星景天体撮影方法や撮影地・画像の補正と加工に役立つ索引!天の川・流星群・月の撮影に

星景天体撮影方法や撮影地・画像の補正と加工に役立つ索引!天の川・流星群・月の撮影に

星景天体撮影方法と撮影地

天体の撮影は一度は撮ってみたい被写体です。

天体の撮影と言っても様々で、天体望遠鏡での観測撮影や星景写真(星野写真)を撮る方…など撮影方法も観測方法も異なります。

写真を楽しむブログ 撮影アイテム紹介 写真ブログにようこそ!

当ブログはいつの間にか星の撮影や天の川の撮影、月の撮影などの記事が増えてしまいました。

天体関連の記事へのアクセスも増えていますが、欲しい内容にどうしても行き着かない場合もあります。

自分でも分からなくなってきているので索引ページとして記載しておこうと思いました。

記事へのリンクページになりますので、気になるページへとお進みください。

この記事は天体撮影方法の記事の索引になります。
[sponsor PR]
連休の予定はお早めに!
【Booking.com】世界のホテル割引予約

天体の撮影

天体と言っても星や月には限りませんが、ここでは月と星のに関する撮影方法や撮影地、撮影した画像の処理などの参考になる記事をピックアップしてご紹介する索引ページです。

天体の撮影に関わる記事が投稿されましたら、追記しておきますので、たまに見るともしかしたら増えているかもしれません。

星や月の撮影関連

星を撮影する方法と月を撮影する方法は、全く異なりますので分ける必要がありますが、出没日時や方角などは同様になりますので天の川や月にこだわらずご覧になってみてください。

星や天の川撮影方法

ある程度撮影をしている方にとれば星を撮影するのは簡単です。星の中でも一度は写してみたい天の川も同様です。

星を撮影することができれば、同じ星の集まりでもある天の川も撮影できます。毎年同じ時期に発生する流星群の撮影も同様です。

天の川の撮影方法は?

一眼レフでの天の川の撮影方法を記載しています。比較的一般的に使われている価格帯の一眼レフでも天の川は撮影できます。

天の川はどこで見える?天の川の撮影方法は?天の川の方向は?この記事は星空や天の川の撮影方法をご紹介します。星景写真になりますので赤道儀を使った天の川の撮影方法ではありません。対応するカメラさえあれば、天の川の撮影は比較的簡単です。方角を知り撮影に挑戦しましょう!

天の川の撮影時のカメラの設定に関する補足記事になります。

カメラの性能が上がって、天の川の撮影も容易になってきます。天の川の撮影はこの設定で撮れる!というのはケースバイケース。今撮影している環境と自分のカメラやレンズの性能を知って天の川の撮影に挑みましょう!使っているカメラのグレードやレンズ、あるいは撮影環境による様々なケースがありますので「天の川はこの設定で必ず撮れる!」という事はありません。「天の川の撮影方法」の補足記事として、天の川撮影時のカメラの設定の違いなどをご紹介したいと思います。

天の川は現像も大変!現像方法の一例です。

天の川を撮影したら次の楽しみは「現像」ですね。デジタル写真の現像は、様々な方法やテクニックがあります。被写体によって現像の方法やコツは異なりますが、天の川の撮影後の現像も様々です。天の川を撮影しようとする方はjpegで撮影する事は無いと思いますので基本はRAWデータからの現像になります。天の川という被写体の場合、撮影した時の環境によって霞んでいたりクッキリしていたり、明るかったり暗かったりと撮影時の状況が異なります。
流星群の撮影方法は?

流星群の撮影は天の川の撮影と同じですが、ちょっとした撮影方法の違いで流星群を撮影する確率も増えます。

流星群はいつ見れる?流星群はどこで見える?流星群は撮影できる?スマホでも流星群を撮れる?星空を見上げて流れ星が見えると、ちょっとラッキーな気がしませんか?一晩に流れ星がたくさん見える「流星群」が見える夜が年に数回あります。流星群は毎年同時期にそれぞれの流星群が見れます。流星群の撮影方法とコツなどをご紹介したいと思います。流星群を撮影するには一眼レフやミラーレスカメラ、コンデジなどで撮影できますが、アプリの利用などでスマホでも撮影可能です。

撮影計画やアイテム

天体の撮影をしよう!と思ったらいつ撮る?という撮影計画も必要です。

できれば撮影できる確率が高い日に!撮影できる場所で!撮影したいですね?

天の川が見える日時は?
2018年の年間で天の川が見やすい日時をご紹介しています。月ごとにご紹介していますので天の川の撮影計画に役立ててみてください。
2018年版天の川の撮影・観測用に月別の天の川撮影計画記事を掲載開始しました。こちらは、2018年の月ごとの天の川の方角や撮影日時を掲載した記事の索引ページになります。2018年の天の川撮影に適した「月別の天の川撮影候補日」をまとめておきます。

多くの方が特に気になるのは7月のようです。

2018年7月の天の川の方向や位置は?7月の天の川は何時頃見えるのか?七夕の7月7日は天の川が見える?2018年は久しぶりに七夕の日に天の川がよく見えそうですね。七夕には日没以降23時過ぎまで天の川が見えます。七夕の天の川が見えると言うことは、織姫星(ベガ)と彦星(アルタイル)を探してみよう!織姫星は「こと座」の「ベガ」彦星は「わし座」の「アルタイル」になります。
流星群はいつ見える?

流星群は毎年同じ時期に観測することができます。若干日にちのズレや月の関係で観測しにくい場合もありますが、どのような流星群がいつ頃見えるか?をご紹介しています。

流星群は毎年特定の時期に観測することができます。普段星空を観測しない人たちも、流星群の時期には気になる事も多いのではないでしょうか?どのような流星群があって、どの時期に見えるのか?毎年恒例の流星群をチェックしてみましょう!

役立つサイトやアプリ

天体の撮影には便利なアプリやサイトがあります。ツールを使って「いつ撮る?」を計画する事で「行き損」を減らす事ができます。

現在や撮影地の天の川の位置は?

撮影を予定している日時に天の川はどの方向にあるのだろう?前述の「月ごとの天の川の観測日時」には掲載されていない日の天の川の位置を見てみたい。

指定した場所の正確な日時を調べたい!

星景写真や天体写真を撮影したり鑑賞する為にとっても便利なスマホアプリをご紹介します。StarWalk(スターウォーク)というスマホアプリです。StarWalk(スターウォーク)は天体観測アプリとしては代表的な存在のアプリ。星景写真の撮影時に使用しています。
StarWalk2は何ができるアプリ?StarWalk2とStarWalkの違いは?StarWalk2の無料版と有料版のおススメは?StarWalk2は星の観測や撮影のために星座の方角や位置などをリアルタイムおよび任意の日時で見ることができるアプリです。星や星座だけでなく、天体に関する情報なども配信、星空の観測や星空の撮影などにも便利なアプリと言えるでしょう。

※starwalk2はstarwalkの後期版になり同じ機能ですがスタイルや内容が異なります。

今日や撮影日の雲の発生は?

わざわざ撮影地へ出向いても現地が雲で覆われていては何しに行ったのか分かりませんね?

撮影地の天候や雲の様子を事前に知って出かけましょう!

朝日や夕日の撮影地の雲の様子は?星の撮影地で天の川は見えるのか?撮影日の雲の様子が知りたい!風景撮影をし始めると、撮影地の天候状態を事前にチェックするのは必要不可欠ですね?撮影地に行ってみたら雲に覆われて何も撮れなかった…遠くまで出かけて撮影できなかった事は多々あります。撮影地の天候を知るのは風景写真家の事前調査として行うことのひとつですね。

※scwはアプリではなくサイトのサービスになりますがスマホでも使える便利ものです。

撮影日の雲の様子は大変気になります!通常の天気予報では解らなかったりする雲の様子。PCの場合はGPV気象予報などでチェックしますが、撮影地など外出先で雲の様子をチェックできるアプリ、WeatherMap+(ウェザーマップ プラス)をご紹介します。

※上記のscwのサービスがあるためweathermap+を使用する必要はありませんが、比べるために入れておいても良いアプリです。

撮影日の月の形や出没時間は?

星を撮影するためには月の関係も重要ですね?

月の満ち欠けである月齢は月の撮影をする人は必ずチェックします。月齢アプリケーションでも人気のあるDianaと月読君をご紹介します。月を風景と撮影する時その日の月を都合で知った方が月の撮影に役立ちます。月の撮影計画がある時に使う便利アプリ。
[sponsor PR]
[厳選ショップ]

流星群や天の川の撮影地

どこに行けば星の撮影や天の川の撮影ができるのでしょうか?

市街地では明るい星が見えても天の川までは目視できませんね?もっとたくさんの星や天の川を撮影したい!

実際に満点のごしや天の川を撮影した事がある関東近郊の天の川の観測地をご紹介します。

群馬県内の天の川の撮影地は?

群馬県は各地で天の川が撮影できます。よく撮影に行きますが、ご紹介する撮影地がお気に入りで限られているのが残念です。

星景天体撮影方法や撮影地・画像の補正と加工に役立つ索引!天の川・流星群・月の撮影に

星景天体撮影方法と撮影地

国道292号線にある日本国道最高地点の渋峠(しぶとうげ)へのアクセスと渋峠からの撮影攻略です。群馬県と長野県を結ぶ国道292号線に日本国道最高地点があります。渋峠からの景色の良さは一度訪れれば実感できるでしょう。
朝から夜まで…あるいは夜から朝まで…目一杯風景撮影三昧できる群馬県の草津白根。お気に入りの撮影地の五本の指に入る撮影ポイントです。なんと言っても、雲海からの朝日や朝焼け、夜になれば満天の星の下での天の川の撮影…昼は軽く草津白根山(くさつしらねさん)への登山やハイキング。

※草津白根方面は火山活動の関係で立ち入りが制限されている場合がありますので記事内で紹介している気象庁のニュースもチェックしてください。

星空の撮影にも出かけたくなる時期ですが、星空の撮影は初めてでどこに行けば良いか分からない…そんな天体撮影ビギナーさんは、星空の風景撮影地を選ぶのも迷います。東京からも比較的アクセスしやすい星空撮影スポットである「群馬県立ぐんま天文台」をご紹介しましょう。
群馬県には日の出撮影スポットがたくさんあります。雲海は撮れるし星空も綺麗な群馬県。榛名湖の榛名富士から見える日の出をぜひご覧ください。榛名湖から見える榛名富士はとても良い景色です。特に日の出前の榛名富士は榛名湖に映る美しい風景が楽しめます。
静岡県内の天の川の撮影地は?

静岡県は天の川の撮影ができる場所がたくさんありますが、特に伊豆半島は光害が少ない地域としてお勧めできます。

また富士山があることで高地での撮影は星空を近くに感じられます。

富士山周辺

星景天体撮影方法や撮影地・画像の補正と加工に役立つ索引!天の川・流星群・月の撮影に

星景天体撮影方法と撮影地

東京から近い星空撮影スポットはどこ?天の川の撮影はどこでできる?車の近くで気軽に星を撮影できる所は?東京から比較的近い富士山エリアは星空の撮影に最適ですね。東京から楽にアクセスできても登山したり撮影地まで歩くのイヤ!マイカーから降りてすぐに星空を撮影したい!西臼塚駐車場なら車のそばで撮影できるし、寒くなったら車からリモコンで撮影できますね。
ペルセウス座流星群はどこで見える?満天の星が見えるスポットは?天の川も撮影してみたい!8月の天の川やペルセウス座流星群は観測しやすい気候のため被写体として人気ですね!天の川やペルセウス座流星群をどこで撮影や観測ができるのでしょうか?東京からのペルセウス座流星群や天の川の撮影地として比較的楽にアクセスできる場所として富士山御殿場口新五合目がおススメです!
富士山が撮影できる湖は富士五湖だけではありません。富士山の美しい形を撮影できる静岡県の田貫湖、ダイヤモンド富士の時期は沢山のカメラマンが集まる撮影地です。田貫湖は朝だけでなく夜の星空もきれいな場所です。朝焼け撮影や星空撮影に…撮影しやすい田貫湖へ富士山を撮りに行ってみてください。

伊豆半島

星景天体撮影方法や撮影地・画像の補正と加工に役立つ索引!天の川・流星群・月の撮影に

星景天体撮影方法と撮影地

毎年年末のふたご座流星群。締めくくりの天体撮影にふたご座流星群を撮るのが年中行事。万全でない年もありますが、2017年のふたご座流星群は期待できそうです。早くから2017年のふたご座流星群の観測計画を立てている人も多いでしょう。
伊豆半島のほぼ中央にある西天城高原。伊豆の西側が開けた美しい景色が見える絶景地。西天城高原では美しい天の川が観測・撮影できるスポットです。伊豆半島は星空撮影のベストスポット。夏から秋にかけて天の川も美しい観光にもドライブにも良い場所です。
伊豆半島の南端にある石廊崎の「あいあい岬」からの夕日も素敵です。比較的季節も問わずに素晴らしい夕日が見れるスポットとして観光客にも人気のポイントでもあります。あいあい岬は、海と夕焼けを撮影するには絶好の場所です
星景天体撮影方法や撮影地・画像の補正と加工に役立つ索引!天の川・流星群・月の撮影に

星景天体撮影方法と撮影地

伊豆半島の下田から「大浜」下田は朝日の撮影に適した場所がたくさん存在します。その中でも砂浜の海岸は素敵な波打ち際と岩礁などが撮影できる大浜は魅力的です。
静岡県の伊豆半島、下田にある爪木崎をご案内いたします。爪木崎(つめきさき)は下田からも、ほど近く観光にも良いところ。爪木崎付近では須崎の御用邸が有名ですね。そんな爪木崎は、伊豆半島の朝日の撮影ポイントの一つでもあります。
長野県内の天の川の撮影地は?

長野県は星空が美しい場所がたくさんあります。山間部は満点の星の宝庫ですね?

人気の被写体「富士山」を撮影する撮影スポットのひとつ。雲海と富士山を撮影したり、夜景と共に富士山を撮影できる素晴らしいロケーションの撮影スポット高ボッチ高原です。
冬景色を撮影してみたい。アクセスし易いのはスキー場になりますが、スキー場もある霧ヶ峰のビーナスラインは雪景色を楽しめる冬の絶景地。霧氷や雪原や雲海も撮影でき美しい風景が堪能できるエリアです。夏も美しい景色ですが冬のビーナスラインも見逃せません。

※長野県内は星空撮影の宝庫でありながら撮影に出向いていないため記事が少ないですが、山間部ならどこでも撮影できそうな地域です。

山梨県内の天の川の撮影地は?

山梨県も富士山があるため、富士山と天の川など人気スポットの宝庫です。

星景天体撮影方法や撮影地・画像の補正と加工に役立つ索引!天の川・流星群・月の撮影に

星景天体撮影方法と撮影地

山梨県の富士五湖の一つ「本栖湖(もとすこ)」のご紹介です。本栖湖と富士山を撮影する富士山ファンはたくさん居ますね。富士山を撮影するカメラマンで本栖湖を外す人は居ない。
富士五湖でも代表的な湖の山中湖。山中湖は大学生がたくさん集まる合宿所があるリゾート地でもありますね。山中湖は夏だけでなく四季を問わず富士山の撮影に良い富士山撮影スポットです。裾野から続く富士山が望めるのも山中湖ならバッチリ!四季も昼夜も問わず美しい富士山の撮影に出かけましょう!
富士山の撮影スポットの一つ、山梨県にある甘利山(あまりやま)のご紹介です。甘利山から富士山を撮られる方も多い富士山撮影ポイント!甘利山からの景色は一度見たらやみつきになる位です。

※富士五湖ならどこでも撮れますが、実際に撮影した場所をご紹介しています。昇仙峡など富士山から離れた場所も候補として挙げたいですね。

福島県内の天の川の撮影地は?

福島県に出向く事が少ないのでご紹介する撮影地が乏しいですが、何度も出向いているのがこの場所です。

ペルセウス座流星群はどこで撮る?福島県山奥の流星群撮影スポット「田子倉ダム」眼下に見える田子倉発電所も見応えあり!夏のお盆前後の天体イベントであるペルセウス流星群。毎年ペルセウス座流星群の撮影地に迷っていませんか?福島県只見エリアは、星空が美しい星の撮影スポットです。只見から少し登った山間部にある田子倉ダムは、星の撮影に適したおススメ撮影地です。
その他の天の川の撮影地は?

一度気にいると何度か通ってしまうため新天地へと出向けませんが、栃木県の日光近辺や那須、茨城県の山間部も同様に天の川の撮影に適しています。

月の撮影

月の撮影は、星や天の川の撮影方法とは少し異なります。

星よりも月の方が撮影しやすい被写体ではありますが、撮り始めると意外に難しいものです。

星のある風景を撮影するための色々な月の撮影ノウハウを手に入れてください。

月の撮影方法

月をアップで撮ったり風景と一緒に撮ったり、月の撮影にはシチュエーションに応じた撮影方法があります。

月の欠け具合も月の撮影の魅力でしょう。

月の撮影方法〜月のアップ編〜雲を入れた構図で雰囲気作りを!クレーターもくっきりと!

星景天体撮影方法と撮影地

月の撮影をしてみたい!月の撮り方は?月が明るく見えている夜、空を見ていると月が出ている…ふと月を撮ってみたいと思ったりすることもありますね。こちらは月をアップに撮影する撮り方になります。月の撮影は簡単なようで難しく、難しいようで簡単…と、矛盾するような事ですが、単に月そのものを撮影するのは適正な望遠レンズがあれば撮影できます。
夜景や夜空を撮り始めると、月を撮りたくなってくるもの…月は一つしかないのに、いつも違う表情で夜空にあります。たった1日違っても…昨夜と同じものも撮れませんね。月の撮影といっても、いろいろな撮影方法があります。そんな月を撮影する事について触れてみたいと思います。
細い月の時に薄く見えている月は地球照と呼ばれています。地球照とはどのような現象なのでしょうか?地球照とは、地球の光が月に照らされて月の影の部分が薄く見えている現象です。地球照の月を撮影してみましょう!デジカメでもスマホでも地球照を撮影できます。
月の中に被写体を入れて撮影したり月と絡めて何かを表したりする撮影は一度は撮ってみたいものですね。今回は前者の月の中に何かを入れて撮影する方法です。月の中に何か?あまり近くに無い物でしたら何でも良いですが今回は月の中に飛行機を入れて撮影してみましょう。
月のインターバル撮影について、しっかりまとまっていないのでこちらでご紹介する事にいたしました。色々な記事でバラバラに書いておりますので中途半端。こちらでは月に関してのインターバル撮影の撮影方法をまとめます。月を連続写真で撮りたい。月食の様子を連続写真で撮りたい。
[sponsor PR]
[厳選ショップ]
専門店だからできる!壊れたカメラでも買取!
事前査定では個人情報不要!

月の撮影に便利なアプリ

月の撮影は月の形や角度を知ると色々な月ある風景が撮影できます。

スーパームーンとスカイツリーなど場所を特定して撮影している写真や映像をニュースなどで見た事があると思いますが、そのような写真や映像はちゃんと計算して撮影地を設定しています。

今日や指定日の月の形や出没時間は?

月の満ち欠けは周期を知ればおのずとわかりますが月が出たり沈む時間は、普段ならあまり気になりませんね?

月の満ち欠けである月齢は月の撮影をする人は必ずチェックします。月齢アプリケーションでも人気のあるDianaと月読君をご紹介します。月を風景と撮影する時その日の月を都合で知った方が月の撮影に役立ちます。月の撮影計画がある時に使う便利アプリ。
SunSurveyor(サンサーベイヤー)は太陽・月の出入りと起動を表示します。便利な使い方としては月のインターバル撮影の計画。月の日周運動を撮影するのに最適なスマホアプリと言えます。SunSurveyorは日の出、日の入り、月の出、月の入りの撮影に便利です。

画像の補正と加工

星や天の川、月の撮影をしたらどのように作品として残そうか?

通常撮影したものは、1枚の画像として作品に残りますが、ものによっては加工したり合成することでさらに作品として生まれ変わります。

ちょっとした設定違いで失敗してしまった写真も少し補正するだけで見える画像もたくさんあります。

また画像だけでなく映像化する事で作品も違った形で見る事ができますね?

写真が白っぽいのを直したい!霞んだ風景写真をクリアにしたい!風景を撮影していると天候によるコンディションで悪条件の時も多々あります。霞んでいる写真を撮りたいのであれば問題ありませんが、霞んでるのが邪魔な時も多いでしょう。そんなコンディションで撮影した写真が現像によってクリアになります。

インターバル撮影した写真を比較明合成(コンポジット)で!

StarStaXは複数の写真を合成して1枚にするアプリです。インターバルで撮影した写真を合成してみよう!地球の自転による星や月の軌跡から応用作品までご紹介します。インターバルで撮影した複数の写真を合成して1枚の写真として作品にしてみましょう!今回はコンポジット(比較明合成)用の無料アプリ「StarStaX」を使用した比較明合成の方法と作品作りのコツをご紹介しましょう!StarStaXはMacでもWin、Linuxでも利用することができます。

比較明合成(コンポジット)作品をアレンジしてみよう!

どんな時にインターバル撮影する?インターバル撮影した画像はどう使う?比較明合成(コンポジット)の方法は?星の軌跡を撮ってみたい!星空を撮影する時にインターバル撮影することはよくある事ですね?特に有効な星空のインターバル撮影は「流星群の撮影」ですね。インターバル撮影方法は、インターバル撮影できるカメラ、あるいはインターバル撮影できるリモコンが必要になります。

インターバル撮影した写真を映像に!タイムラプスへ変換!

タイムラプスが作れるアプリPanolapseを実際に使ってみて検証してみたいと思います。一眼レフやミラーレスで撮影したインターバル写真を動画にしたい!簡単にタイムラプス動画を作れるソフトは?無料のPanolapse、タイムラプス動画作成アプリの使い勝手は?今ならスマホの方がタイムラプスは作りやすいですね。

天体の撮影のまとめ

この記事自体が索引になるページとして作成していますので、完結する記事ではありませんがキーワード検索や記事内のリンクを辿ってもなかなか見当たらない内容もあります。

できる限り求めている記事にたどり着きやすいようにと考えてはいますが、なかなか難しいのが現状です。

またweb検索も同様で、「天の川の位置」と検索しても「今の天の川の位置」が知りたいのか「天の川の位置」がどのように変わっているのか?など知りたい事も様々です。

訪問者がどのようなキーワードで

どの記事をご覧になっているか?は知る事ができる場合もありますが、50%くらいの方はもしかしたら「知りたい事=到達した記事」にはならないかもしれません。

そもそも検索に掛からなければ埋もれた記事になってしまいますけど…

一度icon-checkしたら押さないで〜シェアはFボタン!

ブログが気に入ったら
いいね ! してね