this post is 83 views

日の出の位置朝日の方角を知り撮影する横浜の海が見える風景!初日の出に応用する撮影計画

日の出の位置朝日の方角を知り撮影する横浜の海が見える風景!初日の出にも応用する撮影計画

横浜の海と朝日

写真を楽しむブログ[撮影アイテム紹介 写真ブログ]にようこそ!

日の出はどこから昇るのか?朝日の位置や方角は?

日の出の位置をあらかじめ知っていれば一味違った撮影ができますね。

朝日や夕日を撮影する風景写真家には当たり前の事ですが
日の出の方角や位置がわかれば初日の出の撮影も計画できます。

日の出の撮影に適したアプリの紹介はアプリの記事がありますので
後ほどご紹介しますが、
日の出の位置、朝日の方角を知ればどのような写真が撮影できるか?

今回は日の出の位置を知って撮影した横浜の海の風景でご紹介したいと思います。

[sponsor PR]

横浜の日の出

横浜のベイエリア、みなとみらい周辺は、
横浜の海の風景を撮影できる絶好の撮影スポットです。

朝の風景だけでなく日中や特に夜景を楽しむ人たちが集まります。

今回は横浜の朝の撮影に絞っていますのでご了承ください。

朝日の位置を知って撮影

まずは、横浜みなとみらいや赤レンガ倉庫がある横浜ベイエリアでの
朝日や朝焼けの風景を撮影した写真からご覧いただきます。

横浜 朝日がある風景

横浜のベイエリアで撮影する事が多かったのでいろいろな構図がありますが、
今回は日の出の位置を知って朝日を撮影するというコンセプトですので
朝日の位置や方角が正確に分かれば撮れる構図という写真紹介です。

日の出の位置朝日の方角を知り撮影する横浜の海が見える風景!初日の出にも応用する撮影計画

横浜の海と朝日

日の出の位置朝日の方角を知り撮影する横浜の海が見える風景!初日の出にも応用する撮影計画

横浜の海と朝日

[sponsor PR]
[厳選ショップ]
[カメラ用品→メトリックス]

横浜ベイエリアの撮影攻略

みなとみらいや赤レンガ倉庫がある赤レンガパークは、
東の方角に向かって横浜港の海が広がります。

従って、みなとみらいや赤レンガパーク、または大桟橋などを
季節によって移動すれば、ピンポイントで狙った朝日の撮影ができます。

夏ならここ!春や秋ならここ!と言うように、
自分の好きな構図で撮影できるのが横浜のベイエリアでの朝の風景です。

今後のための撮影地データベース

私は、気に入った日の出の位置がありますので
ほとんどその季節にしか撮影に行きませんが、だからこその利点があります。

三脚を立てる撮影ポイントがピンポイントで分かるという事です。

数日ズレていてもほぼ間違いなしですので、
この日は「ここ」というように三脚を立てる位置が決まっています。

一度撮影したら、その場所をスマホなどで撮影しておくと
次回の参考になりますので撮影時の様子なども記録しておくと良いですよ。

スマホなどで撮影すると日付などもすぐ分かるので
自分で撮影した日の出の位置のデータベースになります。

ベイエリアでの風景撮影評価

横浜ベイエリアは朝日の撮影だけでなくどのような時間でも撮影を楽しめるエリアです。

私は特に朝が良いですが、ベイエリアの夜景は誰もが楽しめるスポットですね。

風景撮影の評価
朝日・朝焼けの撮影
昼間の風景撮影
夕日・夕焼けの撮影
星空の撮影
アクセス難易度
撮影環境
備考:こちらでは紹介していませんが、横浜ベイエリアでは夕焼けも綺麗な場所ですので朝日や夜景だけでなく楽しめる撮影スポットです。

夜景の撮影はこちらの記事で!

横浜のコスモクロック21の大観覧車をより綺麗に撮影するには?今回は横浜の観覧車コスモクロック21の撮影に適した日をご紹介します。コスモクロックの夜景撮影はこの日に行け!長時間露光で撮影するには特定日に撮影する必要があります。

横浜のベイエリアで朝日を待つ時間はとても美しく日の出前の風景も見逃せませんよ。

日の出の位置朝日の方角を知り撮影する横浜の海が見える風景!初日の出にも応用する撮影計画

横浜の海と朝日

日の出を撮影した後も、少し下がれば赤レンガ倉庫の屋根も美しい。

日の出の位置朝日の方角を知り撮影する横浜の海が見える風景!初日の出にも応用する撮影計画

横浜の海と朝日

[sponsor PR]
[厳選ショップ]
[カメラ用品→メトリックス]

横浜ベイエリアへのアクセス

わざわざ説明するまでもない場所ですが、一応ご案内しておきます。

まずは地図を表示しておきます。
ナビやgooglemapの場合は入力すれば現在地からの情報を取得することができます。

※ご使用のデバイスによって地図が表示されない場合もありますのでご了承ください。

赤レンガパーク

撮影地(ロケ地)の情報を簡単にご紹介します。

ロケ地の情報
最寄り駅 みなとみらい線みなとみらい駅
バス停の有無 あり
最寄りIC 首都高みなとみらいIC
駐車場の有無 あり
トイレの有無 あり
食堂の有無 あり
備考:朝日撮影の場合のアクセスは車になります。トイレも公園の各所にありますので心配ないでしょう。

アクセスのポイントと攻略

電車の場合は、攻略というものはありませんが、
車の場合は駐車場の問題がありますね。

撮影ポイントに一番近い駐車場で問題はないですが、
ショップの駐車場に駐車した場合は利用時間がありますので注意しましょう。

今回は朝の撮影で早朝という事でもありますので
1日通しての駐車料金は適用されませんので時間貸し駐車場になります。

近辺は路上駐車ができませんので時間貸し駐車場が安心ですね。

撮影ポイントから多少離れても良いならば、
時間によっては路上駐車ができるところもあるかもしれません。

朝の8時までや9時まで大丈夫な道路もあるかもしれません。
調査してなく不明ですので確認ください。

日の出の位置を知るアプリ

日の出の位置、朝日の位置をあらかじめ知るにはアプリが便利です。

スマホアプリをインストールしておきましょう。

日の出の位置を知るアプリ

日の出や日の入りあなど太陽の位置がどこにあるか?を日時指定で知る事ができるLightTrac(ライトトラック)。撮影計画に便利なスマホアプリ、LightTrac(ライトトラック)をご紹介します。日の出や日の入りを計測できるアプリはLightTracだけではありません。
日の出の位置や日の入りの位置をあらかじめ知るのは朝日や夕日を狙うカメラマンにとってはとても便利なもの。撮影地付近など出かけている時に日の出の位置や日の入りの位置を知りたい時はスマホやタブレットの場合が多いと思いますのでアプリに頼りましょう。
SunSurveyor(サンサーベイヤー)は太陽・月の出入りと起動を表示します。便利な使い方としては月のインターバル撮影の計画。月の日周運動を撮影するのに最適なスマホアプリと言えます。SunSurveyorは日の出、日の入り、月の出、月の入りの撮影に便利です。

日の出の位置を知るアプリはたくさんあります。
使用感が良い自分にあったアプリをおススメします。

ちなみに高機能な表示は有料アプリが多いようですが、
場所によってはズレる(コンパスやGPSの不具合や電波状況)事もありますので
最終的には現場での確認です。

日の出の位置を知って撮影する関連記事

イメージ通りの風景写真を撮影するには準備と計画が必要です。朝日や夕日をイメージ通りの位置に配置した構図で写真を撮りたい時に必要な準備について触れています。イメージに近い構図で朝日や夕日を撮影したい場合撮影場所の日々の日の出・日の入りの時間と位置を知る必要があります。
東京都内の中心部で比較的空が抜けて広く見えるポイント葛西臨海公園はこの冬の時期がおススメの撮影ポイントです。12月14日夜半から見頃のふたご座流星群の場合、東に向いてカメラをセッティングできる葛西臨海公園は東側にはシンデレラ城が綺麗に見えます。

朝日の位置を知って撮影まとめ

日の出の位置、朝日の位置を知った上で撮影するのと
行き当たりばったりで偶然撮影するのでは撮影自体異なりますね。

撮影したい日の撮影地の日の出の位置、朝日の位置を
あらかじめ調査して撮影地を決めたり計画を立てるのも撮影の醍醐味。

特に初日の出の撮影など、特別の日の朝日の撮影は
日の出の位置を確認して出かけましょう。

記事が気に入ったらブログで共有してね!
”クリックでリンクコード表示”
一度icon-checkしたら押さないで〜シェアはFボタン!

ブログが気に入ったら
いいね ! してね

Copyrighted Image(この画像は著作権で保護されています)