天空の歴史遺産!新居浜別子銅山東平ゾーンは東洋のマチュピチュ!東平(とうなる)の風景

天空の歴史遺産!新居浜別子銅山東平ゾーンは東洋のマチュピチュ!東平(とうなる)の風景
マイントピア別子東平ゾーン

愛媛県新居浜市にある別子銅山東平(とうなる)ゾーンは
歴史を感じる鉱山の跡地を探訪できる産業遺産エリアです。

新居浜別子銅山東平ゾーンは東洋のマチュピチュと呼ばれ、
石積みの建造物、ところどころが朽ち果てた様相が反映した時代を残しながら佇んでいます。

別子銅山東平地区は広範囲に反映した時代の跡が残っていますが、
メインである貯鉱庫跡や索道停車場跡が存在感ある石積みの建造物になります。

写真を楽しむブログ 撮影アイテム紹介 写真ブログにようこそ!

私の生まれ故郷でもある新居浜の撮影スポット紹介です。

「別子銅山東平」と書かれて、まともに読める方は少ないと思います。

別子銅山東平(べっしどうざん とうなる)と読みますが、
以前ご紹介した「マイントピア別子」の続編と思っていただいて良いでしょう。

今回は新居浜の産業遺産別子銅山東平ゾーンを撮影地のひとつとしてご紹介しましょう。

広告

別子銅山東平ゾーン

別子銅山東平ゾーンは、愛媛県新居浜市の山の中にあります。

新居浜市には別子銅山があり山の中に鉱山で働く人たちの街がありました。
現在の別子銅山東平地区には、明治時代に栄えた鉱山施設の跡が残されています。

天空の歴史遺産!新居浜別子銅山東平ゾーンは東洋のマチュピチュ!東平(とうなる)の風景
マイントピア別子東平ゾーン

別子銅山東平ゾーンの概要

現在の別子銅山東平ゾーンは、マイントピア別子東平エリアとして保存されています。

観光施設として整備され、石積みの貯鉱庫跡・索道停車場跡・住居跡他、
歴史資料館などもあり、東平地区の歴史を知ることができます。

マイントピア別子東平ゾーンの詳細は公式サイトなどでご確認ください。

別子銅山東平地区での撮影

まず…このマイントピア別子東平ゾーンに撮影目的でアクセスするなら
午前中に行くべきなのですが、分かっていながら午後に行ってしまったため
全然まともな撮影ができなかった事を言い訳しておきましょう。

ピーカンの快晴で被写体の真後ろに太陽があるばかりか、
見上げて撮る被写体なので強烈な逆光の洗礼を受けました。

東平貯鉱庫跡

東平貯鉱庫跡は、駐車場からの階段から降りてくると横に逸れる小道から入ります。
鉱石を一時的に貯蔵していた貯鉱庫の跡地になります。

天空の歴史遺産!新居浜別子銅山東平ゾーンは東洋のマチュピチュ!東平(とうなる)の風景
マイントピア別子東平ゾーン
天空の歴史遺産!新居浜別子銅山東平ゾーンは東洋のマチュピチュ!東平(とうなる)の風景
マイントピア別子東平ゾーン
天空の歴史遺産!新居浜別子銅山東平ゾーンは東洋のマチュピチュ!東平(とうなる)の風景
マイントピア別子東平ゾーン

逆光に苦しみながら…直射日光を避けながら撮影していましたが撮りたいアングルでは撮れない…

索道停車場跡

石積みの東平貯鉱庫跡の色々なアングルを撮影しましたが反対側を見ると中に入る事はできませんがレンガで作られた物が朽ちた状態で並んでいます。

これが索道停車場跡になります。
この索道停車場跡も煉瓦が朽ちた表情を様々なアングルから撮りましたが…
自分用の素材写真の撮影という感じになります。

天空の歴史遺産!新居浜別子銅山東平ゾーンは東洋のマチュピチュ!東平(とうなる)の風景
マイントピア別子東平ゾーン
天空の歴史遺産!新居浜別子銅山東平ゾーンは東洋のマチュピチュ!東平(とうなる)の風景
マイントピア別子東平ゾーン

裏側を撮影していると遥か彼方に瀬戸内海が見えます。

天空の歴史遺産!新居浜別子銅山東平ゾーンは東洋のマチュピチュ!東平(とうなる)の風景
マイントピア別子東平ゾーン

一段降りると、索道基地跡のエリアが広がります。

本来ならば、この場所の正面から上を見上げて撮影するのが王道です。

見上げて撮ったものがトップの画像ですが、逆光でどうしようもありません。

広告

[夜景の見える温泉宿:楽天トラベル]

天空の歴史遺産!新居浜別子銅山東平ゾーンは東洋のマチュピチュ!東平(とうなる)の風景
マイントピア別子東平ゾーン

部分部分はやはり廃墟萌え的な歴史を感じる石積みをパーツ撮りします。

天空の歴史遺産!新居浜別子銅山東平ゾーンは東洋のマチュピチュ!東平(とうなる)の風景
マイントピア別子東平ゾーン

駐車場のある場所は、採鉱本部跡との事ですが、駐車場のそばから下を望めます。

天空の歴史遺産!新居浜別子銅山東平ゾーンは東洋のマチュピチュ!東平(とうなる)の風景
マイントピア別子東平ゾーン

更に横からも見下ろすことができます。

天空の歴史遺産!新居浜別子銅山東平ゾーンは東洋のマチュピチュ!東平(とうなる)の風景
マイントピア別子東平ゾーン

ちなみに正面からも見下ろす感じで撮影できますが、その場所までアクセスせずに帰還となりましたので写真はありません。

貯鉱庫跡と索道停車場跡を360°撮影してみました。

天空の歴史遺産!新居浜別子銅山東平ゾーンは東洋のマチュピチュ!東平(とうなる)の風景
マイントピア別子東平ゾーン

別子銅山東平地区での撮影攻略

前述していますが、晴れている場合は午前中か夕方の太陽が見えなくなる頃がおススメです。

むしろ曇っていた方が石積みの建造物をしっかり撮影できます。

東平地区エリアをすべて周ると結構時間がかかります。
特に駐車場のあるエリアに「旧東平第三変電所」への看板がありますが、看板通りに歩いていると、とんでもない距離になります。

索道基地跡へは駐車場から220段の階段を降りる事になります。

この階段にも由来があり「旧インクライン」になります。

220段の階段が導入口になりますが、真っすぐ伸びた220段の階段を上から見ると
「帰りはこの階段を登るのか…」と一瞬躊躇してしまいます。

アクセスおよび関連動画は次のページになります。