山梨県吐竜の滝!ドラマのオープニングにも登場した美しい滝!アクセスと撮影攻略

山梨県吐竜の滝!ドラマのオープニングにも登場した美しい滝!アクセスと撮影攻略
吐竜の滝(どりゅうのたき)

写真を楽しむ[撮影地撮影方法紹介の写真ブログ]にようこそ!

今回は山梨県北杜市にある「吐竜の滝(どりゅうのたき)」をご案内したいと思います。

吐竜の滝は、ドラマのオープニングにも使われたロケ地でもあります。

広告


吐竜の滝の概要

吐竜の滝は春から秋にかけて、良い感じになります。

色々な角度から撮影してみてください。
参照元[吐竜の滝]では、周辺の撮影もしております。
参考にご覧ください。

清里高原の川俣東沢渓谷自然観察園内にある。落差10メートル、幅15メートル。標高は1250メートル。潜流瀑。
2002年にNHKで放送された大河ドラマ、「利家とまつ~加賀百万石物語~」(唐沢寿明、松嶋菜々子 主演)のオープニングに登場したことでも有名。
八ヶ岳南東麓の地下水が溶岩層を通って湧き出した事により形成された滝で、そのため水は1年を通して清らかで冷たく、湧水量もほぼ一定している。
出典:Wikipedia

Wikipediaにも記載のとおり、吐竜の滝は2002年のNHKの大河ドラマ「利家とまつ~加賀百万石物語~」のオープニングに登場しています。

吐竜の滝の場所とアクセス

山梨県吐竜の滝!ドラマのオープニングにも登場した美しい滝!アクセスと撮影攻略
吐竜の滝(どりゅうのたき)

吐竜の滝のある住所は 山梨県北杜市大泉町西井出
吐竜の滝の場所までは、駐車場から森の中へと入っていきます。

スマホの場合、地図をタップするとgooglemapになります。

電車の場合は、JR小海線「甲斐大泉駅(かいおおいずみえき)」からタクシーで10分程度ですので、電車で少人数の場合は、タクシーが便利かもしれません。

JR小海線「清里駅(きよさとえき)」からは期間限定でバスが出ているようですので、バスでのアクセスも考えられます。

ハイキング気分で向かうなら、JR小海線「清里駅」「甲斐大泉駅」から徒歩でもアクセスできます。
その距離はおよそ4km少々だと思います。
双方の駅のほぼ真ん中に位置しています。

車の場合は、県道28号線で清里駅方面の反対側になります。
マップをご参照ください。

駐車場は、30台ほど停められる駐車スペースがあり、トイレもありますが、トイレに関しては仮設トイレということもあり、季節によっては使えない事もあるようです。

吐竜の滝へは、駐車場から徒歩で10分ほどで到着します。
「熊出没」の看板もありますので、繁忙期以外は注意した方が良いですね。

山梨県吐竜の滝!ドラマのオープニングにも登場した美しい滝!アクセスと撮影攻略
吐竜の滝(どりゅうのたき)

森の中を歩いて行くと、やがて小湊線の鉄橋の下をくぐります。
その場所まで来ると、吐竜の滝は目の前です。

吐竜の滝の上流にも行けますが、かなり山道です。
川俣東沢渓谷自然観察園遊歩道があり、夏や秋はハイキングが楽しめますね。

広告

[夜景が見える露天風呂の宿|楽天]

吐竜の滝の近辺の様子

吐竜の滝があるエリアは、近くに清里がある関係で夏や秋は賑わいます。

特に秋は川俣川の紅葉が素晴らしく、たくさんの紅葉見物のドライバーが訪れています。

山梨県吐竜の滝!ドラマのオープニングにも登場した美しい滝!アクセスと撮影攻略
吐竜の滝(どりゅうのたき)

川俣川の紅葉は、県道28号線の「八ヶ岳高原大橋」からの風景が綺麗で、紅葉は10月下旬から11月中旬くらいまで楽しむことができます。

八ヶ岳高原大橋の両側に駐車場がありますので、橋の上で停車しないで、駐車場に停めて橋の真ん中あたりで川俣川の紅葉を楽しむことができます。
ただ…
八ヶ岳高原大橋は、片方向にしか歩道がありませんので、ご注意ください。

川俣川の紅葉の様子は、参照元[川俣川の紅葉]をご覧いただければ、感じが分かるかと思います。