2022年版しぶんぎ座流星群の観測と撮影攻略!新年の流星群撮影!2022年版流星群観測撮影

2022年版しぶんぎ座流星群の観測と撮影攻略!新年の流星群撮影!2022年版流星群観測撮影

  • 今年初の流星群を見たい!
  • 2022年のしぶんぎ座流星群は見える?
  • しぶんぎ座流星群の観測方法は?

冬の代表的な天体イベント「しぶんぎ座流星群」

年間の恒例の新年の流星群です。

2022年の極大日はいつでしょうか?

2022年のしぶんぎ座流星群極大の日、月の位置は?

果たしてしぶんぎ座流星群は見られるのでしょうか?

2022年のしぶんぎ座流星群、観測や撮影の参考にしてください。
2022年版しぶんぎ座流星群の観測と撮影攻略!新年の流星群撮影!2022年版流星群観測撮影

記事内の画像は無断で抜き取らないでください

しぶんぎ座流星群

まずはしぶんぎ座流星群とは?

しぶんぎ座流星群とは?

「しぶんぎ座流星群(しぶんぎざりゅうせいぐん、学名: Quadrantids)」毎年1月1日頃から1月5日頃に出現が見られ、
1月4日頃に鋭い出現のピークを迎える。うしかい座とりゅう座の境界付近を放射点として出現する流星群で、しぶんぎ座は1928年に廃止されたが、しぶんぎ座流星群の
名前は現在でも使われている。

しぶんぎ座流星群他、1年間の流星群については下記記事に。

2022年のしぶんぎ座流星群

しぶんぎ座流星群は毎年1月4日頃が極大になります。

2022年は何時頃が極大でしょうか?

しぶんぎ座流星群が見える日

しぶんぎ座流星群の出現期間は1月4日前後です。

流星群がよく見られるのは「極大日」と呼ばれる日。

2021年のしぶんぎ座流星群の極大日は?
check 極大日は1月4日

しぶんぎ座流星群が見える時間

2022年1月4日しぶんぎ座流星群の極大。

しぶんぎ座流星群の方角

しぶんぎ座が見える方角を見てみましょう!

アプリによってはしぶんぎ座が表示されない事があります。
廃止された星座名の為ですが、りゅう座とうしかい座の境界が放出点になります。

2022年版しぶんぎ座流星群の観測と撮影攻略!新年の流星群撮影!2022年版流星群観測撮影

1月4日00:00にはしぶんぎ座は北北東の地平線にあります。

朝方には北東上空になります。

極大日の月の状態

流星群を観測するのに弊害となるのが月になります。

2022年1月4日の月は?

2022年1月4日は月が見えません。

前日の1月3日が新月になりますので、晴れてさえいれば絶好の流星群撮影日和です。

1月4日に月は見えません!

一晩中撮影できる為、全方向での観測・撮影が可能です。

しぶんぎ座流星群の観測

しぶんぎ座流星群にが限らず全ての流星群に言える事ですが…

流星群の観測方法として星座の方角を見る必要はありません。

どうしても放出点の方向を撮影したい?
check 北斗七星を探す!

しぶんぎ座は分からない為、一番良い方法は北斗七星を狙うのが良い
北斗七星の下にあると考えれば、放出点狙いでは一番撮りやすい方角になります。

しぶんぎ座流星群の観測方法

2022年の極大日は一晩中月が出ていません。

観測同様に月を気にせず街灯などの直視を避けて観測します。

しぶんぎ座流星群の撮影

しぶんぎ座流星群に限らず流星群の撮影方法は同じ。
流れ星はいつ流れるか予測できません。

インターバル撮影で撮る事をお勧めします。
月が出ていない為、どの方角でも撮影する事ができます。被写体を決めて撮影するのがお勧めです。例えば大きな橋・お城・スカイツリー等々。

しぶんぎ座流星群の撮影方法

流れ星の撮影ができる事が前提になります。

check 流星群の撮影方法は?
check 流星群の撮影は初めて!

check 流星群の撮影方法を確認!
check 流星群の撮影方法

流星群の撮影方法の記事には撮影方法や撮影地に関しても記載しています。

2021年版ペルセウス座流星群の攻略でもおさらいしています。

流星群の撮影方法

流星群の撮影はどの流星群も同じです。

初めて流星群を撮影する場合は動画も参考にしてみてください。

星のピントの合わせ方なども解説しています。

2020年版10月の流星群!オリオン座流星群の観測と撮影攻略!秋の流れ星を撮ろう!

インターバル撮影の方角

2022年のしぶんぎ座流星群は絶好の撮影日和。晴れてさえいれば撮影できます。

インターバル撮影で撮影する方角はどの方角でも大丈夫。街灯などが画角に入ったりゴーストやフレアを避けてカメラを向けます。放出点狙いなら北斗七星に向け0時から朝方までインターバル撮影します。

check 長い時間同じ方角で撮影したい場合も全方向OK!

流星群の撮影関連

流星群の撮影は期待感があり、撮影していても楽しいものです。

夏のペルセウス座流星群より少ない流れ星の数ではありますが、年間の三大流星群の撮影に挑戦する価値はあります。

流星群の撮影攻略として各記事で紹介していますので参考にしてください。

流星群の撮影関連記事
流星群の観測・撮影の記事一覧

2022年しぶんぎ座流星群まとめ

しぶんぎ座流星群の極大日の空の環境が良い事を祈るばかりです。

新年初の流星群撮影を計画してみてください。

卓上 ミニクリスマスツリー 電飾つき