333-contents-1920-19-6-shooting-plan

※各見出しはリンクになっています。

自由に撮る、こだわって撮る、楽しんで撮る
自分スタイルは様々なアイテムから得られるかも?

知らなかった事が身につくと
新しい事を発見でき、そこに喜びも伴う。

インスピレーションでスライダーを動かすと
1枚の写真が複数の作品になって生まれ変わる。

こんなものを撮ってみたい!
こんなふうに撮ってみたい!
思ったように撮れない時ほど写真を楽しめます。
道具と気づきで新しい作品が生まれます。

CONTENTS

Photograph

カメラ・レンズ・アプリ等写真情報
333-contents-1920-19-6-shooting-plan

※各見出しはリンクになっています。

計画を立てる時から撮影の楽しみは始まっている
足を運び、思い通りに撮れた喜びを味わいたい。

メジャーな撮影地だけでなく
何気なく訪れた地にこそ新しい景色が待っている。

なぜこんな失敗をする?
撮り慣れていても失敗はつきもの…(コラム)

ストレスが溜まったらカメラ片手に出かけてみよう
見慣れた景色の中にも気づいていない被写体が
撮ってほしいと待っているかもしれません。
写真仲間とでも良い、ひとりでも良い。

CONTENTS

Landscape

撮影地の紹介
333-contents-1920-19-6-shooting-plan

※各見出しはリンクになっています。

光に閉ざされた地で夜空を見上げると
星の多さに驚くことは間違いないだろう。

普段はあまり気にしないかもしれないけど
月を眺めている時は、リラックスできている。

流れ星を見る機会は少ないけれど
見る事ができると高揚した自分に気がつく。

夜空に横たわる天の川や流れ星が見られると
宇宙に近づいた感覚になるかもしれません。
忘れてほしくないのは見慣れている月
身近にあるものほど気にかけなくなりがちですね。

CONTENTS

Astronomical Observation and Photography

天体観測と撮影

previous arrow
next arrow

Movavi Photo Editor5写真現像加工の無料アプリ体験レポート!Mac&Win対応

Movavi Photo Editor5を使ってみました。

写真系のアプリはたくさんありますが、無料アプリの場合は制限があります。

Movavi Photo Editor5も同様ですが無料でも充分使用できるようです。

Movavi Photo Editor5はPC用のアプリケーションでWin版、Mac版があります。

写真を楽しむブログ 撮影アイテム紹介 写真ブログにようこそ!

私は基本的にPhotoshopを使用しているので、その他の写真加工アプリは必要ありませんが、たまに簡単にできるエフェクトなどがあると試してみたくなります。

そこで目に付いた写真現像加工アプリが「Movavi Photo Editor5」

早速使用してみました。

写真を楽しむブログ記事内の画像は無断で抜き取らないでください

Movavi Photo Editor5とは

Movavi Photo Editor5は無料で配布されていますが、さらにエフェクトを利用したい場合などは有料になるようです。

モバイル用ではなくデスクトップ用のアプリケーションでWin版、Mac版が用意されています。

Movavi Photo Editor5をサイトからダウンロードして展開します。

ダウンロードからインストール方法は簡単ですので省略しますが、ダウンロードしてインストーラーの指示に従えばインストールできます。

Movavi Photo Editor5ダウンロード」(Mac版)

ダウンロードサイトはMac版のページですがWin版はリンクがあります。

対応写真画像データ

下記の写真データが取り込めます。

BMP, DPX, GIF (静止画像), JPEG, JPEG-LS, JPEG 2000, PBM, PGM, PCX, PIC, PGMYUV, PNG, PIX, PTX, PPM, Sun Rasterfile, TIFF, TARGA, WebP, XFace, XBM, RAW (一般的な形式)

写真データの全域を網羅していますので全く問題ありませんね。

Movavi Photo Editor5

Movavi Photo Editor5を開くとチュートリアルを観ると言う案内がありますので、言われるがままにチュートリアルを観ると、殆どの事が理解できます。

Movavi Photo Editor5写真現像加工の無料アプリ体験レポート!Mac&Win対応

調節

写真の現像や色合いの調節ができます。

Movavi Photo Editor5写真現像加工の無料アプリ体験レポート!Mac&Win対応

ホワイトバランスから明るさ・コントラストなどほとんどの色調節ができます。

暗すぎたり明るすぎる写真もも露出を変えることができますので、多少の失敗写真は蘇ります。

Movavi Photo Editor5写真現像加工の無料アプリ体験レポート!Mac&Win対応

前/後

調整前と調整後を横に並べて比較できるため、調整状態が良く分かります。

Movavi Photo Editor5写真現像加工の無料アプリ体験レポート!Mac&Win対応

Movavi Photo Editor5使用感

実際に手持ちの画像を開いてみます。

RAWデータを開いてみました。RAWデータが開けるという事は現像ができるという事ですね。

Movavi Photo Editor5写真現像加工の無料アプリ体験レポート!Mac&Win対応

効果が用意されていて好みの加工がワンタッチでできます。

エフェクトを使用したものは、効果の量で調節できるため程良い状態を選択できます。

Movavi Photo Editor5写真現像加工の無料アプリ体験レポート!Mac&Win対応

いろいろいじらなくても効果を適用すればすぐに加工画像が出来上がります。

スマホアプリ同様に加工ならすぐできます。

Movavi Photo Editor5の魅力として試したいのが修復機能です。

モノクロの写真に限ってという事ですが、古い写真を修復することができます。

無料版の場合は、サイズに制限があるようですが有料バージョンにアップグレードすればサイズも選択できるようです。

Movavi Photo Editor5写真現像加工の無料アプリ体験レポート!Mac&Win対応

古い写真を修復するには写真自体をスキャンして加工しますが、プロでないと修復は難しいためこのような機能が備わっているのであれば魅力的なアプリです。

古い写真をデジタル化するには良いアプリケーションですね。

Movavi Photo Editor5まとめ

普段Photoshopなど有料のアプリケーションを使用していれば、新たに手に入れる必要は無いアプリケーションです。

また各メーカーからの支給アプリがあれば必要無いかもしれません。

スマホではなく「デジカメで撮影した写真を無料アプリで加工したい」などの場合は、選択肢に入れても良いでしょう。

ただ、有料バージョンにするか?という事であれば他にもありますので吟味してください。

写真・撮影・アプリの情報

Posted by pix-524