ふたご座流星群はどこで見る?伊豆で星空を撮るならここだ!360度撮影できるスポット

ふたご座流星群はどこで見る?伊豆で星空を撮るならここだ!360度撮影できるスポット

写真を楽しむブログ[撮影地撮影方法紹介の写真ブログ]にようこそ!

毎年年末に話題になるのがふたご座流星群。

一年の締めくくりの天体撮影にふたご座流星群を撮るのが年中行事。

月との関係でなかなか万全でない年もありますが、2017年のふたご座流星群は期待できそうです。

あとは天気だけが心配ですが、早くから2017年のふたご座流星群の観測計画を立てている人も多いでしょう。

という事で…

ふたご座流星群を観測したり撮影できる場所としておススメのスポットを一箇所ご紹介しようと思います。

流星群の撮影方法は下記記事でご覧ください。

広告


ふたご座流星群

年中季節で様々な流星群が観測できますが、
一年の締めくくり12月の流星群といえば「ふたご座流星群」

流星群の種類などは下記記事でご覧ください。

一年の間にこんなに流星群が見れるんだ…と思うでしょう。

興味の無い方は全然関係無いことですが、
見たことは無いけどいつか見たい!と言うように興味がある方も多いのでは?

ふたご座流星群とは?

まぁ、ここで説明する事でも無いかもしれませんが、
ふたご座流星群について概要だけでも記しておきます。

ふたご座流星群(ふたござりゅうせいぐん、学名 Geminids)は
ふたご座α星(カストル)付近を放射点として出現する流星群である。

ふたご座α流星群(ふたござアルファりゅうせいぐん)とも呼ばれる。

12月5日頃から12月20日頃にかけて出現し、12月14日前後に極大を迎える。

しぶんぎ座流星群、ペルセウス座流星群と並んで、年間三大流星群の1つ。

ええ…ごめんなさい。

前述記事のwikipediaまんまです。

2017年のふたご座流星群

2017年ふたご座流星群は、好条件が揃っています。

2017年のふたご座流星群はいつ観測できるのか?

2017年のふたご座流星群日時

2017年のふたご座流星群は、12月13日の夜から14日朝方までが一番多く見られます。

日本での2017年のふたご座流星群の極大は14日の0時前後と言われています。

ですが、12日の夜や15日の夜なども、観測することができますので
14日の0時を挟んで前日と翌日も観測することができます。

ふたご座流星群の撮影

ふたご座流星群の観測や撮影に関してご紹介しますが、
流星群の撮影方法など、星空の撮影方法は散々記事にしていますので
詳しく説明はしません。

強いて言うならば?

ふたご座流星群だからと言って、
ふたご座の方向を狙う必要は無い!
撮影方向は開けた一方向を狙ってじっと我慢!

流星は全天周で観測されますので、
いろいろな方角で見えます。よく見える方向にカメラを向けてじっと待つしか無い。

2015年も結構良い条件だったので、ふたご座流星群に限っての記事を書いています。
下記の記事などもご参照ください。

今回の記事とは異なりますので、上記記事を参考にされても良いと思います。

ふたご座流星群の観測場所

今回のふたご座流星群の観測と撮影攻略は、上記の記事とどう違うのか?

今回は、ふたご座流星群を観測、撮影する場所を
ポイントを指定してご紹介しようと思います。

ご紹介するふたご座流星群観測スポットは、
ふたご座流星群に限った事では無いので全ての流星群の観測や撮影に適した場所です。

あまり行けなかったり、行かなかくなったら場所を明かす…

ふたご座流星群に限ったことではありませんが、
流星群の極大の日などは、その方角だけでなく全天周で流星が見えます。

そのため、できる限り360度開けた場所の方が観測しやすい。

そのような場所って、有りそうで無いんですよね。

広告

流星群の観測条件

流星群の観測や撮影に適した場所というのは、
光害が少ない事。
開けている事。
など、ある程度の条件もあります。

見る事はできるけど、撮影が困難…そんな場所もたくさんあります。

このブログは写真ブログなので撮影する事が目的です。

観測もそうですが、撮影してほしいので…
ここはどうよ!みたいな感じでご紹介したいと思います。

ふたご座流星群はどこで見る?伊豆で星空を撮るならここだ!360度撮影できるスポット

伊豆のふたご座流星群

このブログの記事を幾つかご覧になっている方はご存知ですが、
好きな場所には数多く撮影に向かいます。

その中でも伊豆エリアは、いろいろな意味で良い撮影スポットがあり、
星空の撮影、特に天の川の撮影によく訪れる場所でもあります。

天の川が撮影できるという事は、
それだけ空が抜けていて光害が少ないという事です。

今回はふたご座流星群という事で、
流星群の観測や撮影に適した場所を伊豆の中から選んでみましょう。

ふたご座流星群はどこで見る?伊豆で星空を撮るならここだ!360度撮影できるスポット

伊豆のふたご座流星群撮影地

伊豆半島は、関東からもアクセスが良く、
私が良く天体撮影に行く群馬や長野よりも暖かい。

12月のふたご座流星群の時期に長野県や群馬県は寒すぎます。
なぜなら標高が高い場所が多いから…

その点、伊豆半島は冬でも暖かい場所が多く、気温もまるで違います。

そういった意味でも、冬のふたご座流星群は伊豆がおススメ。

伊豆半島も広いので、どこがいいのか?

前述したように、空が開けている事が条件。

ここに行け!

稲取エリアでふたご座流星群

伊豆の稲取エリアは伊豆半島でも程よく南下した場所。

真下の下田まで行く必要はありません。

伊豆半島の場合、南下すればするほど光害は少ないと観測されています。

ですが、稲取エリアもかなり光害が少なく、
実際に天体の撮影でもかなり良い条件の事が多かった。

では、稲取エリアで全天周を臨める場所は?

稲取細野高原へ行け!

ふたご座流星群はどこで見る?伊豆で星空を撮るならここだ!360度撮影できるスポット

伊豆稲取細野高原

稲取細野高原は、箱根の仙石原のススキのススキエリアどころではない
広大なススキが広がる場所でもあります。

初めて稲取細野高原を訪れた時は、その広大さに感動しました。

ここなら全天周の星空が撮影できる!

そんな稲取細野高原。

駐車場もトイレも完備。

その横で全天周の星空が観測、撮影できるんです。
言うこと無しの撮影地である事は間違いありません。

広告

[【Amazon限定】安室奈美恵 Final Tour 2018~Finally~]

稲取細野高原エリア

稲取の細野高原エリアでは、どのような星空が臨めるでしょうか?

少し写真でご紹介しましょう。

ふたご座流星群はどこで見る?伊豆で星空を撮るならここだ!360度撮影できるスポット

ただし、この写真はエリア内ですが撮影ポイントは
稲取細野高原ではありません。

秘密の撮影場所ですのでご了承ください。
地形を見れば分かりますけどね。

稲取細野高原へのアクセス

まずは地図を表示しておきます。
ナビやgooglemapの場合は入力すれば現在地からの情報を取得することができます。

※ご使用のデバイスによって地図が表示されない場合もありますのでご了承ください。

撮影地(ロケ地)の情報を簡単にご紹介します。

ロケ地の情報
最寄り駅 JR稲取駅
バス停の有無 あり
最寄りIC
駐車場の有無 あり
トイレの有無 あり
食堂の有無 なし
備考:稲取駅周辺は、観光地ですのでなんでも揃いますが、撮影地は山の中ですのでコンビニもありません。食料は絶対持参してください。またススキ野原になりますので火器には十分気をつけてください。

アクセスのポイントと攻略

アクセスはナビで簡単に行き着く事ができます。

ふたご座流星群という事もあり、アクセス自体は夕方になると思いますので
渋滞なども気にする事はないでしょう。

食料だけは買い込んで行ってください。

防寒具なども万全にしてください。
伊豆とはいえ、冬になりますので寒いのは確かです。

ちょっとしたアドバイスですが、
最近夜間にトイレが使え無いという場所が増えています。

一部の心得のない者によってそのような自体を引き起こしますが、
このような処置は致し方ない事。

トイレが使用できない事も考えて車内には携帯トイレのような物も
常備しておくのをおススメします。

こんなやつ↓

いつも使えたのに…
という所も使えなくなっている場所をよく見かけます。

ふたご座流星群の撮影まとめ

で…ちょっとバラしておくけど、掲載の流星群の写真は、
ペルセウス流星群の写真です。

ふたご座流星群の写真画像ではありません。

ごめんなさい。

ふたご座流星群に関しては、まともに撮影して無いので、
あくまでもイメージとして掲載しています。

ふたご座流星群もまともにゲットしたいんですが、
いつも条件が悪いから二の足踏んでいるので行けません。

まぁ、空が開けていて光害が無いならどこでも良いわけで…
都内でもふたご座流星群は観測撮影できます。

流星群の撮影方法は下記記事でご覧ください。

2017年はどうかな?

2017年のふたご座流星群、是非ゲットしてください!

ふたご座流星群を撮影したら次は月食!

写真を楽しむブログ|Pix524 YouTube Gallery
写真を楽しむブログ 撮影地と撮影方法|撮影地の紹介
写真を楽しむブログ 撮影地と撮影方法|撮影方法
写真を楽しむブログ 撮影地と撮影方法|撮影計画
写真を楽しむブログ 撮影地と撮影方法|撮影アイテム
写真を楽しむブログ 撮影地と撮影方法|写真現像と画像処理
写真を楽しむブログ 撮影地と撮影方法|天の川の撮影