—NEWS—
12月はふたご座流星群の観測
2019年初日の出計画(方角確認)

犬吠埼の日の出関東の初日の出スポットから犬吠埼灯台を撮影!アクセスと朝日の撮影攻略

犬吠埼の日の出関東の初日の出ポイントから犬吠埼灯台を撮影!アクセスと朝日の撮影攻略
犬吠埼の日の出

写真を楽しむブログ 撮影地撮影方法紹介の写真ブログにようこそ!

千葉県の犬吠埼は日本一初日の出が早く見られる事で知られています。

犬吠埼灯台と朝日の写真が撮影できる日の出風景のスポットです。

新年の初日の出は犬吠埼に沢山の人が集まり、新年に祈願する関東の初日の出スポットとしても有名ですね。

犬吠埼灯台も有名で朝日の撮影だけでなく、灯台めぐりの中でも人気の灯台の一つ。

今回は海からの日の出が美しい犬吠埼と犬吠埼灯台をご紹介しましょう。

広告

犬吠埼の日の出

「犬吠埼は日本で一番早く初日が昇る日の出のポイント。」

このように紹介されているのを見かけませんか?

これはどういう事なのか?

犬吠埼の初日の出

東の先端が日の出が一番早いはずなので、北海道が一番では?

山に登れば日の出の時間も違ってきますので、標高が高ければその分日の出も早くなります。

という事で日本列島本土では富士山の山頂が最も早い初日の出を見る事ができます。

離島を含めると、日本で初日の出が一番早い場所は南鳥島(みなみとりしま)になり、
最も早い日の出が観測されます。

なぜ犬吠埼が日本で最も早い初日の出を見れるスポットとして紹介されているのでしょうか?

日本の最東端は北海道根室市の納沙布岬ですが、地軸の傾きにより、元日前後の10日間に限って、犬吠埼が平地としては一番早く初日の出を見ることができます。

平地である事と離島でない事、そして初日の出に限っては、犬吠埼の日の出が日本で一番早く見れる場所となります。

関東最東端である犬吠埼は、このような天体の現象で初日の出に限って関東でありながら初日の出が日本で一番最初に見える場所として初日の出には沢山の人が初日を拝みにやって来ます。

犬吠埼灯台

犬吠埼には犬吠埼灯台があり、観光スポットにもなっています。

私が行っていた頃は、寂れており食堂もやっているのか?

というような状況でしたが、灯台好きの人や朝日の撮影で訪れる人も多い。

素晴らしい灯台のひとつで、犬吠埼灯台と朝日を絡めて撮影したい絶好の朝日撮影スポットである事は間違いありません。

犬吠埼の日の出関東の初日の出ポイントから犬吠埼灯台を撮影!アクセスと朝日の撮影攻略
犬吠埼の日の出

犬吠埼灯台概要

千葉県銚子市にある関東最東端にある犬吠埼灯台。

犬吠埼灯台は日本を代表する灯台の一つ。

国の登録有形文化財に登録され、海上保安庁では「Aランク保存灯台」とされています。

その他「世界灯台100選」「日本の灯台50選」にも選ばれている歴史的にも日本の灯台を代表する灯台になっています。

犬吠埼の朝日撮影

犬吠埼灯台と犬吠埼の日の出の写真をご紹介します。

犬吠埼の日の出関東の初日の出ポイントから犬吠埼灯台を撮影!アクセスと朝日の撮影攻略
犬吠埼の日の出
犬吠埼の日の出関東の初日の出ポイントから犬吠埼灯台を撮影!アクセスと朝日の撮影攻略
犬吠埼の日の出

まだ朝日が出ていない風景も撮影したいですね。

犬吠埼の日の出関東の初日の出ポイントから犬吠埼灯台を撮影!アクセスと朝日の撮影攻略
犬吠埼の日の出

朝日撮影攻略

犬吠埼での朝日や日の出撮影の攻略としては、海からの日の出を狙える場所という事もあり、ぜひ海から昇る日の出を捉えてみてください。

とは言え…

海から昇る日の出を撮影できるのは一年のうちでも僅かしかありませんね。

海からの日の出を狙うのであれば、それなりの条件が整っていないと撮影できません。

という事で、ほとんどの場合は海からの日の出を撮影するのは困難。

ダルマ朝日を狙うのであれば、とことん調査しましょう。

海からの日の出撮影に関してはいずれご紹介するつもりです。

犬吠埼での朝日撮影攻略

まず犬吠埼灯台に到着したら、海側をチェックします。

ほとんどの場合は、水平線に雲がかかっています。

暗いのでわかりにくいと思いますが、水平線と空の境目が見えない場合は、一度撮影してみましょう。

ISO感度を高くするか、長時間露光で水平線が見えるまで撮影します。

水平線に近い所に雲がかかっていても雲の厚さによってはダルマ朝日が撮れる事もあるのでガッカリしないでください。

かなり厚い雲だと思ったら、もう諦めるしかありませんが、上空の雲なども観察していれば良い雲もあります。

こうなったら、日の出というよりも「朝日の撮影」

朝焼けが雲に染まるのを期待しましょう。

ほとんどの方は、灯台を背にして撮影します。

朝日が昇って一通り海側の撮影したら、今度は灯台と朝日を狙いましょう。

犬吠埼の日の出関東の初日の出ポイントから犬吠埼灯台を撮影!アクセスと朝日の撮影攻略
犬吠埼の日の出

灯台の入り口側に回って撮影すれば良い事です。

撮影時は鯉のぼりが飾られていました。

ゴールデンウィーク前後だとこのような灯台も撮影できるかもしれません。

※下に写り込んでいるのは車の屋根越しに撮影したためです。

広告

[夜景が見える露天風呂の宿|楽天]

犬吠埼の風景撮影評価

犬吠埼は日の出だけでなく灯台自体も美しく、昼間に訪れたら灯台の姿も撮影しておきましょう。

犬吠埼灯台も見学できますので、灯台の上からの展望も期待できますよ。

風景撮影の評価
朝日・朝焼けの撮影
昼間の風景撮影
夕日・夕焼けの撮影
星空の撮影
アクセス難易度
撮影環境
備考:星空の撮影もお勧めですので、夜間で晴れている場合は星空の撮影もぜひ!夏なら天の川もよく見えます。

犬吠埼灯台へのアクセス

まずは地図を表示しておきます。

ナビやgooglemapの場合は入力すれば現在地からの情報を取得することができます。

※ご使用のデバイスによって地図が表示されない場合もありますのでご了承ください。

撮影地(ロケ地)の情報を簡単にご紹介します。

ロケ地の情報
最寄り駅 銚子電鉄犬吠駅徒歩10分
バス停の有無 JR総武本線銚子駅から外川行き「犬吠」
最寄りIC 東関東自動車道 佐原香取IC
駐車場の有無 あり
トイレの有無 あり
食堂の有無 あり
備考:犬吠埼灯台入り口付近にも無料駐車場があります。停められない場合は、君ヶ浜しおさい公園の駐車場が無料で300台駐車できます。犬吠埼灯台自体は200円で見学できます。

アクセスのポイントと攻略

日の出の撮影で犬吠埼へ向かうのであれば、渋滞もないでしょう。

しかし初日の出となると全く違ってきます。

犬吠埼の初日の出はそれなりに有名ですので、各地から初日の出見学に犬吠埼へやって来ます。

下手したら除夜の鐘が鳴り終わる頃、すでに到着していた方が良いのでは?

犬吠埼は星空も綺麗ですので、新年一発目の星空撮影をしながら初日の出を待つくらいの根性がないと…ね。

駐車場は広いので犬吠埼灯台の下の駐車場に車が停められますが初日の出の客の数によっては満車になると思います。

少し離れた場所にも駐車場がありますが、かなり遠いのでやはりかなり早い時間に到着することをお勧めします。

犬吠埼灯台の間近にも数台車が停められる場所があります。

一番乗りなら灯台の間近に駐車できると思います。

※私が撮影していた頃の事ですのでご確認ください。

犬吠埼の朝日撮影のまとめ

犬吠埼へのアクセスは遠くてなかなか出向けません。

何度も犬吠埼で撮影しましたが、なかなか良い条件に恵まれていないので良い写真が撮れていませんがとても素晴らしい撮影スポットです。

関東の最東端という事もあり、突端なので風が強い日も多く望遠レンズを使ったり、長時間露光などは苦労します。

海風の場合はレンズに潮が付きますので、海風が吹いている時は、撮影している時も時々レンズの表面を確認した方が良いです。

初日の出で犬吠埼へ行く人も、通常の日に朝日の撮影に行く人も犬吠埼は魅力ある場所ですので、ぜひ挑戦してみてください。

初日の出スポット参考記事