—NEWS—
12月はふたご座流星群の観測
2019年初日の出計画(方角確認)

だるま朝日・だるま夕日水平線につながる太陽はいつ見える?関東近郊でだるま太陽撮影!

だるま朝日・だるま夕日水平線につながる太陽はいつ見える?関東近郊でだるま太陽撮影!
だるま朝日・だるま夕日
だるま朝日やだるま夕日、海で見える水平線にくっついた太陽。
だるま太陽っていつ見えるの?どこで見えるの?
だるま朝日やだるま夕日を撮ってみましょう!

写真を楽しむブログ[撮影地撮影方法紹介の写真ブログ]にようこそ!

だるま太陽というのは、海面にくっついて見える太陽を
達磨(だるま)に見立てて呼ばれている現象です。

英語だとオメガサンと表現します。
オメガ(Ω)の形に似ているからですね。

このようなだるま太陽は関東近辺でも撮影できるのでしょうか?

撮影しただるま朝日やだるま夕日を紹介しながら、いつ頃、どの地域で撮影したかも紹介します。

広告

だるま太陽

「だるま朝日」や「だるま夕日」のような、だるま太陽とは?

だるま太陽は「朝日」か「夕日」になります。

海から出てきた朝日や、海に沈む夕日が、水平線と繋がって「だるま」のように見えます。

環境によっては、海である必要はありませんが、なかなか条件に合う陸地も少ないので撮りに行くなら海になりますね。

広大な平地であれば、地平線と太陽が繋がって見える事もあります。

だるま朝日の場合は、朝日が昇ってくる時に、水蒸気を通してレンズのように光が屈折して、太陽が映し出されます。

映し出された朝日と実際の朝日が繋がって見えるのですね。

夕日は逆に太陽が沈む時に光が屈折されているのです。

だるま太陽はいつ見える?

だるま朝日やだるま夕日はいつ見える?

だるま朝日やだるま夕日が見えるのは、冷えた空気と海水の温度差が要。
秋の終わり頃から春先までがベストシーズンになります。

実際に私もだるま朝日やだるま夕日を撮影したのは11月初めから3月末頃になります。

やはり冬の期間が一番撮影しやすいと思いますが、こればっかりは水平線の雲や霧などに影響されますので言い切れません。

だるま太陽はどこで見える?

だるま朝日を撮影したい!見てみたい!そんな方も多いと思います。

だるま太陽は一体どこで見えるのでしょうか?

比較的有名なだるま朝日やだるま夕日の聖地は高知県室戸が有名ですね。

高知県の室戸岬などは、黒潮の影響も大きいので時期も特定し易いのでしょう。

私は主に関東近郊で撮影しているものを紹介していますので東京からもほど近い「だるま朝日」や「だるま夕日」の撮影地を紹介します。

だるま朝日の撮影

では実際に撮影した、だるま朝日からご紹介します。

撮影地に関しては、ピンポイントの場所だから撮影できるという事ではなく、その周辺なら条件も合うから撮影できるという事です。

最大の条件とは「海からの日の出」が見える場所であるという事。

最初に断っておきますと…っぽくないものも多く含まれます。

伊豆半島のだるま朝日

伊豆半島なら東側の海になりますので、東伊豆や南伊豆の地域になります。

伊豆大浜のだるま朝日

私が撮影した中では、一番だるまらしい「だるま朝日」の撮影ですがトップで紹介している状態が一番「らしい」ものです。

こちらは、達磨になろうとしている状態のものと、離れていく状態のものです。

3月の撮影になります。

だるま朝日・だるま夕日水平線につながる太陽はいつ見える?関東近郊でだるま太陽撮影!
だるま朝日・だるま夕日

朝日が繋がっていただるま朝日が離れた瞬間は
ちょっと太った「エクスクラメーションマーク(!)」のようですね。

だるま朝日・だるま夕日水平線につながる太陽はいつ見える?関東近郊でだるま太陽撮影!
だるま朝日・だるま夕日

トップでも紹介しているだるま朝日と同じ時間ですが、トップの写真の方がだるまっぽいですね。

この撮影地は伊豆大浜になります。
海からの日の出が撮り易い場所ですのでおススメです。

爪木崎のだるま朝日

南伊豆に位置する下田の爪木崎も海からの日の出が撮影できる場所です。
あれ?もうちょっと、らしい瞬間があったはずですが…

1月末の撮影になります。

だるま朝日・だるま夕日水平線につながる太陽はいつ見える?関東近郊でだるま太陽撮影!
だるま朝日・だるま夕日

水蒸気が少ないのかな?もう少し冷えていれば良かったのかな?
と言う感じの、思ってもいなかったけど、水平線にくっついている朝日です。

だるま朝日・だるま夕日水平線につながる太陽はいつ見える?関東近郊でだるま太陽撮影!
だるま朝日・だるま夕日

爪木崎での撮影はここから!という全景です。
季節によって違いますので、冬はここから!かな?

だるま朝日・だるま夕日水平線につながる太陽はいつ見える?関東近郊でだるま太陽撮影!
だるま朝日・だるま夕日

爪木崎は、毎回雲に覆われてなかなか良い朝日が撮影できませんでしたがやっと撮影できたという爪木崎の朝日です。

だるまと言うには、ちょっと首が太いですね。

だるま朝日の様子を動画でも紹介しています。

千葉県のだるま朝日

千葉県と言えば、外房ならほぼ全域に近いくらい海からの日の出が見えます。

関東最大の「海からの日の出」の撮影スポットになります。

だるま朝日・だるま夕日水平線につながる太陽はいつ見える?関東近郊でだるま太陽撮影!
だるま朝日・だるま夕日

九十九里浜からのだるま朝日の撮影になりますが、
水平線に繋がっている部分しか見えていませんね。

目の部分あたりは目隠し状態です。

茨城県のだるま朝日

茨城県の大洗、神磯の鳥居でのだるま朝日になります。
あっ、こんな事なら鳥居の中に入る位置で撮れば良かった…という。

12月中旬の撮影になります。

パワースポット神磯の鳥居大洗磯前神社のアクセスと撮影攻略!海からの日の出と鳥居
だるま朝日・だるま夕日

神磯の鳥居でのだるま朝日は、アップで撮るのを忘れていました。

鳥居が被写体としてメインだったので、どうしても朝日をアップで撮れなかったのが原因です。

この写真の他にも撮っていますが、ちょっと離れかかったものを紹介しました。

広告

[夜景が見える露天風呂の宿|楽天]

だるま夕日の撮影

だるま夕日は、なかなか撮影できません。
関東近郊の海に沈む夕日の撮影地の問題ですね。

西伊豆のだるま夕日

西伊豆は夕日や夕焼けの聖地ですが、海へ沈む夕日は限定されます。
こちらは西伊豆の仁科峠からの撮影になります。

12月初旬の撮影になります。

だるま朝日・だるま夕日水平線につながる太陽はいつ見える?関東近郊でだるま太陽撮影!
だるま朝日・だるま夕日

完全に海面から離れている状態ですが、
水平線に光が見えるのが分かると思います。

ええ…だるま夕日になるかも?という状態です。
夕日なのでこれから海へと沈んでいく前の状態になります。

だるま朝日・だるま夕日水平線につながる太陽はいつ見える?関東近郊でだるま太陽撮影!
だるま朝日・だるま夕日

残念ながら、雲によって切れていますね。

くっついていなかったのは、あの雲があったのか!残念!という状態です。
片方が繋がっている写真もあったのですが、イマイチなので、こちらを。

だるま太陽の撮影まとめ

こうやって見ると、だるま?というようなものが多いですね。

海から日の出が見える場所で、11月末から3月末位までは、だるま朝日やだるま夕日の撮影のチャンスがあります。

千葉県や茨城県の海岸も東向きの日の出スポットですのでやたら寒いな!という晴れそうな時は狙い目ではあります。

他にもおよそだるま太陽とは言えないような「タコ」や「パックマン」がありますが写真が多くなりそうなので…

初日の出もだるま朝日なら縁起が良いですね。

ぜひだるま太陽をゲットしてみてください。