朝焼けや夕焼けを撮影しよう!赤く染まる空の撮り方とコツは?どこでも撮れる空の風景

朝焼けや夕焼けを撮影しよう!赤く染まる空の撮り方とコツは?どこでも撮れる空の風景
朝焼けと夕焼け撮影

日頃写真を撮る人にとって朝焼けや夕焼けは絶好のシャッターチャンスですね!

朝焼けや夕焼けはスマホでも撮れるので気軽に撮影できる被写体です。

同じ朝焼けや夕焼けの空を撮影しても色合いが違ったり見た目とは違った風に映ることもありますね?

カメラによっても設定によっても全く違う日の空にも見えます。

写真を楽しむブログ 撮影アイテム紹介 写真ブログにようこそ!

朝焼けや夕焼けを撮影するのに場所はあまり関係ありませんが、目的の撮影地で良い朝焼けや夕焼けに出会えたら撮りに行った甲斐もあります。

朝焼け空や夕焼け空をより綺麗に撮るにはどうしたら良いか?

ちょっとしたアイテムも加えながらおさらいしてみましょう!

広告

朝焼け夕焼けとは?

朝焼け・夕焼けの説明の記事ではありませんが、少しだけ朝焼けや夕焼けの事に触れておきましょう。

朝焼けは英語では「morning glow」と言います。

夕焼けは英語で「evening glow」と言います。

朝焼けの時は天気が崩れる…夕焼けになると明日は晴れる…と言うのを聞いたことがあるかもしれませんね?このような事を「観天望気」と言います。

空の様子や生物の行動によって天気を予想する方法の事を「観天望気」と言いますが、自然を相手にする職業などはかなり気にするようです。

船舶免許を取る際も、このような気象的な「観天望気」を気にするべきとの事を教わりましたが、当たる当たらないは別問題です。

地域によってや現象によっては当たりやすい場合もあるためです。

朝焼け夕焼けはどうしてできるのか?

朝焼けの発生も夕焼けの発生も同じような原理ではありますが、太陽が地平線に近いところに見える時の太陽光線は「最も厚い大気の層」を通過して見えています。

光の中でも「波長の長い赤色」が最後まで残るため赤が見えている。という事です。

波長の長い赤色が見えているため

簡単に言うと上記のようになりますが、光の波長とは?までは説明する必要はないですよね?

朝焼けの撮影

朝焼けはその名の通り「朝」に見えますが、綺麗に見えるのが日の出のちょっと前。

雲の場所にもよりますが日の出直後でも綺麗な朝焼けも見れますが、多いのが日の出前で、そろそろ朝日が昇ってくる時間帯です。

朝焼けの写真

朝焼けの撮影は会社員のような方でも撮影できる時間帯です。

この記事で多く紹介している写真は私の自宅から300m程度の場所からの撮影が主です。

朝早く日の出の時間の1時間半前くらいから東の空を見ていると雲の様子などで「もしかしたら染まるかも?」と思い始めます。

朝焼けや夕焼けを撮影しよう!赤く染まる空の撮り方とコツは?どこでも撮れる空の風景
朝焼けと夕焼け撮影

目的の撮影地へと出かけている時は、真っ暗なうちから待機しますが、家からなら出るか出ないか?は明るくなり始めてからでも遅くはありませんね。

雲が全く無い時は、地平線が朝焼けになっていますが、真上の空まで赤く染まる事はありませんので家にいる時は雲がある時しか興味が無くなります。

朝焼けや夕焼けを撮影しよう!赤く染まる空の撮り方とコツは?どこでも撮れる空の風景
朝焼けと夕焼け撮影

時によってはオレンジ色になり時によっては真っ赤になります。

いずれも雲に色が付いて綺麗な朝焼けを見る事ができます。

朝焼けや夕焼けを撮影しよう!赤く染まる空の撮り方とコツは?どこでも撮れる空の風景
朝焼けと夕焼け撮影

朝焼けになっている時間は、そんなに長くはありません。

「朝焼けだ!」とシャッターを切り始めて30分もすれば終了でしょう。

早ければほんの数分で終わる事もあります。

「綺麗な朝焼けだなぁ〜」と思う事が多いですが、たまには恐ろしい感じがする朝焼けもありますね?

雲の形が細かくモコモコしている時などは天変地異か?地震でも起きるのか?とも思いがちですが、そんな事は無いでしょう。

朝焼けや夕焼けを撮影しよう!赤く染まる空の撮り方とコツは?どこでも撮れる空の風景
朝焼けと夕焼け撮影

ご紹介した朝焼けの写真は最後のものだけが三脚使用です。

その他は手持ちで撮影したものですが、近所ですので三脚を持ってまで撮りに行こうと考えなかっただけの事です。

最後の写真だけ三脚を使っているのは、かなり暗かったためポータブルの三脚を持って出たためです。

夕焼けの撮影

夕焼けの撮影は時間的な関係で誰もが毎日撮れる訳では無いと思います。

夏などはたまたま通勤途中で帰宅中だったという会社勤めの方でも撮影できますが、そうそう毎日撮影は無理ですね。

私はどちらかというと自由に時間を調整できましたのでベランダに定点の三脚を設置しており、カメラはワンタッチで一定方向に設置できるようにしていました。

夕焼けになりそうな時は、カメラを設置して定点撮影していましたが、ごくたまにしか驚くような夕焼けには出会えません。

朝焼け同様に日の入り直後が一番染まります。

日の入りになっていなくても日の入りの方向に高い山などがあり夕日が遮られた頃から徐々に空が染まったりしますので朝焼け同様に雲の感じが重要です。

夕焼けの写真

夕焼けの写真としては1枚目が定点の三脚で撮影したものです。

三脚で固定している場合はNDフィルターをつけています。

朝焼けや夕焼けを撮影しよう!赤く染まる空の撮り方とコツは?どこでも撮れる空の風景
朝焼けと夕焼け撮影

定点のベランダから見えないところで夕焼けがある場合は、朝焼け同様に外へと出かけます。

ほんの50m程度ですが、路地から撮影すればベランダからは見えない方角が見えます。

そんな時は三脚なしの手持ち撮影になります。

朝焼けや夕焼けを撮影しよう!赤く染まる空の撮り方とコツは?どこでも撮れる空の風景
朝焼けと夕焼け撮影

夕焼けも同様に雲がなければ上が青色で地平線に近い所が地平線に沿ってオレンジになっている状態になりますので、とてもシンプルな色合いになりますね。

広告

[夜景が見える露天風呂の宿|楽天]

朝焼けと夕焼けの撮影方法

では、朝焼けや夕焼けを撮影する方法は?という事ですが、朝焼けや夕焼けになっていなければ方法も何もありませんね?

そして撮影の方法なんてあるのでしょうか?

普通にカメラを向けて撮影すれば良いだけですので撮影の方法などと言う大げさなものは無いと思いますよね?

その通りです。

朝焼けも夕焼けも撮影方法は難しくありませんが、より綺麗に撮影する方法はあります。

絞って撮影する事で雲の様子がハッキリしますのである程度絞った方がコントラストもよく出ます。

絞るとシャッタースピードが長くなって手ぶれになる事もありますので手持ちの場合はISOをあげる事になります。

近所の場合であまり三脚を使いたく無い場合はISOを上げて絞る事が多いかもしれませんが、三脚があればいくらでも設定可能ですので三脚撮影がおススメになります。

朝焼けや夕焼けを撮影しよう!赤く染まる空の撮り方とコツは?どこでも撮れる空の風景
朝焼けと夕焼け撮影

同行者がいる場合などはモデルになってもらってシルエットにしても良いですね。

顔や表情も一緒に写したい時はシンクロ撮影になります。わざわざLEDを持っていることも少ないでしょうが、LEDでも大丈夫です。

もし何も光源がない時は、裏技で「スマホ」を使うという手があります。

被写体が近くないと効果的ではありませんがスマホのLEDは結構明るいですね。

ただ被写体があまり近いと空にはピントが合いませんので、なかなか難しいですよ。構図を工夫してみてください。

同様にマイカーと一緒に朝焼けや夕焼けを写したい!など朝焼けや夕焼けと一緒に写したい被写体は様々です。

「夕日と車を写したい!」というのと「夕焼けと車を写したい!」とは違いますので難しいですよね?

また機会があったらご紹介しましょう。説明用の写真が撮れる機会があるか?が記事作成に関わりますので…ご了承ください。

撮影アイテム

撮影アイテムの一つが「三脚」です。できる限り三脚を使用した方が良いでしょう。

NDフィルターを使う

三脚を使用しているならNDフィルターを使うのも考えておいて良いでしょう。景色と撮影するならハーフNDを使うのも有りですね。

朝焼け・夕焼けの撮影地

近所や通過地点でたまたま朝焼けや夕焼けに遭遇した時以外は、朝焼けや夕焼けがより映える場所に出かけたいところです。

私がお勧めするのは「水辺」です。

朝焼けや夕焼けになりそうな時に向かうのは多くが水辺ですが、水辺がある場所の撮影候補地をあらかじめチェックしておくと大変便利です。

アクセスする距離に関わらず、「こんな時はここ!」という撮影地をチェックしておくと、今日の夕方は夕焼けが望めそう!という時に役立ちます。

なぜ水辺かというとリフレクションが期待できるからです。

朝焼けや夕焼けを撮影しよう!赤く染まる空の撮り方とコツは?どこでも撮れる空の風景
朝焼けと夕焼け撮影

水辺で朝焼けや夕焼けを撮影すると上だけでなく下の空間も染まります。

当然のことですが、水辺の方が空が映り込みますので「映り空」が撮れますね!

映り空が撮影できる場所の条件や撮影のコツなどは別記事でご用意しようと考えています。

朝焼け・夕焼け撮影まとめ

朝焼けや夕焼けを撮影しよう!という趣旨ではありますが、朝焼けや夕焼けの撮影のコツという点ではあまり参考にはならなかったかもしれません。

朝焼けや夕焼けを撮影する撮影地のお勧めは「水辺」で、「水辺での映り空」を撮影するコツは?という感じにしようと思っていましたが、長くなりそうですので分ける事にしました。

私の場合…という感じで言えば、雲があって朝焼けや夕焼けになりそうだったら水辺で撮影できる所に向かいますが、雲が無くてシンプルな時は水辺であっても場所が違います。

または、水辺で無くても良いだろう…と言うように分けています。

リフレクションを撮影しよう!と言う記事では、空の状態による水辺の撮影地の違いをご紹介できると思います。