流星群を撮りに行こう!年間の主な流星群の撮影観測と攻略方法!流れ星を見よう!

流星群を撮りに行こう!1年間の主な流星群 [流星群の撮影 観測と攻略方法]
参照元[富士山と天の川…そして流星]
流星群の撮影方法は、とても簡単ですが、
流れ星が見えるか見えないか?が大きな問題です。
流星群の観測地を決めて観測や撮影に挑戦しよう!

写真を楽しむブログ[撮影地撮影方法紹介の写真ブログ]にようこそ!

流星群は毎年特定の時期に観測・撮影することができます。

普段星空を観測しない人たちも、流星群の時期には気になる事も多いのではないでしょうか?

今回は流星群の観測と撮影について触れてみたいと思います。

ご紹介している流星群の撮影記事は特定の流星群ですが、流星群の撮影地としてはどの流星群でも撮影地としておススメできるスポットです。

流星群の撮影方法は下記記事をご参考ください。

広告

流星群とは?

流星群とは?
通常の流れ星とは違うの?

国立天文台の「流星群とは?」のサイトをご参照ください。

流星群とは

流星(「流れ星」とも言います)とは、宇宙空間にある
直径1ミリメートルから数センチメートル程度のチリの粒が
地球の大気に飛び込んできて大気と激しく衝突し、
高温になってチリが気化する一方で、大気や気化したチリの成分が
光を放つ現象です。

彗星はこのようなチリの粒を軌道上に放出していて、
チリの粒の集団は、それを放出した彗星の軌道上に密集しています。

彗星の軌道と地球の軌道が交差している場合、
地球がその位置にさしかかると、チリの粒がまとめて地球の大気に
飛び込んできます。

地球が彗星の軌道を横切る日時は毎年ほぼ決まっていますので、
毎年特定の時期に特定の流星群が出現するわけです。
出典:自然科学研究機構 国立天文台

んむむ…
なんだか分かるような分からないような…
つまり…
流星群は毎年見れるんですね?
Wikipediaでも見てみましょう!

流星群(りゅうせいぐん)とは、その軌跡が天球上のある一点
(放射点または輻射点という)を中心に放射状に広がるように出現する
一群の流星のことをいう。

流星群に属する流星を群流星という。

流星群には、毎年同じ時期に出現する定常群と、
数年~数十年おきに活発に出現する周期群、突然活動する突発群がある。

たとえば、ペルセウス座流星群は定常群、しし座流星群は周期群である。
突発群としてはほうおう座流星群が例として挙げられる。
出典:流星群 Wikipedia

さらに難しくしてしまったかもしれない…
でもでも…
流星群は見れるんですね?

流星群の種類と見える時期

何はともあれ、
どのような流星群があって、どの時期に見えるのか?

毎年恒例の流星群をチェックしてみましょう!
広告

[夜景の見える温泉宿:楽天トラベル]

流星群の種類

1月 しぶんぎ座流星群

しぶんぎ座流星群(しぶんぎざりゅうせいぐん、学名: Quadrantids)は、
うしかい座とりゅう座の境界付近を放射点として出現する流星群である。

りゅう座ι流星群(学名: ι Draconids)とも呼ばれる。
しぶんぎ座流星群という名は、かつてこの放射点付近にラランドが
しぶんぎ座(四分儀座)という星座を設定していた名残である。

しぶんぎ座は1928年に廃止されたが、しぶんぎ座流星群の
名前は現在でも使われている。

毎年1月1日頃から1月5日頃に出現が見られ、
1月4日頃に鋭い出現のピークを迎える。

日本では1月4日の明け方近くに最も多く見られることが多い。
ピークの前後1時間から4時間程度の短時間しか激しい活動が続かないため、
ピークが昼間に当たった年はあまり多くの流星を見ることができない。
出典:Wikipedia

4月 こと座流星群

こと座(琴座、Lyra)は、トレミーの48星座の1つ。
北天の星座で、比較的小さい星座である。
α星は、全天21の1等星の1つであり、ベガ(七夕のおりひめ星)と呼ばれる。

ベガと、はくちょう座α星のデネブ、わし座α星のアルタイルの3つの1等星で、夏の大三角と呼ばれる大きな二等辺三角形を形成する。
出典:Wikipedia

※こと座流星群に関しては、解説が流星群ではありませんが…

7月 みずがめ座流星群

みずがめ座η(イータ、エータ)流星群(Eta Aquarids)は
ハレー彗星が母天体と考えられている流星群である。

活動期間は4月後半から5月の初めで、最大活動日は5月6日である。

輻射点はみずがめ座にある。1時間あたり20個ほどの流星が見られる。
2005年には新月の期間であったので良い観測条件となった。

北半球では輻射点の地平高度が上がらないために出現数はそれほど多くないが、輻射点高度が高くなる南半球では非常に活発な流星群となっている。
出典:wikipedia

8月 ペルセウス座流星群

ペルセウス座流星群(ペルセウスざりゅうせいぐん、学名 Perseids)は
ペルセウス座γ星付近を放射点として出現する流星群である。

ペルセウス座γ流星群(ペルセウスざガンマ流星群)とも呼ばれる。

7月20日頃から8月20日頃にかけて出現し、8月13日前後に極大を迎える。
しぶんぎ座流星群、ふたご座流星群と並んで、年間三大流星群の1つ。
出典:Wikipedia

10月 オリオン座流星群

オリオン座流星群(オリオンざりゅうせいぐん)は明るい流星群のひとつで、毎年10月19日から23日の間に東の空で見られる。

オリオン座の中でふたご座との境界付近に放射点がある。

母天体はハレー彗星で約3000年前のハレー彗星の塵による。
5月に見られるみずがめ座エータ流星群もハレー彗星を母彗星とする。
比較的速度が速いため明るい流星が多くみられる。
出典:Wikipedia

11月 しし座流星群

しし座流星群(ししざりゅうせいぐん、Leonids)は、
しし座に放射点を持つ流星群である。

レオニズ、レオニードなどと呼ばれることもある。

毎年11月14日頃から11月24日頃まで出現が見られ、
11月17日頃に極大を迎える。
母天体はテンペル・タットル彗星 (55P/Tempel-Tuttle) である。

普通の年には極大時に1時間あたり数個の流星が観測できるが、
過去に何度も大出現が見られた。
流星天文学の発展にも重要な役割を果たしてきた流星群である。
出典:Wikipedia

12月 ふたご座流星群

 

ふたご座流星群(ふたござりゅうせいぐん、学名 Geminids)は
ふたご座α(カストル)付近を放射点として出現する流星群である。

ふたご座α流星群(ふたござアルファりゅうせいぐん)とも呼ばれる。

12月5日頃から12月20日頃にかけて出現し、12月14日前後に極大を迎える。しぶんぎ座流星群、ペルセウス座流星群と並んで、年間三大流星群の1つ。
出典:Wikipedia

ふたご座流星群に関しては下記の記事でご確認ください。
ふたご座流星群の撮影や観測攻略の参考になるかもしれません。

[AstroArts]では、流星群の時期が近づくと、観測状況などが更新されますので、ご覧になると参考になります。
例[2014年ペルセウス座流星群]

このように特定の時期にそれぞれの星座の流星群が観測できるわけですが毎年、観測条件として適正かどうかは異なります。

つまり月などによって明るければ観測も撮影も困難で、流星群によってはピークが昼間だったりもします。

流星群の観測は毎年それぞれの事前チェックが必要になりますね。

広告

[安室奈美恵FinalTour2018~Finally~]

流星群の観測(撮影)ポイント

どこで流星群を観測したり撮影できるのか?

まずは星空観測、星空撮影のポイントやスポットを探さなければ!

風景写真のブログでは、星景写真の索引もありますのでおおよその場所も分かるかと思います。

関東の場合は「東京」という大光害エリアがありますので首都圏に近いと、本当に残念です。

ただ、8月のペルセウス座流星群などは、東京でもたくさん見れました。

ほんの少し郊外に出向いたり、街灯や街明かりが少ない公園などに行くと視認できる事があります。

光害が少なく、空が開けた場所が良いですね。

等ブログで紹介している撮影スポットの紹介記事では天の川の撮影地も多く掲載しています。

天の川が見れるということは、星がたくさん見えるということですので
そのような場所に行けば、流星群も観測・撮影しやすいと言えるでしょう。

流星群の観測(撮影)方法

それぞれの流星群によって観測する方角は異なりますが、観測場所を決めたなら、あとは流星群の観測、撮影です。

観測と撮影の準備

現地で星座の方向をチェックする場合は、[Star Walk]などのスマホアプリなどが便利です。

流星群が見える方向というのは、全天周になりますので
その時の星座の方向だけに流れるとは限りません。

観測地(撮影地)の天候が肝心!

空が開けた場所であれば、地べたに寝っころがるのが一番良いです。
私たちは撮影が目的ですが撮影している横で、
観測者の皆さんは仰向けになって観測している光景が見受けられます。

実際、私もカメラをセットしたら仰向けになって星空を見ています。
毛布や寝袋持参の方が殆どです。

撮影機材は?

用意するカメラはどのようなものが良いのでしょうか?

流星群を撮影するカメラは?

流星はいつ流れるかわかりません。
従って撮影している時間が長いほど撮れる確率が高くなります。

シャッタースピードが長時間に設定できるカメラ

用意するカメラは、マニュアル撮影できるカメラが必要です。
撮影方法は、星空や天の川を撮る方法と同じですので、ご参照ください。

インターバル撮影ができるカメラの場合は、三脚で構図を決めたら、数秒間隔でセッティングします。

インターバル撮影ができるカメラの場合は、三脚で構図を決めたら、数秒間隔でセッティングします。

私は20秒から40秒のシャッタースピードで撮ることが多いです。

あとは星が流れてくれるのを待つだけです。

その間は自分も寝っ転がって星空観測です。

インターバル撮影の機能が無いカメラの場合は、とにかく自分でシャッターを押すしかありません。

※インターバル撮影機能が無い一眼レフカメラやミラーレスの場合は、レリーズにタイマー機能があるものを使用することによってインターバル撮影が可能になりますので、ぜひご使用ください。

流星群(流れ星)を撮影するのは、星が流れてからシャッターを押しても遅い。
シャッターを押して開いている間に星が流れるのを待つ。

とにかく数打てば当たる…的な撮影方法です。

取り立てて流星群を撮影するテクニックなどと言うものは無い…

ある程度の時間撮影したら、方向や構図を変えても良いかもしれません。

流星群とはいえ、カメラの画角内でよく流れてくれるとは限りません。

よくある事ですが、方向を変えようとカメラを持った瞬間に今までの方向で流れたり…

自然相手の撮影になりますので、なかなか思ったようにいかない事もありますが、ひたすら我慢です。

流星群を捉えられた写真があれば、それらをコンポジットしても良いかもしれませんね。

流星群の観測時(撮影時)の注意点

観測地などでまず、やって欲しくない事…と言えば、車のヘッドライトもしくはスモールライトを駐車してからもずっと照らし続けている人!

同じように懐中電灯などを必要も無くずっと点灯している人!

いい迷惑ですね。

できれば、カメラの設定などしている時にライトで照らしたいのであれば、赤いフィルムを貼ったライトを使って欲しいですね。

赤いフィルムは、100均などで売っています。
これは、自分の目を慣らすためでもあるので、お勧めします。

あとは…
まぁ、自分がされて嫌な事はやめれば良いだけです。