ペルセウス座流星群が見える日時と方角は?流星群を撮影しよう!2018年版観測・撮影攻略

ペルセウス座流星群が見える日時と方角は?流星群を撮影しよう!2018年版撮影攻略
2018年ペルセウス座流星群

ペルセウス座流星群はいつ見える?
ペルセウス座流星群はどこで見える?
ペルセウス座流星群はどの方角?

毎年8月が近づくとペルセウス座流星群の撮影計画が楽しいですね。

毎年の事ですのでこちらでご紹介する必要ない情報です。

情報として必要ないのであれば、撮影方法?

流星群の撮影方法はすでにご紹介していますので…

写真を楽しむブログ 撮影地撮影方法紹介の写真ブログにようこそ!

一年のうちに見える流星群はいろいろありますね?

中でも8月のペルセウス座流星群は観測しやすい事で人気があります。

夏だから夜でも過ごしやすいという事でしょうか?

今回はペルセウス座流星群に絞ってご紹介しましょう。

広告

ペルセウス座流星群とは?

ペルセウス座流星群は文字どおり「ペルセウス座」付近から放出される流星群です。

ペルセウス座流星群が見える日時と方角は?流星群を撮影しよう!2018年版撮影攻略
2018年ペルセウス座流星群

※画像は星座アプリの「88星座」の画面です。

ペルセウス座流星群(学名 Perseids)はペルセウス座γ星付近を放射点として出現する流星群である。ペルセウス座γ流星群(ペルセウスざガンマ流星群)とも呼ばれる。

7月20日頃から8月20日頃にかけて出現し、8月13日前後に極大を迎える。しぶんぎ座流星群、ふたご座流星群と並んで、年間三大流星群の1つ。
出典:wikipedia

毎年同時期に観測できる事と、夏休みのど真ん中という事もあり人気の流星群ですね。

2018年ペルセウス座流星群の観測

ペルセウス座流星群はいつどこで見えるのでしょうか?

2018年のペルセウス座流星群は観測しやすい!

と言うのは、月が見えなく空が暗いため空の小さな星も見えやすい。

2018年ペルセウス座流星群観測日時

では2018年のペルセウス座流星群の観測日は何日の何時頃が良いのでしょうか?

2018年ペルセウス座流星群の観測日は?

2018年のペルセウス座流星群の極大は8月13日午前10時頃と予想されています。

え?昼間じゃないですか?

大丈夫です。あくまでも「極大」の時間ですのであまり気にする事はありません。

8月13日の日の出まで!

一番良さそうなのが8月12日の夜から13日の明け方前までが観測として最適です。

月曜日の朝、という事で翌日に予定があると寝不足になりそうな星の観測ですね。

2018年ペルセウス座流星群 流れ星の数

「極大」

つまり最大に多く見えるという事ですが、どの程度見えるのでしょうか?

ペルセウス座流星群が見える数は?

流れ星が肉眼で見える事は良くあります。

特に星の撮影などをしていると普通の日でも見えない夜はありません。

では流れ星がたくさん見えるという流星群、ペルセウス座流星群はどのくらいの流れ星が見えるのでしょうか?

1時間に30〜50個くらいの流れ星を観測

極大日付近の日は、1時間に30〜50個くらいの流れ星が見えると予想されています。

小さい流れ星から大きな流れ星まで、たくさん見えるんですね?

ペルセウス座流星群観測の方角

ペルセウス座の方角は「北東の方角」が目安ですが…

ペルセウス座流星群が見える日時と方角は?流星群を撮影しよう!2018年版撮影攻略
2018年ペルセウス座流星群

日周運動により時間によってペルセウス座の見える方角が違います。

ペルセウス座流星群観測の方角は?

ペルセウス座は北東の方角を目安に探せば分かるとしても、流星群は違います。

というのは、あくまでも「放射点」というだけですので中心が北東と言うだけです。

したがって流れ星が見えるのは全天周になります。

全天周で観測できます!

中心点(放射点)から見えている事の方が少ないかもしれません。

2018年8月13日未明のペルセウス座流星群(東天)のタイムラプスです。

Mikeさん(@pix524)がシェアした投稿

広告

[夜景が見える露天風呂の宿|楽天]

ペルセウス座流星群の観測・撮影方法

ペルセウス座流星群に限らず、流星群の観測や撮影方法は共通です。

当ブログですでにご紹介しています。

流星群の撮影に関して失敗しやすい事例も記載しています。

折角のチャンス!失敗しないで流星群の撮影を!

ペルセウス座流星群の観測・撮影場所

ペルセウス座流星群を観測したり撮影するのに適した場所は?

ペルセウス座流星群の観測・撮影場所は?

星が見えればどこでも観測や撮影は可能です。

ただ…欲はあるものですね?

できればたくさん見たい!

実際は流れ星が流れているけれど目に見えない!

明るい空では流れ星が流れていても見えていない事もあります。

目に入る光が少ない場所で!

例えば東京都内なら周囲の光が入らないような公園がオススメです。

都心を離れる事ができるなら、山間部やリゾート地などたくさんの観測地があります。

星のお勧め観測地もご紹介済みです。

群馬県・静岡県(伊豆)・長野県・神奈川県などたくさんの候補地がありますね。

ペルセウス座流星群観測・撮影に用意したいもの

最低でも1時間は観測や撮影に費やして欲しいですね。

数分で「見えない」と諦めない事です。

夜の観測になりますのでそれなりに用意するものがあります。

本格的に観測や撮影したい時はご覧くださいね。

2018年ペルセウス座流星群の観測まとめ

ペルセウス座流星群に限った事ではないのですが…

検索で来訪いただく方は「特定のキーワード」の場合が多く、さらにリンクしているにも関わらず目的であろう投稿にはたどり着かない。

ちゃんと読んでくれている方は、順番にきっちり読んでいただいた形跡もありますが、そうでない方の方が多いですね。

検索する側からすれば「私も同様」ですが、思ってもいないキーワードで検索するものです。

一見無駄に見える記事も更新しておかなければ…

という事でこの投稿もアップしていますが、内容が重複すると問題も出てくるので、できる限り書き方も変えなければならないという…

ブログの書き方も変えるとイメージも変わりますが、致し方ない現状ですね。

では、上記までたどらずに済むように、2018年ペルセウス座流星群の観測や撮影に関連する記事をまとめておきましょう。

当ブログを回遊していただくともしかしたら気に入った撮影地や撮影方法があるかもしれません。

お時間のある時にでもゆっくりご覧ください。