—NEWS—
12月はふたご座流星群の観測
2019年初日の出計画(方角確認)

天の川が見たい撮りたい!いつどこで見れる?天の川撮影方法!星空や天の川の観測と撮影

広告

[夜景が見える露天風呂の宿|楽天]

天の川の撮影 実践

撮影機材の準備が整い撮影地の選定と、ある程度の撮影日が決定したら、いよいよ天の川を撮影するためのカメラの設定です。

肉眼では天の川が見えていなくてもカメラでは写せる事があります。

うっすらと、なんとなく天の川かも?と目視できたら撮影できる可能性は大です。

天の川が見たい撮りたい!いつどこで見れる?天の川撮影方法!星空や天の川の観測と撮影
天の川撮影方法

カメラの設定

ISO1600〜6400、絞りf3.5以下、
シャッタースピード10〜30程度が目安になる設定。

※使用レンズによって異なりますので上記範囲の設定ができれば撮影できます。

icon-caret-right 例)ISO4500、絞りf3.5、シャッタースピード20秒…など

空の明るさによってもカメラの設定が変わりますので
ISOやシャッタースピードの調整をしながら、何枚か撮影して一番良く撮れているデータを探してください。

この数値なら撮影できるというものがありません。
撮影地の状態や空の明るさなど、様々な設定で試してみてください。

天の川の撮影でのカメラ設定の参考にしてみてください。

ピント合わせ

無限遠に合わせてもレンズによってはピントが合っていません。

無限遠にして撮影しましょう!という方も居ますが、
無限遠のマークは広いので止まるまで回してもピントは合いません

レンズによって無限遠で合うピントの位置は異なりますので、安心しないでください。

遠くに光があるなら

遠くの外灯などにピントを合わせる

少しずつピントをズラしながら試し撮り

ピントが合っているところで撮影します。

一番簡単にピント合わせができるのが

モニター表示にして明るい星を見つけて最大に拡大します。

ピントを手動で回すと星がボケたり見えなくなったりします。

一番ハッキリと見えたところがピントが合っている状態です。

ピントが合ったら!

ピントのベゼルが動かないようにテープで固定してください。

もう一度!

モニター表示で明るい星を最大に拡大
ハッキリと見えたところがジャストピント
動かないようにテープで固定

天の川の撮影用にカメラの設定ができたら、あとは撮影してみるだけです。

天の川の撮影地としてどのような場所があるのでしょうか?

お住まいの地域や出かける場所にもよりますが、関東近辺の撮影地として、これまで私が撮影してきた場所を次ページでご紹介していますので、合わせてご覧いただき参考にしてみてください。

天の川撮影地→次ページ