鹿児島市内の隠れた瀑布「ふずん滝」ひと気の無い滝の風景!知られぬ田園地帯の滝

鹿児島市内の隠れた瀑布「ふずん滝」ひと気の無い滝の風景!知られぬ田園地帯の滝

鹿児島市内で名も知れぬ滝を探してみたい!

誰も訪れない知られぬ滝。

数十年ぶりに鹿児島市にやって来ました。

写真を楽しむブログ 撮影地撮影方法紹介の写真ブログにようこそ!

ある理由で鹿児島市内の滝を探していました。

滝というよりも良い景観探しとして…

ネットなどで探してもあまりよく分からない説明。

このような所こそ素晴らしい景色が見られるのかも?

そのような思いで行き着いた滝「ふずん滝」をご紹介します。

鹿児島市内にはふずん滝以外にもたくさんの滝があります。

県外からはマイナーとも言える滝。

ふずん滝はとても味のある滝でした。

朝倉さや AGRIMONY(アグリモニー)旅さあべ メジャーデビュー 2010年4月
 ご注意! 

ふずん滝

ふずん滝は鹿児島市内の犬迫町(いぬざこちょう)にあります。

鹿児島市内の隠れた瀑布「ふずん滝」ひと気の無い滝の風景!知られぬ田園地帯の滝

ふずん滝の撮影

今回、風景写真撮影の装備ではありませんでした。

三脚も持っておらず…

フィルターすら持参していません。

滝の近くまで寄れば、もっとダイナミックに撮影できます。

鹿児島市内の隠れた瀑布「ふずん滝」ひと気の無い滝の風景!知られぬ田園地帯の滝

この時撮影した撮影データは…

絞り:f9
シャッタースピード:1/9

日中で比較的明るい事もありますので

NDフィルターや三脚無しでもこの程度なら滝を流して撮影可能です。

鹿児島市内の隠れた瀑布「ふずん滝」ひと気の無い滝の風景!知られぬ田園地帯の滝

ふずん滝はネットにも紹介されてある事から、地元の方は当然知っているだろう…

そう思っておりましたが…

ここまで来たらひと目見たい。

もはやあるテレビ番組の場所探しのような…

スマホの地図などを見せて地元の方に尋ねます。

滝の下流で稲の収穫をしている農家の方に聞いても要領を得ません。

「ふずん滝」という名称があまり知られていないようです。

半径500m程度の民家の方にも聞いてみましたが…

「音は聞こえるけど見た事はない」とのお話でした。

ふずん滝へのアクセス

ふずん滝へはカーナビへの登録でたどり着く事ができます。

ただ…

「ふずん滝」では表示されませんので近くのレストランなどで入力します。

鹿児島市内の隠れた瀑布「ふずん滝」ひと気の無い滝の風景!知られぬ田園地帯の滝

緯度経度表示の場所が入り口の道になります。

赤丸の場所が滝のある場所です。

この赤丸の付近にも入り口の道が繋がっています。

行き方と詳細

名称:ふずん滝

住所:〒891-1205 鹿児島県鹿児島市犬迫町

スマホやパソコンで地図を確認する場合、チェックポイントが入口になります。

あくまでも入り口です。

「ふずん滝」はこの脇道の途中に降り口があります。

地元の方の話では「旧道」という事でしたが、ほんの僅かな距離の道です。

カーナビなどに登録する場合、「レストランにっぽ里」で行き着く事ができます。

地図を少しずらすと「ふずん滝の入り口」と「レストランにっぽ里」との距離がわかると思います。

チェックポイントの入り口の左の入り口からでもアクセスできます。

この入り口付近に階段がありますが、封鎖されていました。

U字のような脇道の中央付近に川への降り口があります。

撮影時は下記の写真のような感じでした。

鹿児島市内の隠れた瀑布「ふずん滝」ひと気の無い滝の風景!知られぬ田園地帯の滝

特に「立ち入り禁止」などの表示がありませんでしたのでアクセスしてみましたが、足場は良いとは言えませんのでご注意ください。

蜘蛛の巣が行く手を阻みますので小枝を使って取り除きながら進みます。

立ち入り禁止などの状況の場合は立ち入らないでください。

場合によっては危険地帯になり得る事もあります。

ふずん滝まとめ

今回のふずん滝へのアクセスはレンタカー。

個人的には鹿児島の色々な場所にも行きたいところでしたが…

今回は出張の一環。

何ヶ所かで地元の方に聞いた時、皆さん優しくて親切。

「どこから来たの?」

「東京からです」

「あらまぁ〜〜遠いところから〜」

「見つかるといいね〜」

など、知らなくても知っている限りの事をお話いただき

ヒントになり最終的に行き着く事ができました。

知らない土地の撮影地などを探す場合、

このような地元の方の情報は欠かせませんね。

いつも感謝しています。

鹿児島での撮影は僅かの時間でしたが、次回は個人的に行きたい場所などがたくさんある事を知りました。

是非とも撮影目的だけでアクセスしたい鹿児島でした。

滝を綺麗に撮るのはNDフィルターが不可欠。

三脚とNDフィルターを使ってダイナミックな滝の様子を撮影してください。