—NEWS—
12月はふたご座流星群の観測
2019年初日の出計画(方角確認)

月光の風景を撮影しよう!月明かりを撮る夜の風景撮影方法は?月の見える夜は出かけよう!

月光の風景を撮影しよう!月明かりを撮る夜の風景撮影方法は?月の見える夜は出かけよう!

月が出ると夜道も明るく月が出てない夜と比べると月の明るさを感じます。

月が出ていない日は星を撮り、月が出ていれば月を撮る。

月明かりが見せる風景は、普段とは違った表情になり、新しい発見があるかもしれませんね。

とは言え夜の撮影になり、フラッシュも使わないのでそれなりに撮影方法を知っていなければなりませんね。

写真を楽しむブログ 撮影アイテム紹介 写真ブログにようこそ!

風景の撮影は昼夜を問わず天候も問いません。

雨の日だって雨の日だからこそ撮れる風景がありますね。
朝日や夕日を撮影するように月の撮影も楽しいですよ!

今回は月夜を撮影するコツとアイディアをご紹介しましょう。

広告

月光の風景

月明かりの夜に撮影する時は、被写体が色々ありますね。

月を単体で撮影するのではなく、月のある風景撮影という事でしょうか?

月を撮る方法として当ブログで以前2つに分けてご紹介しています。

「月を単体で撮影する方法」と「月と風景の撮影方法」ですが、この記事とはどう違うのか?

月を単体で撮影する方法は、その名の通りですので今回とは異なります。

では月と風景の撮影方法は?
前回ご紹介している内容は月の表面もしっかりと撮影する方法も記載しています。

月の主張が強い風景の撮影方法という感じです。

今回の場合は、月の撮影というよりも「月光」を表現したものをご紹介します。

月の撮影方法はシチュエーションで変わりますので、「月の撮影方法」というカテゴリーにもまとめています。

月明かり

月の出ていない夜と月が出ている夜では随分明るさが違いますね?

月の満ち欠けにもよりますが、満月なら空も青く見え灯りのない公園の木の影も見えます。
月の見えている角度にも違いがありますね。

月を撮影した事があれば分かりますが、オートの設定で撮影すると真っ白な丸に撮れたりしませんか?

スマホなどで撮ってみれば分かると思います。

月はとても明るく写りますので広く風景が撮れるレンズだと、まるで太陽みたいに輝いています。

望遠などで撮影すると月のクレーターなどに焦点を合わせて撮影しますが広角などでクレーターまで写そうとすると風景が真っ黒になったりしますね?

月光風景の撮影

実際に月のある風景の写真を掲載してみます。

雲が出ているから月明かりが生きてくる風景がありますよね…
海に映る月の明かりは肉眼でも美しく、カメラでも捉えたいと思ってしまいます。

月光の風景を撮影しよう!月明かりを撮る夜の風景撮影方法は?月の見える夜は出かけよう!

少し明るく撮影してホワイトバランスで調節すると、月が太陽に見えてしまうこともありますね。

雲がある程風景に表情ができて良く感じる事があります。

月から出た光を雲が遮って天使の梯子のようになると幻想的な感じにもなります。

月光の風景を撮影しよう!月明かりを撮る夜の風景撮影方法は?月の見える夜は出かけよう!

上の2枚の写真と同じ場所で撮影したものですが、月を入れていなくても月の明かりだけで海に浮かぶ小島が撮影できます。

月光の風景を撮影しよう!月明かりで撮る夜の風景撮影方法は?月の見える夜は出かけよう!

上層に雲が無いと青空が広がります。

もっと明るく現像すれば昼間にしか見えませんね?

月光の風景を撮影しよう!月明かりを撮る夜の風景撮影方法は?月の見える夜は出かけよう!

月明かりで撮る被写体は海だけではありませんね?

山の中で撮影していた時は目が慣れればライトも要らないくらい明るい。
山の中の東屋を入れてちょっと撮っておこう!というくらいの感覚で撮影。

東屋はシルエットになりますが、木々の葉は月光で透けています。

月光の風景を撮影しよう!月明かりを撮る夜の風景撮影方法は?月の見える夜は出かけよう!

トップ画像をもう一度紹介しておくと、月そのものは見えていませんが雲によって月明かりの天使の梯子ができます。

ちょうど眼下には街灯りがある撮影地ですので、スポットライトに当たったようですね?
街の灯りのような夜景は昼間では撮れませんので月夜ならではの風景です。

月光の風景を撮影しよう!月明かりで撮る夜の風景撮影方法は?月の見える夜は出かけよう!

撮影地はこちらですので、ぜひ現地で絶景をご覧ください。

広告

[夜景が見える露天風呂の宿|楽天]

月光風景の撮影方法

どのような撮影もその時の環境によって撮影方法は異なります。

しかし…月のクレーターを写しつつ風景を撮影する望遠レンズを使用した撮影よりも、例に上げた写真のような撮影の方が簡単です。

というのは、風景が写る程度のISOと絞りとシャッタースピードに設定すれば良いからです。

月光撮影手順

月が出ているのと関係なく今の風景が撮れるように設定してみましょう。

撮影設定の目安は?

どの設定からいじってよいのか分からない時は、順番を決めてみましょう。

とりあえず絞りは絞らない状態(最小)にしておきます。
ISOは100にしておきます。
風景が写るまでシャッタースピードを長くします。

レンズの明るさによっても異なりますので、まずは絞らない状態でISOも100にしてシャッタースピードだけ調節して撮影してみます。

1秒でも撮れなければ、10秒、15秒というように長くしていくうちに風景が写っていると思います。

月を入れた状態でも入れない状態でも同様です。

撮れた画像を確認すると?

思ったように撮れていない!と感じたら、ここから調整していきます。

全く写っていなく真っ黒だったらISOを上げます。
月自体が明るすぎて大きくなっていたら絞ります。

もっと簡単に調節したい場合は、例えばシャッタースピード優先や絞り優先で撮影してみてそのデータを見て調節するという方法もあります。

この方法は、初心者などにはおススメな方法でもあります。

月光撮影の応用

満月で波打ち際などで明るく、波をもっと流したい…など、さらに長時間露光したい場合は昼間と同様にNDフィルターを使用します。

長時間露光の場合のISOは100以下にしても撮れますので、出来る限り精度を上げましょう。

月光の風景撮影まとめ

月光の風景は、撮り始めると魅力ある被写体です。

月光だけで撮影する専門のカメランも居るくらいですので、その魅力は計り知れない。

月光は昼間とは異なるほどよい光でもあります。
富士山の冠雪などもそのひとつだと思います。

月明かりの光だけで撮影した富士山の記事になります。
月は天頂にあるため月そのものは写っていませんが夜でも富士山の冠雪がキレイに撮れます。