333-contents-1920-19-6-shooting-plan

※各見出しはリンクになっています。

自由に撮る、こだわって撮る、楽しんで撮る
自分スタイルは様々なアイテムから得られるかも?

知らなかった事が身につくと
新しい事を発見でき、そこに喜びも伴う。

インスピレーションでスライダーを動かすと
1枚の写真が複数の作品になって生まれ変わる。

こんなものを撮ってみたい!
こんなふうに撮ってみたい!
思ったように撮れない時ほど写真を楽しめます。
道具と気づきで新しい作品が生まれます。

CONTENTS

Photograph

カメラ・レンズ・アプリ等写真情報
333-contents-1920-19-6-shooting-plan

※各見出しはリンクになっています。

計画を立てる時から撮影の楽しみは始まっている
足を運び、思い通りに撮れた喜びを味わいたい。

メジャーな撮影地だけでなく
何気なく訪れた地にこそ新しい景色が待っている。

なぜこんな失敗をする?
撮り慣れていても失敗はつきもの…(コラム)

ストレスが溜まったらカメラ片手に出かけてみよう
見慣れた景色の中にも気づいていない被写体が
撮ってほしいと待っているかもしれません。
写真仲間とでも良い、ひとりでも良い。

CONTENTS

Landscape

撮影地の紹介
333-contents-1920-19-6-shooting-plan

※各見出しはリンクになっています。

光に閉ざされた地で夜空を見上げると
星の多さに驚くことは間違いないだろう。

普段はあまり気にしないかもしれないけど
月を眺めている時は、リラックスできている。

流れ星を見る機会は少ないけれど
見る事ができると高揚した自分に気がつく。

夜空に横たわる天の川や流れ星が見られると
宇宙に近づいた感覚になるかもしれません。
忘れてほしくないのは見慣れている月
身近にあるものほど気にかけなくなりがちですね。

CONTENTS

Astronomical Observation and Photography

天体観測と撮影

previous arrow
next arrow

別子銅山東平ゾーンの撮影!繁栄期の面影が残る天空の歴史遺産!四国の産業遺産エリア

東洋のマチュピチュとは?
別子銅山東平へのアクセスは?
東平ゾーンへ車で行ける?

愛媛県新居浜市にある別子銅山東平ゾーン。

歴史を感じる鉱山の跡地を探訪できる産業遺産エリアです。

新居浜別子銅山東平ゾーンは東洋のマチュピチュと称されています。

石積みの建造物、所々が朽ち果てた様相が反映した時代を残しながら佇んでいます。

別子銅山東平地区は広範囲に反映した時代の跡が残っています。

メインである貯鉱庫跡や索道停車場跡が存在感ある石積みの建造物。

山深い奥地にある東平地区はマイカーで行けるでしょうか?

別子銅山東平地区はどのような場所なのでしょうか?

今回は新居浜市の産業遺産別子銅山東平ゾーンをご紹介します。

写真を楽しむブログ記事内の画像は無断で抜き取らないでください

別子銅山東平ゾーン

別子銅山東平ゾーンは、愛媛県新居浜市の山中にあります。

「別子銅山東平」の読み方は「べっしどうざん とうなる」と読みます。

新居浜市には別子銅山があり山の中に鉱山で働く人たちの街がありました。

現在の別子銅山東平地区には、明治時代に栄えた鉱山施設の跡が残されています。

東洋のマチュピチュとも称されています。

別子銅山東平ゾーン詳細

現在の別子銅山東平ゾーンは、マイントピア別子東平エリアとして保存されています。

観光施設として整備され、石積みの貯鉱庫跡・索道停車場跡・住居跡他、歴史資料館などがあり東平地区の歴史を知る事ができます。

東平小学校・中学校跡地に銅山の里自然の家がありますが閉業しています。

東平地区
東平(とうなる)地区は、1916年(大正5年)から1930年(昭和5年)まで別子銅山採鉱本部が置かれていた。
このような山中に、かつて多くの人が鉱業に従事し、その家族共々生活し、小中学校まであった「街」があったのかと信じられないように現在は山中に静まり返っているが、閉鎖された坑道や鉱物輸送用の鉄道跡などが残っている。
付近は再整備され、歴史資科館や、保安本部跡を利用したマイン工房、花木園、高山植物園、子供広場などがある。
また東平小学校、中学校の跡地には銅山の里自然の家がある。なお、『東洋のマチュピチュ』と称している。
出典:wikipedia

基本情報
near_me 名称 別子銅山東平地区
room 所在地 〒792-0846 愛媛県新居浜市立川町654−3
commute 交通 マイントピア別子から専用バス
四国道新居浜IC
local_parking 駐車場 有り
wc トイレ 有り
storefront 売店 有り
restaurant 食堂
link HP マイントピア別子東平ゾーン
東平地区にバス停はありません。
マイントピア別子から直通バス運行。
東平歴史資料館は観覧無料。
営業時間:10:00〜17:00

別子銅山東平ゾーンへのアクセス

マイントピア別子から専用バスが出ています。

車の場合:
マイントピア別子から山に向かって進むとループ橋があります。
この鹿森ダムループ橋を過ぎて暫く走ります。
橋の手前左側に「東洋のマチュピチュ東平 約5.5km」の看板を左折します。
道なりで到着します。

車でのアクセス注意点

山道が苦手な場合、マイントピア別子からの専用バスを利用した方が賢明

「この先道路狭し! 幅2.5mご注意ください!」の看板があります。

この狭い道路を5.5kmも走る事になります。

と言うわけで、山道に慣れていない方はバスを利用する方が良いと言うことです。

普通車でもすれ違える場所が退避エリアがある場所や少し広い場所しかありません。

殆どが車一台分の道と考えて良い。

専用バスとすれ違う事も頭に入れておく必要があります。

マイントピア別子のバスと出会ってしまうと譲り合いが大変です。

平日はさほど観光客もいません。

その為、何台かとすれ違う程度だが土日はそれなりに観光客がいます。

朝早くアクセスしても帰り道に、バスとすれ違うのは必至です。

別子銅山東平地区の撮影

アクセスは、晴れている場合は午前中か夕方の太陽が見えなくなる頃がお勧めです。

むしろ曇っていた方が石積みの建造物をしっかり撮影できます。

東平地区エリアをすべて周ると結構時間がかかります。

駐車場のあるエリアに「旧東平第三変電所」への看板があります。

看板通りに歩いていると、とんでもない距離になります。

索道基地跡へは駐車場から220段の階段を降りる事になります。

この階段にも由来があり「旧インクライン」になります。

220段の階段が導入口になりますが、真っすぐ伸びた220段の階段を見ると一瞬躊躇してしまいます。

東平貯鉱庫跡

東平貯鉱庫跡は、駐車場からの階段から降りてくると横に逸れる小道から入ります。

鉱石を一時的に貯蔵していた貯鉱庫の跡地になります。

別子銅山東平ゾーンの撮影!繁栄期の面影が残る天空の歴史遺産!四国の産業遺産エリア

別子銅山東平ゾーンの撮影!繁栄期の面影が残る天空の歴史遺産!四国の産業遺産エリア

別子銅山東平ゾーンの撮影!繁栄期の面影が残る天空の歴史遺産!四国の産業遺産エリア

別子銅山東平ゾーンの撮影!繁栄期の面影が残る天空の歴史遺産!四国の産業遺産エリア

別子銅山東平ゾーンの撮影!繁栄期の面影が残る天空の歴史遺産!四国の産業遺産エリア

逆光を避けながら撮影していましたが撮りたいアングルでは撮れません。

索道停車場跡

石積みの東平貯鉱庫跡の色々なアングルを撮影しましたが反対側を見ると中に入る事はできません。

レンガで作られた物が朽ちた状態で並んでいます。

索道停車場跡になります。

別子銅山東平ゾーンの撮影!繁栄期の面影が残る天空の歴史遺産!四国の産業遺産エリア

別子銅山東平ゾーンの撮影!繁栄期の面影が残る天空の歴史遺産!四国の産業遺産エリア

裏側を撮影していると遥か彼方に瀬戸内海が見えます。

一段降りると、索道基地跡のエリアが広がります。

本来ならば、この場所の正面から上を見上げて撮影するのが王道です。

駐車場のある場所は採鉱本部跡、駐車場付近から下を臨めます。

別子銅山東平ゾーンの撮影!繁栄期の面影が残る天空の歴史遺産!四国の産業遺産エリア

正面からも見下ろす感じで撮影できますが、その場所までアクセスしていません。

別子銅山東平ゾーンの撮影!繁栄期の面影が残る天空の歴史遺産!四国の産業遺産エリア

貯鉱庫跡と索道停車場跡を360°撮影してみました。

別子銅山東平ゾーンの撮影!繁栄期の面影が残る天空の歴史遺産!四国の産業遺産エリア

駐車場の近くに小マンプ(東平にゆかりのある鉱山運搬機展示場 )があります。

別子銅山東平ゾーンの撮影!繁栄期の面影が残る天空の歴史遺産!四国の産業遺産エリア

東平で天の川を撮影すると下の写真のようになります。

あいにくの天候のため完璧な天の川は撮影できませんでした。

別子銅山東平ゾーンの撮影!繁栄期の面影が残る天空の歴史遺産!四国の産業遺産エリア

水樹奈々「禁断のレジスタンス」MVは端出場水力発電所と東平ゾーンが撮影地となります。

映画「ふたつの昨日と僕の未来」のロケ地でもあります。

東平地区近隣の撮影地

別子東平地区の付近も散策してみれば撮影地は沢山あります。

別子銅山東平地区まとめ

マイントピア別子東平地区へは初めてアクセスしました。

山道に慣れていればよくある山道の道路ですので、大した苦労はいりません。

他県ナンバーも見かけましたが、目的地としてアクセスする方も少ないと思います。

水樹奈々さんファンは巡礼先として、ぜひアクセスしてみてください。

撮影しているとかなり近くに猿が居ました。

害は無いと思いますが、突然目に入るとビックリします。

いずれにしてもアクセスだけが最大の憂鬱です。

2018/04/15愛媛県

Posted by pix-524