撮影スポット

全国の写真家が集まる景勝地 真鶴半島 三ツ石へのアクセスと 朝日の撮影攻略

更新日:

全国の写真家が集まる景勝地 真鶴半島 三ツ石へのアクセスと 朝日の撮影攻略

写真を楽しむ写真ブログ[撮影アイテム紹介 写真ブログ]にようこそ!
神奈川県にある伊豆半島の付け根。
真鶴半島にある三ツ石へのアクセスと撮影攻略に触れたいと思います。
当ブログでも朝日の写真として例題を出す為に
三ツ石と朝日の写真を出す事が多いので見慣れているかもしれない。
三ツ石と朝日を絡めて撮影できるのは僅かな一定期間しか
撮影できませんので、真鶴半島からの朝日を狙うために
ご覧頂ければと思います。
また、三ツ石と朝日を絡める為には?という事も
書いておこうと思います。
参照元:三ツ石から昇る朝日

[sponsor PR]

真鶴半島 三ツ石

全国の写真家が集まる景勝地 真鶴半島 三ツ石へのアクセスと 朝日の撮影攻略

参照元:朝焼けの三ツ石
全国の写真家が集まる景勝地 真鶴半島 三ツ石へのアクセスと 朝日の撮影攻略

参照元:真鶴半島の朝焼けと朝日

全国の写真家が集まる景勝地 真鶴半島 三ツ石へのアクセスと 朝日の撮影攻略

参照元[真鶴半島三ツ石からの日の出]

真鶴半島と三ツ石の概要

真鶴半島は神奈川県足柄下郡真鶴町にある半島です。
この真鶴半島の先端と三浦半島の先端を結んだ線から
北の海域を相模湾と呼びます。

三ツ石はこの真鶴半島の先端にあります。
三ツ石には潮が引いた時に歩いて渡れるので
引き潮のとき渡れるようだったら、
渡ってみるのも良いですね。

[sponsor PR]

真鶴半島
真鶴半島(まなづるはんとう)は神奈川県足柄下郡真鶴町にある小さな半島である。海岸は高さ20mほどの岸壁が続く。陸上には松や楠、椎などの常緑樹の大木と、シダ類が生い茂る原生林が残されている。先端の真鶴岬の先には神奈川県の名勝地である三ツ石(正式には笠島という)がある。引潮の際にはこの三ツ石まで歩いて渡ることができる。真鶴半島でしか採取されない石として本小松石がある。なお、この真鶴半島の先端から、三浦半島の先端を結んだ線から北の海域を相模湾と呼ぶ。
真鶴半島の形成
箱根火山のカルデラの形成が始まった23万年前以降も引き続き、箱根火山の北西部と南東部では単成火山の活発な活動が続いた。北西部では長尾峠付近で活動した深沢溶岩グループ、寒沢溶岩グループが活動し、南東部では大猿山溶岩グループ、岩溶岩グループ、白磯溶岩グループ、本小松溶岩グループ、真鶴溶岩グループが活動し、これらの火山活動で単成火山群を形成したものと考えられる。また箱根火山南東部の側火山である幕山も同じ頃の活動とされる[1]。
この時期の単成火山の活動によって、現在の真鶴半島が形成されたと考えられている。久野久は真鶴半島を形成する溶岩は箱根外輪山の中腹部より噴出したと考えたが、実際には真鶴半島付近の北西方向から南東方向へと連なる数ヶ所の火口から同時に安山岩質の溶岩を噴出し、溶岩ドーム群を形成したことが明らかとなった[2]。真鶴半島を形成した火山活動は約15万年前の出来事と考えられる[3]。また真鶴半島の形成に先立つ18万年前から15万年前頃、現在小松石として採石され、石材として広く利用されている溶岩が噴出している[4]。
出典:wikipedia

真鶴半島と三ツ石へのアクセス

真鶴半島は伊豆半島の付け根にあるため、
首都圏からのアクセスは比較的楽です。
時間によっては熱海方面への渋滞もありますが
さほど苦になる事はありません。

ましてや真鶴半島から朝日を撮影するとなると、
その時間帯は、ほとんど通行もないでしょう。
国道135号線の真鶴駅前から真鶴半島方面 県道739号線に入ります。

この県道735号線に入った途端、
二つに分かれる道になりますが、どちらを選んでも結局は同じです。
左側のルートは海岸ルート、右側のルートは山間ルートになります。
双方の道ともに県道739号線です。

二つの県道739号線が合流した辺りから、
時計回りの一方通行になります。
左手に折れる道が現れて「三ツ石」の看板があります。
この交差点に駐車場とトイレがあります。

先には
真鶴町役場ケープ真鶴(真鶴町立遠藤貝類博物館)
先端まで進むと、この建物がありますが、
駐車場は、その手前右手に降りる道があります。
この駐車場に車を停めて、あとは真鶴町役場ケープ真鶴の
先にある階段を下り、海岸まで降ります。

※表示ポイントが若干ズレている場合がありますがご了承ください。

35.141008, 139.160637

iphoneなどスマホの場合、マップをタップするとgooglemapのアプリでの表示になります。
PCの場合は、左のgoogleロゴをクリックするとgooglemapになります。

真鶴半島と三ツ石の朝日の撮影ポイント

真鶴町役場ケープ真鶴(真鶴町立遠藤貝類博物館)の海側から
海岸に降りる事ができますので、
できれば海岸まで降りて撮影するのが良いでしょう。

砂浜ではなく、かなり大きい石がゴロゴロしています。
ちょっとした事で足をくじく事もありますので
ご注意を!

真鶴半島の突端からは朝日が綺麗に昇る瞬間を見る事ができます。
海岸で待機して朝日を撮影します。

夏に真鶴半島の海岸で朝日を撮影していた時
とてつもない数の蚊に襲われた事があります。
シャッターを切る暇もない位の数です。
できれば、虫除けのスプレーをお持ちください。

さて、三ツ石と朝日を絡めて撮影できるのは
一定期間しか撮影できません。
ザッと言うと12月中旬から1月中旬まで。

撮影ポイントはグッと奥になります。

それ以上はご勘弁ください。

日の出や夕日を撮影するのに良い時期や時間を調節しよう!
[朝日や夕日の撮影アイテム-LightTrac]
を掲載しております。合わせてご覧ください。

[sponsor PR]
[風景写真ブログ] [写真講座ブログ] [ブログランキング]

スポンサー広告

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最新記事が配信されます

-撮影スポット -

Copyright© 写真を楽しむブログ[撮影アイテム 写真ブログ] , 2017 AllRights Reserved.