NDフィルターを使った海辺の撮影!作風で使い分けるNDの種類!長時間露光や2枚重ね

NDフィルターを使った海辺の撮影!作風で使い分けるNDの種類!長時間露光や2枚重ね

NDフィルターで何を撮る?
NDフィルターで撮影した写真は?
海辺でのNDフィルター使用は?

風景の撮影でNDフィルターは大活躍!

NDフィルターを活用して印象的な写真を撮ってみましょう。

写真を楽しむブログ 撮影地撮影方法紹介の写真ブログにようこそ!

今回は私も多用するNDフィルターについて。

波打ち際の撮影ではなく海面の撮影についてご紹介します。

NDフィルターとは切り離せない長時間露光。

使用するNDフィルターとシャッタースピードを調節しましょう。

 ご注意! 

NDフィルター

NDフィルターは風景の撮影で最も使用するフィルターではないでしょうか?

朝焼けや朝日の撮影・夕焼けや夕日の撮影だけでなく

しっかり被写体を捉えたい時なども使用する事が多いフィルターです。

NDフィルターとは?

NDフィルターの詳細は解説記事をご覧ください。
※下記にまとめてご案内します。

なぜNDフィルターを使うのか?
NDフィルターを使用する理由は

光量が多く眩しい被写体
シャッタースピードを遅くしたい

被写体や作風によって使い方は様々ですが…

太陽をアップで撮影するような日食などは分かりやすいですね。

また滝や川の水の流れを筋にしたい…など。

絞りを必要外に弄らずシャッタースピードを調節したい!

というのが今回のテーマでもあります。

長時間露光

NDフィルターを使用すると使用するNDフィルターによっては長時間露光になります。

長時間露光は「長秒撮影」とも表現されます。

長時間露光とは?

長めのシャッタースピードでの撮影です。

長時間露光は星の撮影などでも使う撮影方法ですが…

この場合テクニックというよりも「方法が無いから」

滝や川の水を筋のように

シャッタースピードを長くして撮影

シャッタースピードを長く=長時間露光

NDフィルターと長時間露光撮影は切っても切れない関係です。

夜間などはNDフィルターを使用する利点は少ないかもしれません。

ただイルミネーションの撮影などはNDを使う事でより良くなります。

これは被写体に光量があるからですね?

NDフィルターを使った撮影は使用するNDの数値で制御します。

NDフィルター使用の撮影

この記事に掲載している写真は全てNDフィルターを使用しています。

NDフィルターで海辺の撮影

まず通常撮影したものと長時間露光撮影したものを比べてみましょう。

ただし両方ともNDフィルターを使用しています。

ND+通常撮影

NDフィルターを使った海辺の撮影!作風で使い分けるNDの種類!長時間露光や2枚重ね

ND+長時間露光

NDフィルターを使った海辺の撮影!作風で使い分けるNDの種類!長時間露光や2枚重ね

海の撮影は波の様子が撮影されます。

波の様子を伝えたい時、または波を消したい時…

その風景や状況、作風によって撮影方法が変わります。

通常撮影だと波の様子がわかりますが…

長時間露光の撮影は波がフラットになっています。

NDフィルターを使った海辺の撮影例

三脚でじっくり撮影する時に限ってですが…

朝夕・日中で撮影するほとんどNDフィルターを使っています。

手持ちで撮影する時はほとんど使用しません。

日の出前の横浜港

この写真は横浜港の日の出直前の様子です。

ある程度明るく朝焼けに染まる空と海ですが…

波をフラットに撮影しシンプルにしたものです。

NDフィルターを使った海辺の撮影!作風で使い分けるNDの種類!長時間露光や2枚重ね

使用NDフィルター:ND16

日没後のお台場風景

同じように撮影したお台場の写真です。

こちらは夕焼けの時間帯。

ビルの影をシルエットでリフレクション撮影したものです。

この場所の場合はお台場海浜公園の湾内という事もあり波は静かです。

さほど長時間である必要はありません。

NDフィルターを使った海辺の撮影!作風で使い分けるNDの種類!長時間露光や2枚重ね

使用NDフィルター:ND8

日没後の東京湾の風景

次の写真は日没直後で空もかなり明るい状態です。

波が多めの東京湾をフラットに撮影したものです。

三角波が常に波打つ状態をかなり長めのシャッタースピードで撮影したものです。

そのため使用したNDフィルターはかなり暗いものです。

NDフィルターを使った海辺の撮影!作風で使い分けるNDの種類!長時間露光や2枚重ね

使用NDフィルター:ND400

雲が迫るお台場の夜景

天気が悪い夜ですが…

行き交う屋形船の光跡を撮影したものです。

動く雲も筋のように流れています。

雲を流して撮影する時もNDフィルターを使った長時間露光は多く使われます。

この時はNDフィルターを2枚重ねて使用しています。

NDフィルターを使った海辺の撮影!作風で使い分けるNDの種類!長時間露光や2枚重ね

使用NDフィルター:ND8+ND4=ND32

※NDフィルターを重ねて使用する時は使用NDの掛け算になります。

NDフィルターと海辺の撮影応用とコツ

それぞれの写真をおさらいすると…

明るい環境での撮影・暗い環境での撮影など環境は様々です。

また長時間露光の時間設定も様々。

どのような環境でもNDフィルターが濃ければシャッタースピードも長くなります。

またNDフィルターが複数枚ある事で重ねて使用する事ができます。

今回の例は「海」でしたが、湖や川でも同じ事です。

NDフィルターはND4・ND8・ND16など3種類ほど用意しておくと便利です。

撮影環境や被写体に合わせた撮影例は下記の記事リンクよりご覧ください。

NDフィルターと長時間露光の関連記事

MDフィルターや長時間露光に関する記事を参考に

被写体による色々な撮影方法で撮影してみましょう。

NDフィルターの解説記事

NDフィルターの詳細記事です。

NDフィルターの使い方を紹介しています。

今回と同じような内容かもしれませんが…

波打ち際に焦点を当てた記事もありますのでご覧ください。

海面と波打ち際では見え方もかなり変わります。

NDフィルターの種類

NDフィルターにも様々な種類があります。

同じ機能でも性能によって価格も異なります。

NDフィルターを使った海辺の撮影まとめ

NDフィルターを使い慣れると撮影も広がります。

今回は海辺の撮影に関してでした。

他の風景での使用などもご紹介したいと思います。