—NEWS—
シャボン玉動画アップしました
シャボン玉のダンス

8月の天の川の方角と撮影時間は?流星群込みで天の川撮影を!2018年版天の川撮影候補日

8月の天の川の方角と撮影時間は?流星群込みで天の川撮影を!2018年版天の川撮影候補日

2018年8月の天の川の方向や位置は?
8月の天の川は何時頃見えるのか?
2018年8月の天の川の撮影や観測に適した日時は?

8月はお盆休みや夏休みのため自分の時間や家族旅行など休日を楽しめますね。

ファミリーキャンプに行ったら、自然の中で天の川も見れるかもしれません。

8月は星空を見る機会も増えると思いますので、
8月の天の川はどの方角にどのように見えるか?興味がありますね?

写真を楽しむブログ 撮影地撮影方法紹介の写真ブログにようこそ!

2018年の天の川はどこに見えるいつ見える?シリーズも夏真っ盛りの8月になりました。

今までの月同様に8月の天の川はいつどのように見えるか?をご案内していきましょう。

スポンサー広告

 ご注意!

2019年最新版をご覧ください!

Check!2019年8月の天の川は下記で
2019年8月の天の川
Check!2019年月ごとの天の川索引
2019年月ごとの天の川
2019年版をご覧ください!

2018年8月の天の川撮影候補日

2018年8月に天の川を観測・撮影する候補日時を計画しましょう。

まずは天の川の撮影に大きく関わる8月の月の様子を確認してください。
また同様に、日の出の時間や日の入りの時間も同様にチェックしましょう。

8月の特徴としては日の入りも日の出も早いので夜の時間が短いですね。

できれば夜を徹して天の川の撮影をしたいところですが…

また、8月はペルセウス座流星群の時期でもあります。
天の川の撮影とも重なりますので、ペルセウス座流星群の撮影も視野に入れましょう。

スポンサー広告

 ご注意!

8月の太陽と月の関係

2018年8月の日の出・日の入り、月の出・月の入り時間を確認しましょう。
天の川の観測や撮影に適した候補日に絞ってピックアップしています。
※東京を基準にしています。

strong>2018年8月の太陽と月
8月 日の出  日の入 月の出 月の入  月齢
7日(火)  04:53  18:42 00:19 14:36  25
8日(水)  04:54  18:41 01:09 15:41  26
9日(木)  04:55  18:40 02:06 16:44  27
10日(金)  04:55  18:39 03:10 17:42  28
11日(土)  04:56  18:38 04:20 18:34  29
12日(日)  04:57  18:37 05:31 19:19  0.7
13日(月)  04:58  18:36 06:42 20:00  1.7
14日(火)  04:58  18:35 07:52 20:37  2.7
15日(水)  04:59  18:33 08:58 21:12  3.7
16日(木)  05:00  18:32 10:02 21:46  4.7
備考:※表の前後でも撮影できますが10日間の表示になっています。8月は日没過ぎに暗くなったら天の川の撮影開始です。17日以降も月が細い時、月が沈んでからなど撮影できますので8月の天の川を楽しんでください。
ご注意ください!この表は東京を基準にしています。
例えば日の出を例にすると、北海道の場合、東京よりも20分ほど早く日の出になり、沖縄の場合、東京より60分近くも遅い日の出になります。
撮影地に合わせて正確な時刻をご紹介のアプリなどで調査ください。

[月の満ち欠けを調べるアプリ]の記事をご覧ください。

スポンサー広告
カメラレンタル特集!【ReReレンタル】

雲の予報を見て撮影日を決めよう!

撮影地へ行ったら雲で見えない!そんな事がないように雲の予報もチェックしましょう!

8月の天の川はどう見える?

8月の天の川はどの方角にどのように見えるのでしょうか?

8月に天の川の見える方角と見え方をシミュレーションしてみましょう。

天の川の方向や時間による見え方などは、いろいろな方法で知る事ができますが
今はアプリが一番分かりやすいでしょう。

紹介しているアプリは有料ですので、手っ取り早くこちらで見た方が早いですね。

アプリを使えば「今日の天の川の方角や位置」が即座に分かります。

速報!2018年8月7日21時33分に撮影しました。

8月の天の川の方角と撮影時間は?流星群込みで天の川撮影を!2018年版天の川撮影候補日

雲に邪魔されて…しかも撮影地の選定が悪かったので山に阻まれていますが、台風が去ったあたりが狙い目かもしれませんね?

速報2!2018年8月19日0時17分に撮影しました。

8月の天の川の方角と撮影時間は?流星群込みで天の川撮影を!2018年版天の川撮影候補日

月が沈んだら朝方まで撮影できますね!(画像を圧縮したので若干ぼやけて見えます)

Check!↓動画はinstagramにアップしてみました(無音です)
8月の天の川動画

この時間になると、かなり方角が変わりますね!

8月の天の川の方角や位置を知って天の川の観測や撮影に臨みましょう!

天の川の方角と位置

2018年8月の天の川の方角(方向)と位置を知りましょう!

8月の天の川の位置

8月に天の川が見えるのはどの方向なのでしょうか?

StarWalk(スターウォーク)を使用して8月の天の川の位置を確認してみましょう。

2018年8月11日20時30分頃の天の川の方角と位置

8月の天の川の方角と撮影時間は?流星群込みで天の川撮影を!2018年版天の川撮影候補日

2018年8月11日23時30分頃の天の川の方角と位置

8月の天の川の方角と撮影時間は?流星群込みで天の川撮影を!2018年版天の川撮影候補日

2018年8月12日00時30分頃の天の川の方角と位置

8月の天の川の方角と撮影時間は?流星群込みで天の川撮影を!2018年版天の川撮影候補日

8月の日の出と月の入りの関係

上記の月の出・月の入りの表と、日の出・日の入りの表を見比べると分かると思いますが、
日の入りの時間が遅いため、夜空の撮影は春と比べれば遅めになりますね。

日の出も早いため夜の撮影時間は比較的短くなります。

天の川の撮影に適した時間帯

2018年8月の天の川の位置をご覧になるとわかると思いますが、
日が沈んで暗くなると南の空に天の川がすぐ見えてきます。

春に見えた天の川と比べて見ると一目瞭然ですが、
すでに立ち上がったような天の川になっています。

夜中の0時を過ぎた頃には、天の川の濃い部分が沈んで見えなくなっています。

天の川自体は、朝方まで見えていますが、天の川の写真でよく見る特徴的な濃い部分が撮影したいのであれば0時までが勝負という感じですね。

8月の天の川撮影の攻略法

8月の天の川の撮影攻略法は?

8月は、日が沈んで暗くなったら早い時間から撮影開始ですね。
夜も早い時間ですので家族で見てみたい天の川。

8月は日没後から撮影開始!
ペルセウス座流星群も撮影しよう!

8月は今までとは異なり0時までの撮影が主になります。

夕焼け空の撮影も込みで撮影地へと向かい、夕日や夕焼けを撮影後に天の川の撮影です。

ペルセウス座流星群も視野に入れて撮影地や日程を計画してください。

天の川が縦に伸びた感じになりますので縦位置の撮影が多くなりそうですね。

8月の天の川は早い時間から撮影できる事でもありますので、ファミリーやカップルでのアウトドア休暇などでも観測しやすい季節です。

自然の多いキャンプ場なら星空もきっと綺麗ですね!
撮影はカメラに任せて寝転んで天の川を眺めましょう!

天の川撮影候補地

8月の天の川は、水平線や地平線は関係ありませんので、山の中でも大丈夫。

山間部のキャンプ場などでも観測撮影はできると思います。
ただし、光害が少なく天の川が見える環境は当然のことです。

地平線の光害を避けた山間部の谷間などでは光が届かず天の川も見やすいでしょう。

関東近辺でおススメ撮影地はこのブログをご覧になればある程度ご紹介しています。

8月に撮影された天の川の動画もご参考にしてください。

ペルセウス座流星群と天の川は富士山御殿場口新五合目で撮影!

2018年8月の天体イベント

2018年8月13日10時ペルセウス座流星群が極大になります。

東の方角にカメラを向けて撮影しますが、流星はいろいろな方角に見えますので、天の川が綺麗な時間までは天の川の見える方角を撮影してみてください。

8月の天の川の方角と撮影時間は?流星群込みで天の川撮影を!2018年版天の川撮影候補日

ペルセウス座流星群に関連のある記事

8月は天の川も撮りたい!ペルセウス座流星群も撮りたい!

ペルセウス座流星群の撮影の参考にしてください。

天の川の撮影関連記事

写真を楽しむブログでは、天の川の観測や撮影に関した記事を多く紹介しております。

天の川の撮影地や撮影方法のご参考にご覧ください。

 天の川関連記事抜粋 
天の川の撮影方法・撮影計画
天の川見たい撮りたい!いつどこで?
天の川撮影時のカメラ設定関連補足
環境で変化カメラ・レンズの設定!
天の川!現像加工
天の川撮影後現像方法の手順や比較!
天の川の写真をソフトン化!
天の川の撮影最適日時(2019年版)
月別天の川の方角と観測・撮影計画
・【特集】GWの天の川
・【特集】七夕の天の川
天の川のタイムラプス撮影
天の川銀河のタイムラプス撮影方法

Check! 

天の川総合記事索引はこちら!