田牛海岸からの朝日撮影伊豆半島下田エリアの日の出スポット!波打ち際が美しい伊豆海岸

田牛海岸からの朝日撮影伊豆半島下田エリアの日の出スポット!波打ち際が美しい伊豆海岸
伊豆 田牛海岸の日の出

写真を楽しむブログ[撮影地撮影方法紹介の写真ブログ]にようこそ!

伊豆半島の東側の海は日の出撮影スポットの宝庫ですね。

伊豆下田エリアには沢山の日の出スポットが存在しますが、ここ田牛海岸もそのひとつです。

夏には多くの海水浴客が訪れる田牛海水浴場がある田牛海岸、田牛からは素晴らしい朝日が昇ります。

今回は伊豆日の出スポットの田牛海岸をご紹介しましょう。

広告

田牛海岸

伊豆下田にある田牛海岸、「田牛」と書いて「とうじ」と読みます。

田牛も難読地名の一つかもしれません。

田牛海岸は年中日の出が見えますので初日の出にも良いかもしれませんね?
田牛海岸と田牛海岸での日の出撮影をご紹介しましょう。

田牛海岸の概要

田牛海岸周辺にはハートの岩礁「竜宮窟(りゅうぐうくつ)」やサンドスキー場があり観光客も多く訪れます。

特にサンドスキー場付近は、以前からテレビドラマや映画のロケも多く、海岸のシーンなどで見かける事が多いところです。

竜宮公園(竜宮窟)を挟んで両側が田牛地区ですが、サンドスキー場がある海岸はどちらかというと石がゴロゴロ。

南側に位置する田牛海水浴場がある海岸は砂浜になっています。

近隣には碁石が浜や大浜など、夏は賑わう海水浴場などのビーチがあります。

田牛海岸で日の出の撮影

田牛海岸は、東に向いていますので、日の出を見る事ができる砂浜。

田牛海岸からの朝日撮影伊豆半島下田エリアの日の出スポット!波打ち際が美しい伊豆海岸
伊豆 田牛海岸の日の出
田牛海岸からの朝日撮影伊豆半島下田エリアの日の出スポット!波打ち際が美しい伊豆海岸
伊豆 田牛海岸の日の出
田牛海岸からの朝日撮影伊豆半島下田エリアの日の出スポット!波打ち際が美しい伊豆海岸
伊豆 田牛海岸の日の出

竜宮公園(竜宮窟)の北側の浜は、小石がゴロゴロしている印象です。

何も無いより、小島があるため絵になりそうな朝焼けです。

田牛海岸からの朝日撮影伊豆半島下田エリアの日の出スポット!波打ち際が美しい伊豆海岸
伊豆 田牛海岸の日の出

田牛海岸での撮影攻略

海側を見ても何も無い田牛海水浴場側ではなく、サンドスキー場がある海岸だと、ポッカリ浮かんでいるような小島がありますのでこちらの方が朝日の撮影には向いているような気がします。

ただ、季節によっては日の出が隠れる事もありますので、左右に移動しながらポイントを探すのが良いと思います。

海風が吹いている場合は、撮影は諦めてください。

海からの日の出の場合は、春、秋が良さそうですね。

伊豆七島がありますので、時期によっては、ちょうど伊豆七島のどれかに日の出が掛かる場合があります。

このような場合は、確実に日の出が海から見える時を狙ってください。

田牛海岸での風景撮影評価

田牛海岸は日の出撮影のスポットとして良いロケーションです。

風景撮影の評価
朝日・朝焼けの撮影
昼間の風景撮影
夕日・夕焼けの撮影
星空の撮影
アクセス難易度
撮影環境
備考:東向きですので夕焼けや夕日の撮影はできません。撮影環境としては申し分ありませんが、風が強いと砂が舞うため撮影は無理になります。
広告

[夜景が見える露天風呂の宿|楽天]

田牛海岸へのアクセス

まずは地図を表示しておきます。
ナビやgooglemapの場合は入力すれば現在地からの情報を取得することができます。

※ご使用のデバイスによって地図が表示されない場合もありますのでご了承ください。

撮影地(ロケ地)の情報を簡単にご紹介します。

ロケ地の情報
最寄り駅 JR駅
バス停の有無 あり
最寄りIC
駐車場の有無 あり
トイレの有無 あり
食堂の有無 なし
備考:駐車場は竜宮窟の入り口付近にあります。トイレも同様になりますので、ロケ地の環境としては良い方だと思います。

アクセスのポイントと攻略

田牛海岸へのアクセスは、マイカーが便利です。

車などが無いと朝日の時間にはアクセスできませんので、
やはりバイクや車でのアクセスになります。

日の出が目的で無い場合は、バスも運行していますので、
アクセスに問題はありません。

ただ運行時間などはご確認ください。

田牛海岸の近隣スポット

田牛海岸の周辺は撮影スポットもいっぱい!
是非立ち寄ってみてください。



田牛海岸の日の出撮影まとめ

田牛海岸も伊豆半島の中で良い日の出スポットですが、下田周辺は、本当に良いスポットがゴロゴロしています。

伊豆半島にはかなり通っているつもりですが、なかなか立ち寄れない場所があってまだ撮影できていません。

高速道路が走っていない分、アクセスも大変ですが何度も見たい、行きたい、伊豆半島の風景です。