富士山と古民家の景色!忍野八海と富士山の撮影攻略とアクセス!撮影スポットを攻略!

富士山と古民家の景色!忍野八海と富士山の撮影攻略とアクセス!撮影スポットを攻略!

写真を楽しむ[撮影地撮影方法紹介の写真ブログ]にようこそ!

山梨県の富士山の麓にある忍野八海(おしのはっかい)は観光の名勝地のひとつですが、四季を問わず人気の撮影スポットでもあります。

今回は忍野八海について触れたいと思います。

忍野八海は春夏秋冬で撮影ポイントも変わってきますが下記に添付の写真の池は八海のうちのひとつではなく中池といい、個人所有のエリアです。

記事内の画像は無断で抜き取らないでください

忍野八海の概要

富士山と古民家の景色!忍野八海と富士山の撮影攻略とアクセス!撮影スポットを攻略!

忍野八海の八海は、
1)出口池(でぐちいけ)
2)お釜池(おかまいけ)
3)底抜池(そこなしいけ)
4)銚子池(ちょうしいけ)
5)湧池(わくいけ)
6)濁池(にごりいけ)
7)鏡池(かがみいけ)
8)菖蒲池(しょうぶいけ)
の八つの池の事を言います。

忍野八海(おしのはっかい)は山梨県忍野村にある湧泉群。富士山の雪解け水が地下の溶岩の間で、約20年の歳月をかけてろ過され[1]、湧水となって8か所の泉をつくる。英名はS[ad-midle]ings of Mt. Fuji、忍野八海からの湧水は山中湖を水源とする相模川水系の桂川[2]と合流する。国指定の天然記念物、名水百選に指定。県の新富嶽百景にも選定されている。
「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産の一部として世界文化遺産に登録されている。
出典:Wikipedia

逆さ富士を撮影するなら、湧池か鏡池であろう…
各池の大きさや詳細は、
[おしのナビ|忍野八海]に詳しく記載されています。

忍野八海の場所とアクセス

忍野八海は山梨県の富士山の麓にあります。

ちょうど河口湖と山中湖の間辺りですが、山中湖の方が近い。

富士五湖エリアの撮影攻略もご覧ください。

山中湖近辺のお勧め宿

[ラコストリ山中湖]最安料金5,850円〜
[ビュー山中湖]最安料金5,500円〜
[山中湖クラブ]最安料金4,000円〜
楽天トラベルにて評価の高い宿をピックアップしております。