333-contents-1920-19-6-shooting-plan

※各見出しはリンクになっています。

自由に撮る、こだわって撮る、楽しんで撮る
自分スタイルは様々なアイテムから得られるかも?

知らなかった事が身につくと
新しい事を発見でき、そこに喜びも伴う。

インスピレーションでスライダーを動かすと
1枚の写真が複数の作品になって生まれ変わる。

こんなものを撮ってみたい!
こんなふうに撮ってみたい!
思ったように撮れない時ほど写真を楽しめます。
道具と気づきで新しい作品が生まれます。

CONTENTS

Photograph

カメラ・レンズ・アプリ等写真情報
333-contents-1920-19-6-shooting-plan

※各見出しはリンクになっています。

計画を立てる時から撮影の楽しみは始まっている
足を運び、思い通りに撮れた喜びを味わいたい。

メジャーな撮影地だけでなく
何気なく訪れた地にこそ新しい景色が待っている。

なぜこんな失敗をする?
撮り慣れていても失敗はつきもの…(コラム)

ストレスが溜まったらカメラ片手に出かけてみよう
見慣れた景色の中にも気づいていない被写体が
撮ってほしいと待っているかもしれません。
写真仲間とでも良い、ひとりでも良い。

CONTENTS

Landscape

撮影地の紹介
333-contents-1920-19-6-shooting-plan

※各見出しはリンクになっています。

光に閉ざされた地で夜空を見上げると
星の多さに驚くことは間違いないだろう。

普段はあまり気にしないかもしれないけど
月を眺めている時は、リラックスできている。

流れ星を見る機会は少ないけれど
見る事ができると高揚した自分に気がつく。

夜空に横たわる天の川や流れ星が見られると
宇宙に近づいた感覚になるかもしれません。
忘れてほしくないのは見慣れている月
身近にあるものほど気にかけなくなりがちですね。

CONTENTS

Astronomical Observation and Photography

天体観測と撮影

previous arrow
next arrow

白龍湖の風景:透明度抜群の翡翠色の美しい池〜蒼き神秘的エリア!高知のフォトスポット

  • 高知県にある隠れたフォトスポットは?
  • 高知県の美しい景色を見てみたい!
  • 白龍湖とはどのような所?

高知県の絶景地を求めて県内を旅する…
撮影候補地として「白龍湖」という場所を選定。

白龍湖とは一体どのような所なのか…
期待が増すような写真がSNSやブログにもありますが…
インスタ映えする写真が撮れるかもしれませんね?

白龍湖という名の湖は全国にも数ヶ所あるようです。こちらでご紹介するのは高知県の白龍湖になります。

こんな場所に?という感じですが、行ってみると非現実的とも言える美しい景色が広がります。
さほど広くはありませんが、暫くの時間まったりとできる良い空間です。

観光客も少ない為、落ち着いてのんびり撮影でき、動画の撮影地としてもお勧めです。

今回は高知県にある美しい池「白龍湖」をご紹介します。

写真を楽しむブログ記事内の画像は無断で抜き取らないでください

白龍湖

白龍湖(はくりゅうこ)は高知県津野市にある池。
国道439号線沿いにあり、「知る人ぞ知る」神秘的なエリアです。

白龍湖の案内や訪れた方々のブログなどには「高知県のモネの池」と例えられる事もあるようです。
モネの池には程遠い例えであるとも言えますが、比較できない美しさがあります。

白龍湖の風景〜透明度抜群!翡翠色の美しい池〜神秘的エリア!魅力のフォトスポット

白龍湖の詳細

国道439号線沿いにある導入部にはタヌキと龍の像があります。

白龍湖の風景〜透明度抜群!翡翠色の美しい池〜神秘的エリア!魅力のフォトスポット

与作狸と名付けられたタヌキの像は交通安全の祈願の為に置かれているようです。

与作は国道439号線の(439=よさく)から…
与作狸の前の木製看板に詳細が記されています。

白龍湖の風景〜透明度抜群!翡翠色の美しい池〜神秘的エリア!魅力のフォトスポット

竜のオブジェは天に向かって伸びています。

白龍湖の風景〜透明度抜群!翡翠色の美しい池〜神秘的エリア!魅力のフォトスポット

白龍湖は個人が造られた池という事で、相当な労力が必要だったのでは?と推測できます。
白龍湖へは与作狸の後ろにある建物の脇から降りる事ができます。

白龍湖
ため池の広さは約500平方メートル、深さ約3メートル。ベルトコンベヤーの廃材で作った鉄橋も架けられ、池の上を渡ることもできる。水温は年中15度ぐらいで、雨が降っても濁ることはなく、水面は常に青く輝いている。悠々と泳ぐコイが、どこか気持ちよさそうだ。

池の名前は「白龍湖」。白砂利の白と、川向かいに竜王様が出るとの伝説がある「蛇(じょう)が渕」があることから、野波さんが名付けた。元々は、近くに建てた別荘の庭として来客をもてなすために設けたものだったが、現在は資材置き場で使う洗浄水をくみ上げるために使っているのだそうだ。
出典:高知新聞

基本情報
near_me 名称 白龍湖(はくりゅうこ)
room 所在地 〒785-0503 高知県高岡郡津野町芳生野甲
commute 交通 国道439号線沿い
local_parking 駐車場 有り
wc トイレ 有り
storefront 売店 無し
restaurant 食堂 無し
link HP
  • 駐車場:数台駐車できます。
  • トイレ:場合により使用可能。

白龍湖への行き方

白龍湖は国道439号線沿いにあり、アクセスも容易です。
〒785-0503 高知県高岡郡津野町芳生野甲

 

白龍湖での撮影

白龍湖は私有地ですが、オーナーの好意で見学は自由です。

白龍湖の風景〜透明度抜群!翡翠色の美しい池〜神秘的エリア!魅力のフォトスポット

日差しや角度によって水面の色が変わります。

上部から見たり影の部分はコバルトブルーになり、日が差す部分は翡翠色(ひすいいろ)に見えます。
この日はエメラルドグリーンの場所が多かったようです。

コントラストや場所・角度を変えて撮影すると、様々な色合いで撮影する事ができます。

白龍湖の風景〜透明度抜群!翡翠色の美しい池〜神秘的エリア!魅力のフォトスポット

水中は透明度が高く水が綺麗な事が分かります。
入水はできませんが、iphoneを突っ込んで撮影してみました。

白龍湖の風景〜透明度抜群!翡翠色の美しい池〜神秘的エリア!魅力のフォトスポット

モネの池風に撮影・現像

高知県のモネの池と例える方もいるようですので、モネの池風に撮影してみます。

白龍湖の風景〜透明度抜群!翡翠色の美しい池〜神秘的エリア!魅力のフォトスポット

コントラストを下げて淡く現像してみます。

白龍湖の風景〜透明度抜群!翡翠色の美しい池〜神秘的エリア!魅力のフォトスポット

水上と水中に障害物や被写体がほとんどない為、モネの池のような感じに撮影するのは場所次第のような気がします。

白龍湖の風景〜透明度抜群!翡翠色の美しい池〜神秘的エリア!魅力のフォトスポット

撮影時には意識していなかったので、モネの池風の撮影はほとんどしていません。

白龍湖の動画

白龍湖では動画も撮影しました。

ドローンは飛ばしませんでしたが、DJI Pocket2を固定して移動しています。
水中も撮影させていただき、水中の撮影はiphoneになります。

白龍湖のまとめ

白龍湖は目的地としてもお勧めです。
周辺には何もありませんが、探せば良い所が沢山ありそうなエリアです。

このまま439号線を南下するとかなり酷道になるので注意が必要。
須崎市や仁淀町方面からのアクセスが良さそうです。

白龍湖の画像を検索すると、池に架けられた橋は赤く錆びた感じでしたが…撮影時は綺麗に塗り直されていたようです。

なるほど、なかなか良いフォトジェニックスポットです。
インスタ映えする高知県の神秘的なエリア「白龍湖」
高知県の観光スポットやドライブの立ち寄り先として加えてみてはいかがでしょうか?

四国の撮影地

四国の撮影地へのリンクです。画像をクリック(タップ)してご覧ください。

写真を楽しむブログ|香川県の撮影地:高知県のフォトジェニックスポットなど香川県内の撮影地
写真を楽しむブログ|愛媛県の撮影地:愛媛県のフォトジェニックスポットなど愛媛県内の撮影地
写真を楽しむブログ|高知県の撮影地:高知県のフォトジェニックスポットなど高知県内の撮影地
写真を楽しむブログ|徳島県の撮影地:徳島県のフォトジェニックスポットなど徳島県内の撮影地

2021/06/28高知県

Posted by pix-524