—NEWS—
12月はふたご座流星群の観測
2019年初日の出計画(方角確認)

流星群の撮影方法は?流れ星をカメラで撮ろう!撮影地はどこ?毎年恒例流星群撮影のコツ

流星群の撮影方法は?流れ星をカメラで撮ろう!撮影地はどこ?毎年恒例流星群撮影のコツ
流星群の撮影方法

流星群はいつ見れる?
流星群はどこで見える?
流星群は撮影できる?
スマホでも流星群を撮れる?

星空を見上げて流れ星が見えると、ちょっとラッキーな気がしませんか?

一晩に流れ星がたくさん見える「流星群」が見える夜が年に数回あります。

流星群は毎年同時期にそれぞれの流星群が見られます。

そんな流星群を見たり、撮影したいと思った事があるでしょう!

写真を楽しむブログ 撮影アイテム紹介 写真ブログにようこそ!

流星群の撮影は理論的には簡単ですが、意外と撮れないのが「流星群の撮影」

流星群の撮影方法を詳しくまとめてみました。

流れ星をカメラに捉えてみましょう!

広告

流星群とは?

流星群とは?

という事に関しては、非常に説明がややこしく…

年間の流星群の記事に記載していますので下記のリンクをご覧ください。

国内で見れる流星群

流星群は

1月に「しぶんぎ座流星群」
4月に「こと座流星群」
7月に「みずがめ座流星群」
8月に「ペルセウス座流星群」
10月に「オリオン座流星群」
11月に「しし座流星群」
12月に「ふたご座流星群」

というように、毎年恒例のように観測する事ができます。

天候によって見れなかったり、極大の日が満月だったりすると流星群の観測が難しいという事。

目に見えなくても流星群は発生している事になります。

流星群の説明とそれぞれの流星群の時期などは下記の記事をご参照ください。

流星群の撮影

毎年のように流星群が見えるという事は?

撮影したい!

という方も多いと思います。

実際、流星群の撮影を毎年恒例のように撮影している方はたくさんいます。

毎年撮影している方や星の撮影に慣れている方は別として…

こちらでは初心者や初めて流星群を撮影したい!

という方向けに流星群の撮影方法とコツなどをご紹介したいと思います。

流星群を撮影するには一眼レフやミラーレスカメラ、コンデジなどで撮影できます。

アプリの利用などでスマホでも撮影は不可能ではない。

スマホの場合はアプリを使う事で「撮りやすくなる」というだけです。

極端に言えばスマホカメラでも撮影する事は可能です。

こちらではスマホでの流星群撮影方法は簡略しますが、

スマホアプリでも撮影できなくはないので挑戦してみてください。

スマホでの流星群撮影はかなり難易度が高いのは事実です。

用意するもの

カメラは一眼レフがおススメですがミラーレスでもコンデジでも結構です。

流星群撮影で用意するもの
カメラ 一眼レフ・ミラーレス・コンデジなど
レリーズ(リモコン) 手動の場合に必要
三脚 しっかりカメラを固定できるもの
ライト 小型の懐中電灯
防寒具 ブランケットなど

カメラにインターバル撮影の機能がついているのがベストです。

一眼レフでもインターバル撮影できないものがあります。

その場合はタイマー付きのレリーズがありますのでお求めください。

タイマー付きレリーズはレリーズとしてだけでなくインターバル撮影やタイマー機能がありますので今後も何かと活用できますので持っていて損はありません。

カメラにインターバル機能も無ければレリーズのタイマーも無い場合は、手動になります。

手動のシャッターは、いつも使っていると思いますが、インターバル撮影同様の作業を手動でやるという事は、数時間も20〜30秒ごとにシャッターを押さなければなりません。

タイマーレリーズの一例

撮影する流星群の候補

毎年流星群が発生するのは分かりましたが…

一晩頑張ってもほんの数個の流れ星しか見れなかった!

もしかしたらそうなるかもしれません!

流星群によっても多く見られるものとそうで無いものがあります。

目に見えて比較的多くの流れ星が観測できる流星群として
8月の「ペルセウス流星群」と12月の「ふたご座流星群」が撮影としてはおススメです。

8月と12月の流星群に焦点を!

ペルセウス座流星群は8月と夏の夜ですので問題ありませんが12月のふたご座流星群は冬ですのでかなり寒い観測日となりそうですね。

そのようなことを考慮すると「ペルセウス座流星群」が最も撮影や観測に適しているとも言えます。

広告

[夜景の見える温泉宿:楽天トラベル]

流星群の撮影地選び

流星群の撮影や観測は、星が見えていなければできませんね?

という事は…星が見える場所に行きましょう!

街灯や家の明かり他目に入る光を防ぐ!

8月のペルセウス流星群などは、東京都内の23区でも見えました。

できる限り暗い場所で光を遮っている公園などがおススメです。

流星群は都内でも見る事ができますが、よほど明るい流れ星でないと肉眼では見えません。

もっと沢山の流れ星を見たい時は?

東京の場合だと奥多摩や高尾山なども考えられます。関東近郊で流星群の観測や撮影のための撮影地となると候補はたくさんあります。

当ブログでご紹介している天の川の撮影地などが参考になると思いますのでご覧ください。

抜粋すると!
山梨県だと富士山周辺
富士山の五合目辺り
アクセスも容易で撮影もしやすいですね。

ペルセウス座流星群は東側になるので「本栖湖」や「田貫湖」などは富士山を入れた絶好の撮影地になります。

流星群を撮影したり観測する撮影地・観測地は何も天の川が見えるほど星空が綺麗な場所である必要はありません。

都心よりも都下が良く星が見えるように、できる限り光害が少ないというのが最低条件です。

より光害の少ない場所で撮影・観測!
流星群の撮影方法は?流れ星をカメラで撮ろう!撮影地はどこ?毎年恒例流星群撮影のコツ
流星群の撮影方法

おススメの撮影地

星の撮影でよく訪れる撮影地です。

満天の星の下で流星群の撮影に挑戦したい!

という方は参考にしてみてください。

あくまでも抜粋した撮影地のご紹介です。

これらの撮影地で天の川も撮影していますので星空は本当に綺麗!

広告

[夜景が見える露天風呂の宿|楽天]

流星群の撮影方法

流星群の撮影方法は「流星群について」の記事でも簡単にご紹介していますが、こちらでまとめてみましょう。

流星群の撮影は撮影する準備さえできていれば、あとは簡単です。

シャッターが開いている間に画角内に捉えられれば…の話ですがね。

流星の見える方向は?

撮影地が決まったらいよいよ撮影!

基本的にそれぞれの流星群の方角に!

被写体を入れて撮影したい場合は?

星座の方向にカメラを向ける必要はありません。

どの方角でも流れ星が流れますので星座の方向でなければ見えないという事はありません。

観測するなら寝転んで真上を!
撮影するなら星座の方向か被写体に!

被写体があれば、その方向に!

そうでなければ星座の方向に!

あるいは好きな方角にカメラを向けて大丈夫です。

特に星座の方向に光がある場合は、避けた方が良いかもしれませね。

スマホで流星群撮影

スマホで撮影する場合は、星が撮影できるアプリを使用してみてください。

長時間露光できるアプリがおススメです。

ただし!
長時間の画像保存で画像の数が膨大!
制御しないとメモリがパンク状態に!
Check!夜撮カメラ

撮影の手順

撮影する方角が決まったら、三脚にカメラをしっかり設置。

全てをマニュアルの設定にしてVRのレンズはOFFにします。

マニュアルで星にピントを合わせます。

星のピント合わせは?

明るい星に向けてモニターの表示を最大にすると星が見えてくると思いますのでモニター上で確認しながらピントを回してみてください。

モニターによるピント合わせが困難な場合は、明るいうちに一番遠くのものにピントを合わせて固定しておいてください。

モニターを最大にして手動でピント合わせ!

星の光が小さくなった位置がピントが合っている事になります。

ピントの固定を!

ピントが合ったら、ピントを回すベゼルをマスキングテープなどで固定してください。

ピントの位置を固定する事で、カメラの向きを変えたり移動する際のピントのズレを防ぎます

近くの物を撮影する場合は、その都度ピント合わせしてください。

撮影設定

カメラの各設定は、撮影地の環境や使用のレンズ・カメラで異なります。

ISO・F値・SPの設定

設定の目安を記載しておきますが、環境に合わせて調節してみてください。

例1
ISO=1600
F値=1.8
SP=10秒
例2
ISO=3200
F値=3.5
SP=30秒

レンズの明るさや環境によっても変わると思いますので、使用しているレンズの最小のF値を基準としてISOやシャッタースピードを変えてみてください。

F値を基準にして調整!

1カット撮影してみて星が写っているか?や、空の明るさなどを見てISOを調節します。

明るいレンズを使用していて秒数が少ない場合は、20秒や30秒にした方が流星をゲットする確率が高くなるかもしれませんよ!

そのような場合は、F値を上げても良いでしょう。

特に夜景と撮影する場合は、ある程度絞った方が綺麗です。

インターバル撮影機能の設定

インターバル機能の設定はシャッタースピードで変わりますが、前述したように30秒あたりが無駄が少ないと思います。

もっと長くしても良いですが、1カットで使用する場合は、地球の自転によって星が伸びて写るのであまり長すぎると通常の星も短く流れているように見えますよね?

ワンカットで流星を捉えた綺麗な状態に仕上げたいなら流星でない星もできる限り「点」で撮りたいでしょう。

なぜ10秒ではなく30秒かと言うと?

電池の温存と流星を捉える確率の問題です。

インターバル撮影の間隔は「2秒程度空く」のでシャッタースピードが長いほど一瞬の流星を捉える確率が高いという貧乏性的な考えです。

シャッタースピードに関しては各人の自由です。

あくまでも私はそうしているという事で…

私も時によっては10秒や20秒の時もありますので、本当に自由です。

シャッタースピードは10〜30秒で!
流星群の撮影方法は?流れ星をカメラで撮ろう!撮影地はどこ?毎年恒例流星群撮影のコツ
流星群の撮影方法

長くシャッターを開いていると、長い火球も飛び込むかもしれませんね?

上の写真はもっと長い火球でしたが画面から外れて3つに分かれました。

失敗しない流星群の撮影

流星群を撮影し始めると、限ってカメラの方角と逆に流れ星が見えることが良くあります。

まるでこちらを見透かしたような…仕打ちです。

こんな時は…我慢です!

できれば最低1時間は同じ方角で撮ってみて、飽きたら別の角度で撮ってみましょう!

2台撮りの場合は、インターバルのタイミングをズラします。

シャッターのタイミングをズラせばどちらかに流星が写っている可能性が大!

ファインダーは覆ってください!

カメラによってはファインダーを閉じる事ができるものもありますが、ファインダーを塞ぐパーツが付属されていると思いますので、それを使います。

ファインダーを塞ぐパーツがない場合は、何か被せておくか黒いテープを用意しましょう。

私はパーマセルテープをカメラバッグに用意しています。

1台のカメラはファインダーの遮光をカメラ内蔵でできますが、2台目のカメラは別パーツです。

忘れた時に使ったり、ピントを固定するのに使用しています。

1本持っておくと便利です。テープとしてはちょっと高額ですが…

なぜファインダーの遮光が必要か?

ファインダー側から光が入ると、どのような画像になる?

下の写真がその一例です。

長時間露光している間は、常にファインダーからも光が入っています。

通常の光よりも強い光が入ると下記の画像のようになります。

流星群の撮影方法は?流れ星をカメラで撮ろう!撮影地はどこ?毎年恒例流星群撮影のコツ
流星群の撮影方法

後ろから車が入ってきてヘッドライトの光で画像がオシャカになった事はありませんか?

後ろからだから安心していると最悪な結果になります。

画像に後ろからの光が写り込みます。

車だけではありません!

隣人のカメラマンが設定を見るためにライト当てた!

これは自分の場合もあります。

たまたま居合わせた人が話しかけてきてタバコを吸うのにライターで火をつけた…

後ろからの光がファインダーを通してワンカットダメにしているのです。

実感してみたい方はレンズキャップをつけたままシャッターを切った時にファインダーに懐中電灯などで光を当ててみてください。

どの程度の光で、どのようになるか?を試してみてください。

流星群の撮影画像の処理

流星群を撮りに行って、1,000枚くらいの写真を撮っても1枚も写っていなかった!

そんな事も経験です。

流星群の撮影候補として「ペルセウス座流星群」と「ふたご座流星群」を候補に挙げているのは?

極大の時の流星群の撮影で一番確率が高いからです。

例え極大の日時が多少ズレていても撮影できる可能性は高いでしょう。

まぁ…数枚しか写っていなかったり、1枚も写っていなかったら比較明合成にしたりタイムラプスにしたりして無駄な星空写真を作品にしてみてください。

流星群の撮影方法まとめ

今更、流星群の撮影方法をわざわざ記事にする必要もないのですが、「流星群撮影方法」などの検索で来てくださる方も居て、大して撮影方法を書いていない記事に入っているようなので残しておこうという事です。

天の川の撮影方法もやたら長いですが、負けずと長い記事になってしまった「流星群の撮影方法」

最後までキッチリご覧いただいた方には感謝しています。