天の川が見たい撮りたい!いつどこで見れる?天の川撮影方法!星空や天の川の観測と撮影

天の川が見たい撮りたい!いつどこで見れる?天の川撮影方法!星空や天の川の観測と撮影
天の川撮影方法

星空や天の川の撮影方法をご紹介します。
ここでご案内するのは「星景写真」になります。
赤道儀を使った撮影方法ではありません。

写真を楽しむブログ 撮影地撮影方法紹介 写真ブログにようこそ!

春から夏にかけて天の川の撮影が楽しくなる時期です。

ある程度カメラをいじった事がある方は天の川の撮影はとても簡単な事です。
対応するカメラさえあれば、天の川を撮影する事ができます。

リンク先をクリックすると撮影地の案内などがご覧頂けます。

いずれも著者が撮影した写真になります。

広告

天の川の撮影方法

星空や天の川は一度は撮ってみたい題材ですね。ぜひ天の川の撮影に超戦してください。

はじめに

この記事は天の川の撮影方法を記載していますが、天の川の観測・撮影地も紹介しています。
天の川の観測・撮影地は最終ページになります。

天体の撮影は天の川・流星群・月など被写体によってもカメラの設定やコツが異なります。

撮影方法のブログ内記事リンク紹介がありますので見逃さないでください。

天の川の撮影地記事が目的の場合は撮影方法は読み飛ばしていただき記事下をご覧ください。

天の川の撮影準備

天の川を撮影するには適したカメラが必要です。

最近はどんどんカメラの機能が良くなっていますので一概には言えなくなっている内容もありますのでご了承ください。

天の川が撮影できるカメラは?
○一眼レフ(付属の標準レンズで可)
○ミラーレスカメラ
○コンパクトデジタルカメラ
備考:いずれもマニュアル操作が可能なカメラが必要です。上位機種や最新のカメラであればミラーレス・コンデジでも撮影可能。逆に一眼レフでも古いカメラなど対応できない場合があります。
装着するレンズは?
○標準レンズ
○広角レンズ
○魚眼レンズ
備考:魚眼レンズ・広角レンズはダイナミックな天の川が撮影できます。レンズは明るいに越した事はありませんがf3.5でも撮影可能です。
 用意する周辺機器は?
○三脚
○レリーズ・リモコン
備考:カメラのシャッターに直接触れるとその時点でブレます。特に軽いカメラや小さいカメラは絶対にリモコンやレリーズをご使用ください。無いのであれば「タイマー撮影」でセルフタイマーを使用して撮影してください。レリーズやリモコンが無い場合でも撮影できます。

天の川の撮影地の選定

星は見えても天の川は見れない。そのような場所がほとんどです。

天の川が見える確率の高い場所に行く事が必要。

関東の場合は、神奈川県・千葉県・茨城県などは海岸線でも撮影可能です。

埼玉県・群馬県・栃木県・山梨県などは山間部になりますが、できるだけ高所で光害が少ない所が望ましい。

下記で紹介していますが、私の実家では庭からも撮影できました。(すごい田舎かも)

このような事を考えると、国内全県で天の川の観測ができることになります。

比較的光害が少ない地域とは?

[天体観測マップ-光害マップ]では、国内の光害の様子が紹介されています。

上記サイトなどを参考に光害の少ない場所を選びます。

広告

[夜景の見える温泉宿:楽天トラベル]

天の川の撮影時期

天の川の撮影は季節や時間、方角によって異なります。
いつも同じ方向にある訳ではありませんのでそれなりの調査が必要です。

例えば下記の記事のようにその年の月によって異なります。

任意の年月や時間による天の川の方角などを知るには下記の記事などもご参考ください。

天の川がその方向にあるからといって見えるとは限りません。

月によって空が明るくなり天の川自体は見えない状態になっていますので月が出ていない時間を選ぶ必要があります。

月の出現時間などもチェックする必要があります。

天候と雲の様子

天の川を撮影する日を決めたら当日の天気や雲の様子が気になります。

アプリなどを使って雲の様子をご確認ください。
このようなアプリは前日と当日のチェックにご使用ください。

では実際に、天の川の撮影に適したカメラの設定をして撮影をしてみましょう!

カメラ設定・天の川撮影地→次ページ以降