流星群の撮影方法は?流れ星をカメラで撮ろう!撮影地はどこ?毎年恒例流星群撮影のコツ

流星群の撮影方法は?流れ星をカメラで撮ろう!撮影地はどこ?毎年恒例流星群撮影のコツ
流星群の撮影方法

流星群はいつ見れる?
流星群はどこで見える?
流星群は撮影できる?
スマホでも流星群を撮れる?

星空を見上げて流れ星が見えると、ちょっとラッキーな気がしませんか?

一晩に流れ星がたくさん見える「流星群」が見える夜が年に数回あります。

流星群は毎年同時期にそれぞれの流星群が見られます。

そんな流星群を見たり、撮影したいと思った事があるでしょう!

写真を楽しむブログ 撮影アイテム紹介 写真ブログにようこそ!

流星群の撮影は理論的には簡単ですが、意外と撮れないのが「流星群の撮影」

流星群の撮影方法を詳しくまとめてみました。

流れ星をカメラに捉えてみましょう!


 ご注意! 

流星群とは?

流星群とは?

という事に関しては、非常に説明がややこしく…

年間の流星群の記事に記載していますので下記のリンクをご覧ください。

国内で見れる流星群

流星群は

1月 しぶんぎ座流星群
4月 こと座流星群
7月 みずがめ座流星群
8月 ペルセウス座流星群
10月 オリオン座流星群
11月 しし座流星群
12月 ふたご座流星群

というように、毎年恒例のように観測する事ができます。

天候によって見れなかったり…

極大の日が満月だったりすると流星群の観測が難しいという事。

目に見えなくても流星群は発生している事になります。

流星群の説明とそれぞれの流星群の時期などは下記の記事をご参照ください。

流星群の撮影

毎年のように流星群が見えるという事は?

撮影したい!

という方も多いと思います。

実際、流星群の撮影を毎年恒例のように撮影している方はたくさんいます。

毎年撮影している方や星の撮影に慣れている方は別として…

こちらでは初心者や初めて流星群を撮影したい!

という方向けに流星群の撮影方法とコツなどをご紹介したいと思います。

流星群を撮影するには?
一眼レフ
ミラーレスカメラ
コンデジなどで撮影できます。

アプリの利用などでスマホでも撮影は不可能ではない。

スマホの場合はアプリを使う事で「撮りやすくなる」というだけです。

極端に言えばスマホカメラでも撮影する事は可能です。

こちらではスマホでの流星群撮影方法は簡略しますが、

スマホアプリでも撮影できなくはないので挑戦してみてください。

スマホでの流星群撮影はかなり難易度が高いのは事実です。

用意するもの

カメラは一眼レフがおススメですがミラーレスでもコンデジでも結構です。

流星群撮影で用意するもの
カメラ 一眼レフ・ミラーレス・コンデジなど
レリーズ(リモコン) 手動の場合に必要
三脚 しっかりカメラを固定できるもの
ライト 小型の懐中電灯
防寒具 ブランケットなど

カメラにインターバル撮影の機能がついているのがベスト。

一眼レフでもインターバル撮影できないものがあります。

その場合はタイマー付きのレリーズがありますのでお求めください。

タイマー付きレリーズはレリーズとしてだけでなく…

インターバル撮影やタイマー機能があります。

今後も何かと活用できますので持っていて損はありません。

カメラにインターバル機能も無ければレリーズのタイマーも無い場合は、手動になります。

手動のシャッターは、いつも使っていると思います。

インターバル撮影同様の作業を手動でやるという事は?

数時間も20〜30秒ごとにシャッターを押さなければなりません。

タイマーレリーズの一例

撮影する流星群の候補

毎年流星群が発生するのは分かりましたが…

一晩頑張ってもほんの数個の流れ星しか見れなかった!

もしかしたらそうなるかもしれません!

流星群によっても多く見られるものとそうで無いものがあります。

目に見えて比較的多くの流れ星が観測できる流星群として

8月の「ペルセウス流星群」と12月の「ふたご座流星群」

撮影としてはおススメです。

8月と12月の流星群に焦点を!

ペルセウス座流星群は8月と夏の夜ですので問題ありませんが…

12月のふたご座流星群は冬ですのでかなり寒い観測日となりそうですね。

そのようなことを考慮すると…

「ペルセウス座流星群」が最も撮影や観測に適しているとも言えます。

流星群の撮影地選び

流星群の撮影や観測は、星が見えていなければできませんね?

という事は…星が見える場所に行きましょう!

街灯や家の明かり他目に入る光を防ぐ!

8月のペルセウス流星群などは、東京都内の23区でも見えました。

できる限り暗い場所で光を遮っている公園などがおススメです。

流星群は都内でも見る事ができますが…

よほど明るい流れ星でないと肉眼では見えません。

もっと沢山の流れ星を見たい時は?

東京の場合だと奥多摩や高尾山なども考えられます。

関東近郊で流星群の観測や撮影のための撮影地

候補はたくさんあります。

ご紹介している天の川の撮影地などが参考になると思います。

抜粋すると!
山梨県だと富士山周辺
富士山の五合目辺り
アクセスも容易で撮影もしやすい。

ペルセウス座流星群は東側になります。

「本栖湖」や「田貫湖」などは富士山を入れた絶好の撮影地になります。

流星群を撮影したり観測する撮影地・観測地は

天の川が見えるほど星空が綺麗な場所である必要はありません。

都心よりも都下が良く星が見えるように、

できる限り光害が少ないというのが最低条件です。

より光害の少ない場所で撮影・観測!
流星群の撮影方法は?流れ星をカメラで撮ろう!撮影地はどこ?毎年恒例流星群撮影のコツ
流星群の撮影方法

おススメの撮影地

星の撮影でよく訪れる撮影地です。

満天の星の下で流星群の撮影に挑戦したい!

という方は参考にしてみてください。

あくまでも抜粋した撮影地のご紹介です。

これらの撮影地で天の川も撮影していますので星空は本当に綺麗!

流星群の撮影方法は次のページ

ここからが本番!

失敗しない流星群撮影のご参考に!