三浦半島城ヶ島は素晴らしい夕焼けが見れる夕日撮影ポイント!城ヶ島へのアクセスと撮影攻略

三浦半島城ヶ島は素晴らしい夕焼けが見れる夕日撮影ポイント!城ヶ島へのアクセスと撮影攻略
三浦半島 城ヶ島

今回は神奈川県三浦半島にある城ヶ島(じょうがしま)のご案内。

城ヶ島は神奈川県の中でも夕日が綺麗な場所として有名です。

相模湾から見る夕日や夕焼けはとても美しく、神奈川県の相模湾沿いならどこでも素敵な夕焼けや夕日が見られます。

とりわけ混雑も無くのんびりと夕暮れを楽しむにはここ城ヶ島は最適な場所かも知れません。

写真を楽しむブログ 撮影地撮影方法紹介の写真ブログにようこそ!

夕焼けを楽しむデートスポットとしても候補が挙がる城ヶ島。
ドライブがてらの夕日を楽しむカップルのスポットでもあります。

波音を聞きながら駐車場からもさほど遠くなく…

のんびりと夕暮れを楽しむ…

湘南や葉山でのポピュラーな夕暮れも良いけれど…

ちょっと大人の感覚で人も少ない城ヶ島は、ある意味お勧めの夕焼け夕日スポットでもあります。

文章城ヶ島での星の撮影に関しては新たに城ヶ島の星空撮影に特化した記事を作成していますので文中の記事リンクよりご覧ください。
広告

城ヶ島での撮影

三浦城ヶ島は、夕日の撮影で訪れるカメラマンが多いですね。

それでも平日などに赴くと誰もいなっかったりすることも多いです。
季節によってだと思いますが、冬の夕方などは誰もいなかったりします。

城ヶ島では天の川も観測できることから、星空を撮りに来る人も居なくはない。

夜や朝方に城ヶ島にいる人といえば地元の方以外は釣り人でしょう。
そんな城ヶ島での撮影などをご紹介しましょう。

城ヶ島の動画

城ヶ島の夕日、馬の背洞門での天の川、城ヶ島灯台などを動画として収めました。
よろしかったらこちらもぜひご覧ください。

三浦半島 城ヶ島の概要

三浦半島の城ヶ島は、三浦半島の南端にあります。

神奈川県の中で一番大きな島でもある城ヶ島。

城ヶ島灯台も有名で、漁港のある西側が賑やかな感じです。

素朴な漁港ですので、さほど混雑もしない。

対岸の三崎の漁港よりも静かな佇まいの城ヶ島。

西側にある馬の背洞門(うまのせどうもん)は、今にも崩れそうなトンネルになっている。

馬の背洞門の真下には立ち入り禁止区域のため行けない。

城ヶ島(じょうがしま)は、神奈川県三浦半島の南端に位置する島。
周囲長約4 km、面積0.99 km²で、神奈川県最大の自然島である。

東西幅約1.8 km、南北幅約0.6kmと東西に細長い菱形の地形であり、
東西南北にそれぞれ安房ヶ崎(東)、長津呂崎(西)、赤羽根崎(南)、
遊ヶ崎(北)という岬がある。

長津呂崎には城ヶ島灯台、安房ヶ崎には安房埼灯台が建つ。

安房ヶ崎は神奈川県の最南端でもある(北緯 35゜ 7’32)。
行政区分は三浦市で、220世帯604人が暮らす(2005年10月1日現在)。
出典:wikipedia

城ヶ島でも天の川が見えます。湘南で見えなくても城ヶ島では観測できるという環境は天体の観測にも最適です。

広告

[夜景の見える温泉宿:楽天トラベル]

三浦半島 城ヶ島へのアクセス

城ヶ島へのアクセスは、かなり時間も要する。
電車とバスを乗り継いでの場合は、覚悟が必要だ。

また、マイカーでのアクセスも時間帯によっては渋滞が考えられる。

特に夏期は観光や近隣の海水浴客などの関係上、アクセスする時間帯を考えた方が良い。

電車・バスでのアクセス

電車でのアクセスの場合は京急「三崎口駅」下車、京急バスで城ヶ島行きのバスに乗ります。

城ヶ島までの京急バスの時刻表は[城ヶ島行きバス時刻表]をご覧ください。

マイカーでのアクセス

東京方面からの場合、横浜横須賀道路(通称横横)で「衣笠IC」で降ります。

その後すぐ「三浦縦貫道路」を使い終点まで。
三浦縦貫道を出たら、国道134号線のT字路を左方面三崎方面に進みます。
その後は城ヶ島方面の道路標識に従って進みます。

城ヶ島に渡るには城ヶ島大橋を渡ります。

この城ヶ島大橋は通行料が必要です。

ただし、城ヶ島大橋は時間外は無料で通行できます。

城ヶ島大橋の営業時間
3月1日 – 10月31日 8:00 – 19:00
11月1日 – 2月28日 8:00 – 18:00
城ヶ島大橋の通行料は、維持管理費を賄うために料金徴収をしています。

※表示ポイントが若干ズレている場合がありますがご了承ください。

三浦半島 城ヶ島 夕日と夜空の撮影攻略

城ヶ島で撮影するとなれば、やはり夕焼けや夕日。

三浦半島城ヶ島は素晴らしい夕焼けが見れる夕日撮影ポイント!城ヶ島へのアクセスと撮影攻略
三浦半島 城ヶ島

ここ城ヶ島からも富士山が見えますので、城ヶ島からのダイヤモンド富士の時期には、ダイヤモンド富士狙いのカメラマンも増えます。

城ヶ島は、何も夕焼けや夕日だけの撮影スポットではありません。

薄明から夜にかけても美しい景色が楽しめます。

三浦半島城ヶ島は素晴らしい夕焼けが見れる夕日撮影ポイント!城ヶ島へのアクセスと撮影攻略
三浦半島 城ヶ島

三浦半島独特の岩礁や城ヶ島灯台…と

撮影が楽しめる被写体は、城ヶ島各所に広がっていますのでどこで撮影しても楽しい撮影になると思います。

城ヶ島の西側と南側は夕日や富士山を撮影するには適しています。

完全に東側とはいえませんが、城ヶ島灯台の東側は岩礁が広がりますので、夕焼けと岩礁との撮影に適しています。

三浦半島城ヶ島は素晴らしい夕焼けが見れる夕日撮影ポイント!城ヶ島へのアクセスと撮影攻略
三浦半島 城ヶ島

夕方から夜にかけては、城ヶ島灯台の南側に立ち入る場合は足下にご注意ください。

干潮時には、岩礁もむき出しになっているため歩く事はできますが、元々は海水に浸かっている場所なので、海藻などで滑りやすくなっています。

できる事なら、明るいうちにロケハンするなり、陽が落ちていない時に現地入りする方が安全ですが、暗くなってから撮影地に入る場合は、しっかり足下の安全を見極めて進んでください。

ごく稀に、釣り人も居ますので、不安な方は、慣れている釣り人に現地の様子を聞くもの大事な事。

城ヶ島で夜釣りをしている方達は、慣れていますのでかなり奥の岩礁などで釣りを楽しんでいます。

そのような慣れている方達に、現地の様子を伺うのもかなり役立ちますので、邪魔しないように声をかけるのも良いですよ。

広告

[夜景が見える露天風呂の宿|楽天]

間違ってはいけない事は、釣りをしている人が居るから、奥まで行けると思ってはいけません!

沖の方まで釣りに行っている人は、それなりの経験と装備があるからです。
そこに人が居るからといって慣れないカメラマンが釣り人の居る所までは辿り着けません。

数度となく訪れているならともかくも、初めて訪れたなら、あまり深追いするのは危険です。

城ヶ島では天の川も観測する事ができます。
天の川が観測できるという事は、撮影も可能です。

ただ、伊豆半島よりは首都圏の光害が多いため肉眼でも撮影物でも薄い天の川になります。

三浦半島城ヶ島は素晴らしい夕焼けが見れる夕日撮影ポイント!城ヶ島へのアクセスと撮影攻略
三浦半島 城ヶ島

城ヶ島は南側と東側の海岸がオススメになります。

三浦半島城ヶ島は素晴らしい夕焼けが見れる夕日撮影ポイント!城ヶ島へのアクセスと撮影攻略
三浦半島 城ヶ島

城ヶ島といえば城ヶ島灯台!

夕日を見た後はぜひ城ヶ島灯台の灯台元へお寄りください。

灯台の光跡の撮影方法などの参考に!

城ヶ島の宿泊情報

城ヶ島といえば城ヶ島京急ホテルがあまりにも有名ですね。

宿泊施設城ヶ島・三崎の宿泊施設
城ヶ島 遊ヶ崎リゾート7,560円~
サンポートみさき4,860円~