関心のある地域を迅速にナビゲーションできます
* 機器を主要な航空の発着案内に合わせると、リアルタイムでフライトステータス更新と、現在の空港周辺の天候条件を見ることがをできます (アプリ内で別途ご購入いただいた場合)
* リアリスティックな機体の記号 (アプリ内で別途ご購入
* 航空会社、機種、便名または登録に基づいたカスタマイズされたアラートを設定する(アプリ内で別途ご購入)

どのように機能するか
今日、ほとんどの機体には、いわゆる位置データを送信する、いわゆるADS-Bのトランスポンダーが搭載されています。Flightradar24 は急成長中のネットワークで、世界中に数千のグループステーションを持ち、アプリ内の地図で機体が移動するのを示すこのデータを受け取ります。マルチラテレーションの助けを借りて、Flightradar24 はカバーする地域を拡大中であり、 ADS-B トランスポンダーを持たない機体の位置も計算可能となっています。

アプリでは、米国連邦航空局 (FAA) からの直接的な情報供与により、従来のレーダーデータも利用されています。このデータは、米国とカナダの全空域をほぼリアルタイムでカバーします。

***重要な通知***
Flightradar24 アプリは英語で表記されています。が、テキストはほとんどなく、追加テキストが必要な際にも可能な限り周知の記号を使っています。

特別の地域の飛行機の往来追跡にのみご興味がある場合には、アプリをご購入前に Flightradar24.com にてご確認ください。Flightradar24 は、他に類を見ないレベルの世界中の機体位置データを提供していますが、カバーされていない地域もあります。

飛行機撮影と「Flightradar24」

このスマホアプリがなぜ飛行機の撮影に便利かというと
ただ…単に今撮影している飛行機が判別できるから…(笑)

例えば、日課のごとく空港の展望台や空港の近くで飛行機を撮影している飛行機マニアの装備は「航空無線」

このようなセミプロの飛行機マニアは、当然ご存知のアプリですが、航空無線など持っていない我々、にわか飛行機撮影者は東京なら城南島あたりで、このFlightradar24をおもむろに立ち上げて…「よし!今度は747だ!」みたいな…

残念ながら、
軍用機やプライベート機などは表示されません。

例えば、「エアフォースワン」などが表示されたら大変な事になりますね(^^)
実は政府専用機は表示されておりましたが、2014年9月からは表示されないようになりました。

広告

[安室奈美恵FinalTour2018~Finally~]

フライトレーダー24で見れない飛行機

航空ファン御用達の「flightradar24」で政府専用機の飛行情報が閲覧できなくなりました。読売新聞が2014年9月3日付で、「読売新聞の取材でわかった。」としていますが、以前からファンの間では周知の事実で、政府専用機の一挙手一投足はツイッターなどで拡散されていました。記事によると、防衛省が「flightradar24」側に申し入れ、非公開になったとしています。
出典:「政府専用機の飛行情報、flightradar24で閲覧不可に

飛行機撮影に便利!飛行機の飛行航路がわかるフライトレーダー Flightradar24
参照元[月の出と飛行機]

政府専用機の飛行航路を見るには?

軍用機は表示されませんが、政府専用機やエアフォースワンなどは「名称」が表示されないだけで
リアルタイムで見ることができます。

政府専用機などを見たい場合は、例えば羽田から総理が出発します!というようなリアルタイムのニュースを見ながらFlightradar24でもチェックすれば離陸したのを確認できます。

比較的わかりやすいのは、地方の空港に降り立つ時とか、離陸する時などは便数が少ない分非常にわかりやすいですね。

このように一部の特殊な航空機は表示閲覧できませんが、マニアでない限りの飛行機の撮影には一役買ってくれそうです。

写真のような撮影には、あまり関係ありませんが、撮影した後確認すれば、この飛行機が何であったかは解ります。

船舶のリアルタイムの位置情報は下記の記事で!

フライトレーダー24の入手法

現在アプリは、有償サービスはサブスクリプション課金になりました。

iphoneの場合

Andloidの場合