this post is 84,485 views

天の川が見たい撮りたい!いつどこで見れる?天の川撮影方法!星空や天の川の観測と撮影

星空や天の川の撮影方法をご紹介します。
ここでご案内するのは「星景写真」になります。
赤道儀を使った撮影方法ではありません。

写真を楽しむブログ[撮影地撮影方法紹介の写真ブログ]にようこそ!

春から夏にかけて天の川の撮影が楽しくなる時期です。

ある程度カメラをいじった事がある方は天の川の撮影はとても簡単な事です。
対応するカメラさえあれば、天の川を撮影する事ができます。

参照元のタイトルをクリックすると撮影時の様子と複数の写真ががご覧頂けます。

いずれも著者が撮影した写真になります。

[sponsor PR]
連休の予定はお早めに!
【Booking.com】世界のホテル割引予約

天の川の撮影方法

星空や天の川は一度は撮ってみたい題材ですね。

天の川の撮影方法は、もともと風景写真ブログ[空と海…繋がる世界]の
[天の川の撮影方法]でご紹介しておりましたが
かなり雑に書いておりますので、この記事で新しくまとめています。

天の川の撮影準備

天の川を撮影するには適したカメラが必要です。
最近はどんどんカメラの機能が良くなっていますので
一概には言えなくなっている内容もありますのでご了承ください。

天の川が撮影できるカメラは?
○一眼レフ(付属の標準レンズで可)
○ミラーレスカメラ
○コンパクトデジタルカメラ
備考:いずれもマニュアル操作が可能なカメラが必要です。上位機種や最新のカメラであればミラーレス・コンデジでも撮影可能。逆に一眼レフでも古いカメラなど対応できない場合があります。
装着するレンズは?
○標準レンズ
○広角レンズ
○魚眼レンズ
備考:魚眼レンズ・広角レンズはダイナミックな天の川が撮影できます。レンズは明るいに越した事はありませんがf3.5でも撮影可能です。
 用意する周辺機器は?
○三脚
○レリーズ・リモコン
備考:カメラのシャッターに直接触れるとその時点でブレます。特に軽いカメラや小さいカメラは絶対にリモコンやレリーズをご使用ください。もし、無いのであれば「タイマー撮影」でセルフタイマーを使用して撮影してください。レリーズやリモコンが無い場合でも撮影できます。

天の川の撮影地の選定

星は見えても天の川は見れない。そのような場所がほとんどです。

天の川が見える確率の高い場所に行く事が必要。

関東の場合は、神奈川県・千葉県などは海岸線でも撮影可能です。

埼玉県・群馬県・茨城県・栃木県および山梨県などは
山間部になりますが、できるだけ高所で光害が少ない所が望ましい。

このような事を考えると、国内全県で天の川の観測ができることになります。

比較的光害が少ない地域とは?

[天体観測マップ-光害マップ]では、国内の光害の様子が紹介されています。

上記サイトなどを参考に光害の少ない場所を選びます。

上記の画像の撮影地もご紹介しています。

国道292号線にある日本国道最高地点の渋峠(しぶとうげ)へのアクセスと渋峠からの撮影攻略です。群馬県と長野県を結ぶ国道292号線に日本国道最高地点があります。渋峠からの景色の良さは一度訪れれば実感できるでしょう。
[sponsor PR]
[厳選ショップ]

天の川の撮影時期

天の川の撮影は季節や時間、方角によって異なります。
いつも同じ方向にある訳ではありませんのでそれなりの調査が必要です。

例えば下記の記事のようにその年の月によって異なります。

天の川の撮影攻略で訪れる方は、まだまだ多いようですが「いったいいつ撮れるのか?」という検索が非常に多い。本来ならリンク先のデータを収集して、計画して欲しいのだがもう少しだけヒントを提供しても良いのではないか?
2018年1月の天の川の方向や位置は?1月の天の川は何時に見えるのか?2018年1月の天の川の撮影や観測に適した日時は?2018年1月に絞って星空の撮影や観測に適した日時を紹介。1月の月の出や月の入り、日の出や日の入りの表を参考に撮影計画!

任意の年月や時間による天の川の方角などを知るには下記の記事などもご参考ください。

星景写真や天体写真を撮影したり鑑賞する為にとっても便利なスマホアプリをご紹介します。StarWalk(スターウォーク)というスマホアプリです。StarWalk(スターウォーク)は天体観測アプリとしては代表的な存在のアプリ。星景写真の撮影時に使用しています。

天の川がその方向にあるからといって見えるとは限りません。

月によって空が明るくなり天の川自体は見えない状態になっていますので
月が出ていない時間を選ぶ必要があります。

月の出現時間などもチェックする必要があります。

月の満ち欠けである月齢は月の撮影をする人は必ずチェックします。月齢アプリケーションでも人気のあるDianaと月読君をご紹介します。月を風景と撮影する時その日の月を都合で知った方が月の撮影に役立ちます。月の撮影計画がある時に使う便利アプリ。

天候と雲の様子

天の川を撮影する日を決めたら当日の天気や雲の様子が気になります。

[GPV気象予報]やアプリを使って雲の様子をご確認ください。
このようなアプリは前日と当日のチェックにご使用ください。

撮影日の雲の様子は大変気になります!通常の天気予報では解らなかったりする雲の様子。PCの場合はGPV気象予報などでチェックしますが、撮影地など外出先で雲の様子をチェックできるアプリ、WeatherMap+(ウェザーマップ プラス)をご紹介します。

天の川の撮影 実践

撮影機材の準備が整い撮影地の選定と、ある程度の撮影日が決定したら
いよいよ天の川を撮影するためのカメラの設定です。

カメラの設定

ISO1600〜6400、絞りf3.5以下、
シャッタースピード10〜30程度が目安になる設定。

※使用レンズによって異なりますので上記範囲の設定ができれば撮影できます。

icon-caret-right 例)ISO4500、絞りf3.5、シャッタースピード20秒…など

空の明るさによってもカメラの設定が変わりますので
ISOやシャッタースピードの調整をしながら、
何枚か撮影して一番良く撮れているデータを探してください。

この数値なら撮影できるというものがありません。
撮影地の状態や空の明るさなど、様々な設定で試してみてください。

試験的にカメラ設定した記事がありますのでご参考にしてください。

天の川の撮影時、絞り・シャッタースピード…とそれぞれの設定を変えて撮影したものを比較してみました。今回はISO値は同じで絞りとシャッタースピードを変えたもので比較。

ピント合わせ

無限遠に合わせてもレンズによってはピントが合っていません。

無限遠にして撮影しましょう!という方も居ますが、
無限遠のマークは広いので止まるまで回してもピントは合いません

レンズによって無限遠で合うピントの位置は異なりますので、安心しないでください。

遠くに光があるなら、遠くの外灯などにピントを合わせるか、
少しずつピントをずらしながら試し撮りしてピントがあっているところで撮影します。

[sponsor PR]
[厳選ショップ]
専門店だからできる!壊れたカメラでも買取!
事前査定では個人情報不要!

天の川の撮影地 参考記事

これまで天の川の撮影をした撮影地の情報記事もご参考にご覧ください。
その場所で撮影した天の川の写真なども参考になると思います。

手軽な赤道儀で星空を撮影しよう!ポータブル赤道儀[スカイメモS]ケンコー・トキナより

icon-camera 伊豆半島

伊豆半島の南端にある石廊崎の「あいあい岬」からの夕日も素敵です。比較的季節も問わずに素晴らしい夕日が見れるスポットとして観光客にも人気のポイントでもあります。あいあい岬は、海と夕焼けを撮影するには絶好の場所です
伊豆半島の下田から「大浜」下田は朝日の撮影に適した場所がたくさん存在します。その中でも砂浜の海岸は素敵な波打ち際と岩礁などが撮影できる大浜は魅力的です。
伊豆半島のほぼ中央にある西天城高原。伊豆の西側が開けた美しい景色が見える絶景地。西天城高原では美しい天の川が観測・撮影できるスポットです。伊豆半島は星空撮影のベストスポット。夏から秋にかけて天の川も美しい観光にもドライブにも良い場所です。

icon-camera 志賀高原方面

朝から夜まで…あるいは夜から朝まで…目一杯風景撮影三昧できる群馬県の草津白根。お気に入りの撮影地の五本の指に入る撮影ポイントです。なんと言っても、雲海からの朝日や朝焼け、夜になれば満天の星の下での天の川の撮影…昼は軽く草津白根山(くさつしらねさん)への登山やハイキング。
国道292号線にある日本国道最高地点の渋峠(しぶとうげ)へのアクセスと渋峠からの撮影攻略です。群馬県と長野県を結ぶ国道292号線に日本国道最高地点があります。渋峠からの景色の良さは一度訪れれば実感できるでしょう。

icon-camera 埼玉県秩父

埼玉県と山梨県の県境近くにあるループ橋。その名も「雷電廿六木橋(らいでんとどろきばし)」なんともカッコイイ名前のループ橋である。高さやダイナミックな橋梁が見える場所は数々ありますが秩父のループ橋雷電廿六木橋もそのひとつです。

icon-camera 神奈川県城ヶ島

神奈川県三浦半島にある城ヶ島(じょうがしま)は神奈川県の中でも夕日が綺麗な場所として有名です。相模湾から見る夕日や夕焼けはとても美しく、神奈川県の相模湾沿いなら素敵な夕焼けや夕日が見られます。

※当ブログ内で天の川の撮影地記事が掲載されましたら随時追記します。

星空や天の川の撮影 応用編

天の川が撮れたら、色々応用してみましょう!

例えば天の川と人を撮影したり、車やバイクと星空を撮影したり…
参照の写真も、建物が明るいため、建物も見えていてなおかつ天の川も見えています。

手前の被写体が明るければ、例のように天の川と何かを含めて撮影する事ができます。

一例として下記の記事の写真などをご参考にしてください。

車やバイクと一緒に天の川を撮ろう!

天の川が綺麗に観測できる長野県の峠道。見晴らしが良いだろうと思われる駐車スペースで天の川と車を撮影してみました。今回は緑色の色むらが嫌だったので少し色を落として単色系でアートっぽく現像しています。少し霞んではいますが、綺麗な星空が見えました。

LEDやスピードライトで手前の被写体を明るくしよう!

日本国道最高地点 渋峠にやってきました。国道292号線にある石碑と天の川です。渋峠はよく利用する峠道ですが、日本国道最高地点の石碑がある駐車場での天の川は初めて撮影しました。眼下には芳ヶ平湿原が広がる大変素敵な景観が臨める場所です。

上記の記事のような感じで天の川と一緒に撮影してみましょう!

星空や天の川の撮影関連記事

当ブログで紹介している星空や天の川の撮影に役立つ記事を紹介しておきます。
記事内に紹介している記事は含まれません。

天の川だけでなく天体の撮影として魅力ある流星群の撮影にも挑戦してみましょう。

流星群は毎年特定の時期に観測することができます。普段星空を観測しない人たちも、流星群の時期には気になる事も多いのではないでしょうか?どのような流星群があって、どの時期に見えるのか?毎年恒例の流星群をチェックしてみましょう!
毎年年末のふたご座流星群。締めくくりの天体撮影にふたご座流星群を撮るのが年中行事。万全でない年もありますが、2017年のふたご座流星群は期待できそうです。早くから2017年のふたご座流星群の観測計画を立てている人も多いでしょう。

お手軽な赤道儀!スカイメモSの記事を追加

星空を撮影する為のアイテムと言えば「赤道儀」ですが赤道儀は大げさで高価です。ご紹介するのは、簡易型赤道儀のひとつですが2015年4月21日に発売が決定したポータブル赤道儀「スカイメモS」です。赤道儀を使用すると星だけの撮影になり「星景写真」としては使えなかったりします。

星空を撮影する為の参考書なども検討してみてください。

星空の撮影は、星景写真や天体写真になりますが、一度覚えてしまえば、あとは構図やシチュエーションだけです。しかも、いろいろな応用ができるので、夜景や星空の撮影はぜひ習得したいですね。

その他の外部サイトもご参考に

様々な表情を魅せてくれる天の川を撮影したタイムラプス。天の川を撮影したタイムラプスをご紹介します。雲海に映る夕焼け、闇が訪れると満天の星空が広がる。夜空と湖面に映り込む星空や車のボンネットに映り込む天の川。いろいろなシーンで撮影された天の川のタイムラプス。
七夕と言えば天の川。七夕の夜が晴れるならぜひ天の川を肉眼で見たい。天の川を見たい!撮りたい!そんな事を思った事は無いだろうか?時間限定であるが、七夕の夜に天の川を見る事は可能だ。夜景を撮影したり写真を撮影するのが趣味の方は、天の川を撮影してみたい!というような希望もあるのではないか?

2018年の月ごとの天の川撮影攻略

各月ごとの天の川の撮影のご参考にしてください。

2018年の天の川撮影攻略

天の川の撮影まとめ

天の川の撮影ができる場所は全国にたくさんあります。
また、天の川の撮影方法に関係するブログやサイトもたくさんあります。

実際に撮影してみると分かりますが、
机上の方法を実践しても撮影できるとは限りません。

その場所やその時の気象の環境によっても大きく左右されます。

まずは、準備して調査して天の川の撮影に挑戦してみてください。

カメラとレンズの性能は驚くほど上がっています。
今やスマホでも星空が撮影できますので、
天の川もスマホで撮影できるのでは無いか?と思います。

一度icon-checkしたら押さないで〜シェアはFボタン!

ブログが気に入ったら
いいね ! してね