撮影スポット

伊豆の朝日を撮りに行こう!伊豆半島日の出撮影ポイントまとめ!追記ありの保存版

更新日:

写真を楽しむ写真ブログ[撮影アイテム紹介 写真ブログ]にようこそ!
この記事では伊豆半島で撮影した朝日の撮影地をまとめてご紹介したいと思います。

ただ…ロケハンは済ませていますが、まだ未撮影の撮影地のあるので
撮影できましたら記事も更新したいと思います。

言うならば「伊豆半島の朝日保存版」という感じでしょうか?

今までの撮影記事の索引的なものになっておりますので
撮影記事および撮影地へのアクセスや撮影攻略の記事へのリンクになっています。

ボックスで囲まれた部分のタイトルをクリックしていただく事で
記事をご覧いただけると思いますのでぜひご活用ください。

伊豆半島から見える朝日はとても美しく、
旅行などで伊豆を訪れたら早起きしてでも見たい日の出スポットがたくさん!

伊豆半島で撮る日の出は、いつが良いのか?

時季も含めてご紹介している記事もありますので、ぜひご覧ください。

[sponsor PR]

伊豆半島で撮る朝日

伊豆半島から撮る朝日(日の出)、
日の出という事は東側ですので、伊豆半島の東側という事になります。

先述しましたが、掲載外の場所で撮影しましたら追記いたしますので
ご了承ください。

また、参照写真のリンク先の記事には撮影時の事や、その他の写真も掲載しております。
記事によっては、アクセスや撮影攻略などの記事も含まれますので
よろしかったらそちらもご覧ください。

リンクは別ウインドウで展開します。
(スマホの場合はこの限りではありません)

それではまず北の方から伊豆半島を南下してみようと思います。

真鶴半島の日の出

真鶴半島は神奈川県になり、
伊豆半島の付け根にありますので、真鶴半島は伊豆半島とは言い難い場所。

伊豆半島の観光四区分の中にも含まれませんが、
ここでは伊豆半島エリアの中に含ませていただいております。

真鶴半島三ツ石からの日の出〜しめ縄に絡む朝日の神々しさ!年始めにふさわしい朝...
真鶴半島にやってきました。この時期の真鶴半島と言えば、三ツ石です。三ツ石と朝日を絡めた風景が撮影できるのはごく僅かな期間になります。しかもこの風景を撮影するには、干潮時でないと撮影ポイントに行けません。

三ツ石から昇る朝日〜真鶴半島の絶景地で三ツ石のど真ん中に!念願叶う日の出撮影
神奈川県の真鶴半島にある三ツ石です。三ツ石と朝日を絡めて撮影するためにやってきた。真鶴岬と三ツ石は、神奈川県景勝50選のひとつ。素晴らしい名勝地です。その三ツ石から昇る朝日は年に数日間。今回は三ツ石の上に朝日を入れて撮影してみました。
全国の写真家が集まる景勝地 真鶴半島 三ツ石へのアクセスと 朝日の撮影攻略
全国の写真家が集まる景勝地 真鶴半島 三ツ石へのアクセスと 朝日の撮影攻略

[sponsor PR] [sponsor PR] [風景写真ブログ] [写真講座ブログ] [ブログランキング] 写真を楽しむ写真ブログ[撮影アイテム紹介 写真ブログ]にようこそ! 神奈川県にある伊豆 ...

続きを見る

真鶴のお勧め宿

伊東の日の出

伊東エリアは海岸で撮影できる場所も多くあります。

ただ、入り組んでいる場所もありますので、ある程度は限られるようです。
また、伊豆らしい海岸も楽しめますので東京からだと比較的近い日の出の撮影エリアです。

東伊豆の朝焼け
東伊豆から見た日の出の風景… 彼方に見える島は大島です。 この場所も海から昇る朝陽が見える所ですが、 撮影ポイントを誤ってしまいました。 これらのカットは、すでにtwitpicに投稿した写真なので ご覧になってる方は多いと思います。 2011年1月の風景です。 薄明...

伊東のお勧め宿

伊豆稲取の日の出

伊豆稲取や河津エリアも漁港を始め撮影ポイントがたくさんあります。

ただ、条件が良い時は特定の場所へと足を運んでしまうので
なかなか目的の撮影ポイントで撮影する事が少ない。

下記にご紹介した伊豆稲取の日の出撮影地に関しては撮影地を明かしていません。

伊豆での朝日の撮影としては珍しく高台からの撮影になります。
伊豆稲取エリアは海岸沿いも良い撮影地ですので、他の場所でも撮影したいと思います。

東伊豆から朝日の撮影〜伊豆大島からの日の出と風力発電機!春の海風伊豆半島の景色
伊豆半島の東側からは伊豆七島がよく見えます。場所や時季によっても違いますが、伊豆七島の島の間、海の上からの朝日を狙う事もできます。伊豆から見る朝日はとても綺麗です。東伊豆からは朝日、西伊豆からは夕日…と伊豆半島では素敵な朝夕の景色を楽しむことができ...

[sponsor PR]

伊豆稲取のお勧め宿

下田大浜の日の出

下田の大浜は、何度も撮影していますが、本当に良い撮影ポイントです。
いろいろなアングルでも撮れる場所ですのでオススメです。

南伊豆のだるま朝日[Ω-SUN]〜海からの朝日が撮影できるオススメ撮影ポイント!
水平線から朝日が昇る…海から出てくる朝日は神々しいものです。伊豆の下田でだるま朝日が見れました。よく晴れて冷え込む朝は空気も澄んでいます。雲もなく晴れてはいますが、とても空気が冷たく指がかじかむ朝でした。

伊豆下田大浜の日の出〜素晴らしい朝日が拝める浜辺での撮影!伊豆半島は海からの...
伊豆半島の下田にある大浜の日の出の様子です。そう…だるま朝日の記事をご覧の方は解りますね。だるま朝日を撮影している真横で広角レンズで同時に撮影していましたので、こちらもご紹介しておきます。
伊豆半島下田大浜の朝焼け・日の出撮影アクセスと撮影攻略!夏よりも春秋冬がおススメの撮影地
伊豆半島下田大浜の日の出・天の川撮影アクセスと撮影攻略!夏よりも冬がおススメの撮影地

伊豆半島の下田から「大浜」下田は朝日の撮影に適した場所がたくさん存在します。その中でも砂浜の海岸は素敵な波打ち際と岩礁などが撮影できる大浜は魅力的です。

続きを見る

下田田牛の日の出

上記の下田大浜から数分の場所にある「田牛(とうじ)」エリア。
田牛も大浜同様伊豆らしい海岸ですので、素晴らしい景色が臨めます。

この場所は海風が強いと、全く撮れないので、風のない日がオススメです。

伊豆半島田牛から日の出〜朝日の撮影に最高のロケーション!
田牛からの日の出を撮影しました。田牛(とうじ)は、伊豆半島下田にあります。この日の田牛の浜からの日の出は、ちょうど小島の間から朝日が昇りました。かなり霞んだ朝でしたが、朝日はしっかり見えました。海に映る朝日の光は心地よい暖かさを運んでくれました。

下田爪木崎の日の出

下田の爪木崎は、伊豆の日の出撮影地としてはメジャーですので
カメラマンも比較的多いような気もしますが、
カメラマンでなくても、景色も良いので旅行などで早起きしてアクセスしても良いですね。

南伊豆で撮れただるま朝日!爪木崎日の出撮影おまけショット!予想外でてんやわん...
今回の朝日の撮影は、だるま朝日を狙って来たわけではありません。実は下田でだるま朝日が撮れたのは、今回だけではありません。それでもだるま朝日やだるま夕日が撮れたのは、とてもラッキーだと思います。だるま太陽は3月くらいまでなら撮れそうですのでもし機会...

伊豆下田爪木崎灯台と朝日の撮影〜伊豆半島の観光地のひとつ!灯台はシルエットが...
伊豆下田にある爪木崎灯台。爪木崎灯台があるエリアは景観も良く灯台も映えます。爪木崎灯台にはよく立ち寄りますが、灯台そのものを撮影したことはありませんでしたのでちょっと近づいた爪木崎灯台を撮影しました。
下田爪木崎から朝の風景〜海に映り込む朝日の光跡も美しく!雲に阻まれる伊豆の朝日
爪木崎の駐車場から見える朝の風景です。爪木崎は伊豆下田にあり、須崎半島の突端に位置します。爪木崎からは冬期に海から素敵な日の出が楽しめます。この日はあいにくの曇り空でしたが、爪木島の周辺が朝日の光を反射しています。
爪木崎で海から朝日を!伊豆半島下田 爪木崎からの朝日の撮影とアクセス
爪木崎で海から朝日を!伊豆半島下田 爪木崎からの朝日の撮影とアクセス

写真を楽しむ写真ブログ[撮影アイテム紹介 写真ブログ]にようこそ!今回は静岡県の伊豆半島、下田にある爪木崎をご案内いたします。爪木崎(つめきさき)は下田からも、ほど近く観光にも良いところ。爪木崎付近では須崎の御用邸が有名ですね。そんな爪木崎は、伊豆半島の朝日の撮影ポイントの一つでもあります。

続きを見る

下田のお勧め宿

伊豆の朝日を撮りに行こう!まとめ

東伊豆の海から昇る朝日は、感動すら覚える素晴らしい日の出です。

私の場合、できれば海から昇る日の出を撮りたいため、
伊豆半島のできるだけ南に下ったエリアを選んでしまいます。

そのため、下田エリアで撮影する事が多くなってしまいます。

その上、夏の期間は、海からの朝日は撮影する場所も限られてしまいますので
伊豆半島で朝日を撮影する時季は冬の期間が多くなってしまいます。

伊豆の場合は冬でも比較的暖かいので、冬の撮影としては楽なエリアです。

こちらでご紹介している場所伊賀でも撮影していますが、
伊豆じゃなくても撮れそうな構図だったので省いています。

[sponsor PR]
[風景写真ブログ] [写真講座ブログ] [ブログランキング]

ロケハンしてチェックしている場所で撮影できましたら、
随時追加したいと思います。

伊豆を楽しむ参考書

関連の記事(広告も含まれます)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最新記事が配信されます

-撮影スポット -

Copyright© 写真を楽しむブログ[撮影アイテム 写真ブログ] , 2017 AllRights Reserved.