ハート形の岩礁!伊豆下田の竜宮窟伊豆のジオパーク撮影攻略!竜宮窟へのアクセス

ハート形の岩礁!伊豆下田の竜宮窟伊豆のジオパーク撮影攻略!竜宮窟へのアクセス

竜宮公園(竜宮窟)

写真を楽しむ[撮影地撮影方法紹介の写真ブログ]にようこそ!

伊豆半島には沢山の観光スポットや撮影ポイントがありますが、今回は伊豆半島の下田にある竜宮窟(りゅうぐうくつ)をご紹介します。

竜宮窟は伊豆の観光地の中でも、マイナーではありますがちょっと不思議なパワースポットでもあります。

[sponsor PR]
連休の予定はお早めに!
【Booking.com】世界のホテル割引予約

竜宮窟(竜宮公園)

竜宮窟(りゅうぐうくつ)がある場所は、竜宮公園とも呼ばれ、伊豆下田の中でも「カップルたちのパワースポット」としても近年注目の場所です。

ハートの形に見える海岸「竜宮窟(りゅうぐうくつ)」

上から見るとハートの形に見える海岸があるんです。

上から見るなんてドローンでもないと見れないのでは?

いえ…ちゃんと肉眼で見れますのでぜひ訪れてみてくださいね。

竜宮窟の概要

竜宮窟は、ジブリのアニメ映画「紅の豚」のモデル地という噂もありますが、それは違うでしょう。

それでも、そのような雰囲気と風景が類似しているのは確かです。不思議な空間を味わうのには、最適のエリアには間違いありません。

ハート形の岩礁!伊豆下田の竜宮窟伊豆のジオパーク撮影攻略!竜宮窟へのアクセス

竜宮公園(竜宮窟)

ハート形の岩礁!伊豆下田の竜宮窟伊豆のジオパーク撮影攻略!竜宮窟へのアクセス

竜宮公園(竜宮窟)

波の浸食作用によってできた洞窟です。外とは別世界のような不思議で神秘的な空間です。湿度はやや高めですが、夏でもひんやり。聞こえる音は波の音だけ。心も体もリラックスできる居心地のよい場所です。そして天井から降り注ぐ太陽の光がなんとも幻想的です。
出典:田牛観光協会

[sponsor PR]
[厳選ショップ]
ハート形の岩礁!伊豆下田の竜宮窟伊豆のジオパーク撮影攻略!竜宮窟へのアクセス

竜宮公園(竜宮窟)

ハート形の岩礁!伊豆下田の竜宮窟伊豆のジオパーク撮影攻略!竜宮窟へのアクセス

竜宮公園(竜宮窟)

竜宮窟は上から見ると、ハート形をしており、恋人たちの聖地とも言われています。

実際、竜宮公園は、竜宮窟を上から一周することができますのでぜひ挑戦してみてください。

ハート形の岩礁!伊豆下田の竜宮窟伊豆のジオパーク撮影攻略!竜宮窟へのアクセス

竜宮公園(竜宮窟)

夜は、竜宮窟の中から星空を見ると綺麗ですが、真っ暗で、足下も悪いのでお勧めはできませんが、竜宮窟の星空を撮影する事もできます。

伊豆の下田、竜宮窟(りゅうぐうくつ)にやって来ました。夜が明ける前の竜宮窟は真っ暗!ぽっかりと空いた天空に星空が広がります。海へと空いたトンネルはそろそろ朝焼けに染まる兆しが…伊豆の下田にある竜宮窟、洞窟の中から空を見上げるのも良いかもしれません。

竜宮窟の場所とアクセス

竜宮窟は下田の竜宮公園にあり、住所は静岡県下田市田牛としか表示されていませんが、詳しくはマップの方をご覧ください。

龍宮窟

スマホの場合、地図またはテキストをタップするとgooglemapになります。

バスの場合は、伊豆急下田駅より「田牛(とうじ)」行きバスで20分程度、「前の浜」で下車し、徒歩で約3分。

車の場合は、国道136号線を田牛入口交差点から入ります。交差点付近には下田市立朝日小学校があります。

竜宮窟の入り口には駐車場があり、約10台の駐車スペース。

無料となっていますが、夏季シーズンは有料になる事もあります。
公衆トイレもあります。
夏季シーズンは田牛のサンドスキーなど磯遊びの観光客などもたくさん訪れるため、駐車スペースに限りがあります。

竜宮窟の近辺の様子

竜宮窟のある竜宮公園の横には、田牛の海岸があり、海水浴もできます。

田牛の海岸では、サンドスキーも楽しめ、お子様連れにも良いスポットです。

このサンドスキーのある田牛の海岸は、ドラマや映画などのロケ地としてもよく使われており、
意外にも有名な場所が沢山あります。

北には下田海中水族館や爪木崎、南には石廊崎などがあるため、田牛に立ち寄る事は少ないと思いますが、実は、朝日の撮影ポイントとしては最適です。

田牛の海岸で撮影した風景は
[伊豆半島 田牛の海岸-朝薄明]や[伊豆半島 田牛からの日の出]
などをご覧頂ければ、ロケーションの良さが解るかもしれません。

[sponsor PR]
[厳選ショップ]
専門店だからできる!壊れたカメラでも買取!
事前査定では個人情報不要!
伊豆半島 下田にある田牛(とうじ)での撮影。日の出までの朝の薄明の時刻に田牛の海岸の波打ち際を撮ってみました。今回の伊豆 田牛の海岸での撮影は前回投稿のの前の時刻になります。田牛は朝日や朝焼けをいつでも撮影できるお気に入りの撮影ポイントです。
田牛からの日の出を撮影しました。田牛(とうじ)は、伊豆半島下田にあります。この日の田牛の浜からの日の出は、ちょうど小島の間から朝日が昇りました。かなり霞んだ朝でしたが、朝日はしっかり見えました。海に映る朝日の光は心地よい暖かさを運んでくれました。

竜宮窟周辺のお勧めスポット

伊豆半島で撮影した朝日の撮影地をまとめてご紹介したいと思います。伊豆半島から撮る朝日(日の出)、日の出は東側ですので、伊豆半島の東側という事。海からの朝日は撮影する場所も限られてしまいますので伊豆半島で朝日を撮影する時季は冬が多くなります。
伊豆半島の下田から「大浜」下田は朝日の撮影に適した場所がたくさん存在します。その中でも砂浜の海岸は素敵な波打ち際と岩礁などが撮影できる大浜は魅力的です。
静岡県の伊豆半島、下田にある爪木崎をご案内いたします。爪木崎(つめきさき)は下田からも、ほど近く観光にも良いところ。爪木崎付近では須崎の御用邸が有名ですね。そんな爪木崎は、伊豆半島の朝日の撮影ポイントの一つでもあります。

[【温泉】ホテル・旅館ランキング(全国)]
[ご出発3日前まで予約可能]

竜宮窟のまとめと補足

2017年9月20日に放送されたドラマ「地味にすごい!DX校閲ガール・河野悦子」このドラマのメインとなるロケ地でも紹介された竜宮窟。

「奥多摩オトナ遠足」にはちょっと遠いですね。

実際私も視聴しましたが、私が撮影した時と異なるのが竜宮窟内の様子です。

ドラマでは砂地になっていましたが、もしかしたら現在は砂地になっているのかもしれませんね。

より歩きやすくして見栄えも良く観光地化するために砂地にしたのでしょうか?

それともドラマ上だけの映像による仕掛けなのでしょうか?
最近訪れておりませんので不明です。

さて「校閲ガール・河野悦子」ではハート型は見上げた様子がハート型になっていますが、実は見上げた時のハート型は「時期によって」です。

木々の葉がうまく茂っていればより完璧なハート型に見えます。

実際に見上げた時のハート型っぽい写真も追加してアップしておきますね。

ハート形の岩礁!伊豆下田の竜宮窟伊豆のジオパーク撮影攻略!竜宮窟へのアクセス

竜宮公園(竜宮窟)

夜ですのでわかりにくいとは思いますが、なんとなくハート型にも…

より海側に行けばさらにハート型っぽく見えるかもしれませんね。

機会があればぜひ訪れてみてくださいね。

竜宮窟での風景撮影

風景撮影の評価は?
朝日・朝焼けの撮影
昼間の風景撮影
夕日・夕焼けの撮影
星空の撮影
観光としては、一度は見たい風景です。撮影そのものは撮り方を考えなければただの風景。竜宮窟らしさを捉えましょう。朝日も見えませんし夕日も見ようがありません。洞窟ですから…
一度icon-checkしたら押さないで〜シェアはFボタン!

ブログが気に入ったら
いいね ! してね