333-contents-1920-19-6-shooting-plan

※各見出しはリンクになっています。

自由に撮る、こだわって撮る、楽しんで撮る
自分スタイルは様々なアイテムから得られるかも?

知らなかった事が身につくと
新しい事を発見でき、そこに喜びも伴う。

インスピレーションでスライダーを動かすと
1枚の写真が複数の作品になって生まれ変わる。

こんなものを撮ってみたい!
こんなふうに撮ってみたい!
思ったように撮れない時ほど写真を楽しめます。
道具と気づきで新しい作品が生まれます。

CONTENTS

Photograph

カメラ・レンズ・アプリ等写真情報
333-contents-1920-19-6-shooting-plan

※各見出しはリンクになっています。

計画を立てる時から撮影の楽しみは始まっている
足を運び、思い通りに撮れた喜びを味わいたい。

メジャーな撮影地だけでなく
何気なく訪れた地にこそ新しい景色が待っている。

なぜこんな失敗をする?
撮り慣れていても失敗はつきもの…(コラム)

ストレスが溜まったらカメラ片手に出かけてみよう
見慣れた景色の中にも気づいていない被写体が
撮ってほしいと待っているかもしれません。
写真仲間とでも良い、ひとりでも良い。

CONTENTS

Landscape

撮影地の紹介
333-contents-1920-19-6-shooting-plan

※各見出しはリンクになっています。

光に閉ざされた地で夜空を見上げると
星の多さに驚くことは間違いないだろう。

普段はあまり気にしないかもしれないけど
月を眺めている時は、リラックスできている。

流れ星を見る機会は少ないけれど
見る事ができると高揚した自分に気がつく。

夜空に横たわる天の川や流れ星が見られると
宇宙に近づいた感覚になるかもしれません。
忘れてほしくないのは見慣れている月
身近にあるものほど気にかけなくなりがちですね。

CONTENTS

Astronomical Observation and Photography

天体観測と撮影

previous arrow
next arrow

マクロ撮影をしてみよう!マクロレンズとコンバージョンレンズ!手軽にマクロ体験を

マクロレンズを使っている方は小さいものが大好き?

風景を撮影する人やスナップの撮影ならマクロレンズは必要ありませんが、持っているとなかなか面白いレンズの一つです。

マクロレンズってここまで撮れるのか?と思う事は実は少なかったり…

マクロレンズを買うまでもないな…と思ったらコンバージョンレンズを使う手もありますね。

写真を楽しむブログ 撮影アイテム紹介 写真ブログにようこそ!

私は仕事用にたまたまマクロレンズを1本持っていますが、たまに使うと面白いレンズです。

マクロレンズにさらにコンバージョンレンズを付けてみて撮ってみたりするとさらに面白いですね。

写真を楽しむブログ記事内の画像は無断で抜き取らないでください

マクロレンズ

マクロレンズにも色々な種類があります。「マクロレンズ」や「接写レンズ」などと呼ばれます。

マクロレンズにもマクロズームレンズと単焦点レンズもあれば、コンバージョンレンズもあります。

望遠レンズをマクロ風にすることも可能ですね。

マクロレンズの種類

マクロレンズも種類はたくさんありますが、レンズそのものにするか?アダプター形式にするか?に分かれます。

マウントアダプターを使えば手持ちの単焦点レンズがマクロレンズになります。

コンバージョンレンズもオススメです。

マクロレンズでの撮影

マクロレンズを使って5円玉を撮影してみました。

大きさがわかる被写体という事で5円玉ですが、トリミングもしないで画角での大きさを見ていただこうと…

マクロレンズは、どんなに絞っても被写界深度は浅くなります。

そのため真上からの撮影でない限りピントを合わせた部分以外はボケた状態になります。

真上からでも中心から遠くなればボケますね。

マクロ撮影をしてみよう!マクロレンズとコンバージョンレンズ!手軽にマクロ体験を
マクロレンズとコンバージョンレンズ!

マクロレンズで5円玉に寄ってみると程よい大きさで撮影できますね。

単焦点でなければ、さらにアップに撮る事もできます。

マクロ撮影をしてみよう!マクロレンズとコンバージョンレンズ!手軽にマクロ体験を
マクロレンズとコンバージョンレンズ!

マクロレンズの上からマクロのコンバージョンレンズを付けてみました。

もう…何が何だか…かなり寄った感じになります。

ここまで寄ると手持ちがキツいですね。

マクロ撮影をしてみよう!マクロレンズとコンバージョンレンズ!手軽にマクロ体験を
マクロレンズとコンバージョンレンズ!

「五」と言う文字が写っていなければ5円玉とはわからない感じです。

5円玉のサビもリアルに写し出されます。もちろん肉眼ではここまで錆びていたのは気づきませんのでマクロ感がより感じられます。

いくらなんでもマクロレンズだからと言ってこのような写真は撮りませんよね?

というわけでタンポポの種を撮影してみました。

マクロ撮影をしてみよう!マクロレンズとコンバージョンレンズ!手軽にマクロ体験を
マクロレンズとコンバージョンレンズ!

タンポポの種の集まりは、せいぜい4〜5cmですが、このように撮影する事ができます。

タンポポを撮影している時は全く気がつかなかったのですが、なんか見慣れない虫がいます。

タンポポの種の綿毛は1cm程度ですので1mmにも満たない虫がいます。

思うに…もしかしたらダニの一種?と思いながらも一応掲載しておきます。

マクロ撮影をしてみよう!マクロレンズとコンバージョンレンズ!手軽にマクロ体験を
マクロレンズとコンバージョンレンズ!

こんな感じでマクロレンズを使うと文字どおり「マクロ」な写真を撮る事ができます。

マクロレンズのまとめ

マクロレンズを購入するまでもないが、マクロ風に撮影したい場合は望遠レンズで寄ってみるのも手ですね。

マクロ風に撮影することで草花の撮影や身近なものの撮影に広がりが期待できます。

普段あまり目にしないようなものをマクロレンズで撮影してみると、SNSでも目を引く写真になるかもしれません。

被写体が1cm程度のものなら小さいものを撮影してみると面白い世界が広がります。

カメラとレンズ,撮影アイテム

Posted by pix-524