333-contents-1920-19-6-shooting-plan

※各見出しはリンクになっています。

自由に撮る、こだわって撮る、楽しんで撮る
自分スタイルは様々なアイテムから得られるかも?

知らなかった事が身につくと
新しい事を発見でき、そこに喜びも伴う。

インスピレーションでスライダーを動かすと
1枚の写真が複数の作品になって生まれ変わる。

こんなものを撮ってみたい!
こんなふうに撮ってみたい!
思ったように撮れない時ほど写真を楽しめます。
道具と気づきで新しい作品が生まれます。

CONTENTS

Photograph

カメラ・レンズ・アプリ等写真情報
333-contents-1920-19-6-shooting-plan

※各見出しはリンクになっています。

計画を立てる時から撮影の楽しみは始まっている
足を運び、思い通りに撮れた喜びを味わいたい。

メジャーな撮影地だけでなく
何気なく訪れた地にこそ新しい景色が待っている。

なぜこんな失敗をする?
撮り慣れていても失敗はつきもの…(コラム)

ストレスが溜まったらカメラ片手に出かけてみよう
見慣れた景色の中にも気づいていない被写体が
撮ってほしいと待っているかもしれません。
写真仲間とでも良い、ひとりでも良い。

CONTENTS

Landscape

撮影地の紹介
333-contents-1920-19-6-shooting-plan

※各見出しはリンクになっています。

光に閉ざされた地で夜空を見上げると
星の多さに驚くことは間違いないだろう。

普段はあまり気にしないかもしれないけど
月を眺めている時は、リラックスできている。

流れ星を見る機会は少ないけれど
見る事ができると高揚した自分に気がつく。

夜空に横たわる天の川や流れ星が見られると
宇宙に近づいた感覚になるかもしれません。
忘れてほしくないのは見慣れている月
身近にあるものほど気にかけなくなりがちですね。

CONTENTS

Astronomical Observation and Photography

天体観測と撮影

previous arrow
next arrow

横浜港の朝日撮影!海の薄明から日の出まで美しい横浜の湾岸風景!朝の横浜の絶景

  • 朝の横浜港の風景は?
  • 横浜港の日の出は何処から?
  • 横浜で日の出の撮影ベスポジは?

横浜の海の風景はとても美しく時間を問わず人々が訪れます。
時間的に早朝の横浜港の様子は日中と違い静かです。

観光客や行き交う船もなくなる横浜の海。
横浜の海岸に静かな時間が流れます。

日中の横浜の海は行き交う船舶の引き波で賑やかです。
打ち寄せる波は干満ではなく人工的に作られた波の場合が多い。

沖合いも引き波がぶつかり三角波が起こります。
逆に早朝の横浜港は湖のように静かな風景を見る事ができます。

今回は星が瞬く薄明の頃から日の出まで横浜港の朝の風景をご紹介します。

この記事の内容

朝の横浜港の撮影について
・横浜港の日の出の方角と時間
・横浜港の薄明から日の出までの撮影
・横浜港の朝の撮影のコツ

写真を楽しむブログ記事内の画像は無断で抜き取らないでください

横浜港の日の出撮影

横浜の海を撮影する場所はみなとみらい地区の色々な場所で撮影できます。

早朝の横浜港を撮影するのは赤レンガパーク。

日の出の時間の約2時間前から撮影します。

その頃の赤レンガパークは静まりかえり誰も居ません。

少し明るくなる頃、ジョギングの人やホテルの観光客が散歩を始めます。

横浜港の日の出の方角

日の出の方角は季節によって異なります。

赤レンガパークからの日の出を夏至と冬至の頃で比べると、方角や時間はかなり違います。

夏至の頃の日の出は
つばさ橋の左の運河付近から。
日の出の時間は4:26
冬至の頃の日の出は
大桟橋の付け根付近から。
日の出の時間は6:46
※2019年のデータです。

夏至の頃

横浜港の朝日撮影!海の薄明から日の出まで美しい横浜の湾岸風景!朝の横浜の絶景

冬至の頃

横浜港の朝日撮影!海の薄明から日の出まで美しい横浜の湾岸風景!朝の横浜の絶景

日の出の方角を事前に調べて撮影すると思ったように撮影できます。

行き当たりばったりでも良い風景が撮影できるのも横浜港の風景。

夏の時期は撮影してから余裕で出勤という事も可能です。

横浜港の撮影

まだ暗いうちに到着し撮影ポイントに三脚をセット。

日の出の方角を確認します。

日の出の位置をセンターにする事で構図の色合いがまとまります。

朝日が昇った時もゴーストが発生しにくくなります。

横浜港の薄明の撮影

東の空が明るくなる頃、地平線の色と空の色が急激に変化します。

天候にも左右されますが撮影方法を変えても様々な様子を撮影する事ができます。

横浜港の朝日撮影!海の薄明から日の出まで美しい横浜の湾岸風景!朝の横浜絶景スポット:writing and Photo by pix524:Masaya Konishi (小西雅哉)写真を楽しむブログ 主宰

薄明の時間は撮り頃が短く、刻々と様相が変わります。

シャッタースピードを変えながら撮影を繰り返します。

横浜港の朝日撮影!海の薄明から日の出まで美しい横浜の湾岸風景!朝の横浜絶景スポット:writing and Photo by pix524:Masaya Konishi (小西雅哉)写真を楽しむブログ 主宰

星が見えなくなる頃、NDフィルターを付けます。

長時間露光で撮影する事で色合いも雰囲気も良くなります。

横浜港の日の出前の撮影

雲がある日、雲が無い日では様子が全く違います。

雲がある時は朝焼けもダイナミックになる事が多い。

西の空まで朝焼けで染まる事があります。

横浜港の朝日撮影!海の薄明から日の出まで美しい横浜の湾岸風景!朝の横浜絶景スポット:writing and Photo by pix524:Masaya Konishi (小西雅哉)写真を楽しむブログ 主宰

雲が無い日はイメージ的にも静かな様子。

さらに静かなイメージを作るために長時間露光で撮影する事もあります。

鏡面になった海面はスケートリンクのようにフラットになります。

横浜港の朝日撮影!海の薄明から日の出まで美しい横浜の湾岸風景!朝の横浜絶景スポット:writing and Photo by pix524:Masaya Konishi (小西雅哉)写真を楽しむブログ 主宰

横浜港の日の出の撮影

日の出の撮影は全景やズームで撮影します。

朝日をどのように捉えるか?

横浜港の朝日撮影!海の薄明から日の出まで美しい横浜の湾岸風景!朝の横浜絶景スポット:writing and Photo by pix524:Masaya Konishi (小西雅哉)写真を楽しむブログ 主宰

日の出の場所によって広角レンズと望遠レンズを使い分けます。

横浜港の朝日撮影!海の薄明から日の出まで美しい横浜の湾岸風景!朝の横浜絶景スポット:writing and Photo by pix524:Masaya Konishi (小西雅哉)写真を楽しむブログ 主宰

雲が無いと朝日が昇る瞬間も捉えられます。

横浜港の朝日撮影!海の薄明から日の出まで美しい横浜の湾岸風景!朝の横浜絶景スポット:writing and Photo by pix524:Masaya Konishi (小西雅哉)写真を楽しむブログ 主宰

同じ方向を撮影しても空を撮るか?海を撮るか?で異なります。

広角で撮影した場合、あおりによって歪曲して見えます。

横浜港の朝日撮影!海の薄明から日の出まで美しい横浜の湾岸風景!朝の横浜絶景スポット:writing and Photo by pix524:Masaya Konishi (小西雅哉)写真を楽しむブログ 主宰

左側の巡視船の形状が2枚の写真で異なるのが分かります。

このような場合、現像時にレンズ補正する事もあります。

海面を写す場合、ハーフNDフィルターを使う事で空と海の様子をしっかり捉える事ができます

横浜港の朝日の望遠撮影

朝日が昇ってきたら、望遠レンズでアップに撮影しても良い。

太陽の位置を計算して撮影すると思い通りの構図で撮影できます。

横浜港の朝日撮影!海の薄明から日の出まで美しい横浜の湾岸風景!朝の横浜絶景スポット:writing and Photo by pix524:Masaya Konishi (小西雅哉)写真を楽しむブログ 主宰

朝日がある程度の高さになると海面に朝日の道ができます。

横浜港の朝日撮影!海の薄明から日の出まで美しい横浜の湾岸風景!朝の横浜絶景スポット:writing and Photo by pix524:Masaya Konishi (小西雅哉)写真を楽しむブログ 主宰

レインボーブリッジに朝日が掛かる位置
つばさ橋に朝日が掛かる位置

夏至から冬至の期間に数度撮影できます。

横浜港の朝日撮影!海の薄明から日の出まで美しい横浜の湾岸風景!朝の横浜絶景スポット:writing and Photo by pix524:Masaya Konishi (小西雅哉)写真を楽しむブログ 主宰

横浜港の朝日撮影!海の薄明から日の出まで美しい横浜の湾岸風景!朝の横浜絶景スポット:writing and Photo by pix524:Masaya Konishi (小西雅哉)写真を楽しむブログ 主宰

横浜港の朝日撮影!海の薄明から日の出まで美しい横浜の湾岸風景!朝の横浜絶景スポット:writing and Photo by pix524:Masaya Konishi (小西雅哉)写真を楽しむブログ 主宰

横浜港の朝日撮影!海の薄明から日の出まで美しい横浜の湾岸風景!朝の横浜絶景スポット:writing and Photo by pix524:Masaya Konishi (小西雅哉)写真を楽しむブログ 主宰

 

横浜港の日の出撮影のコツ

赤レンガパークの場合一年中良い風景が撮影できます。

大桟橋に朝日が掛かる頃は撮りにくい条件になります。

朝日を真ん中にした時、左に海、右に公園という構図になります。

この期間は、赤レンガパークではなく臨港パークの方がまだマシになります。

赤レンガパークで撮影する場合、時間があったら赤レンガ倉庫そのものも良い被写体です。

照明は消えていますが、赤レンガ倉庫越しの朝日も撮影できる時期があります。

海の撮影関連

海は撮影方法によって様々な見え方になります。

朝の横浜港の撮影まとめ

横浜港に限らず、朝の港は良い被写体になります。

日の出だけを撮影する方も多いと思いますが…

星が見える頃から撮影すると変化が楽しめます。

このような場所は撮影者も少ないですが…

人気の撮影地などは横並びで撮影する事も多いですね?

撮影計画は机上の計画とは異なる事もあります。

少し早めに撮影地に赴き、カメラを向けると正確な方角が割り出せます。

撮影計画の参考にしてみてください。

2019/06/26神奈川県

Posted by pix-524