UVカットフィルター!見た目に近い撮影を!UVプロテクター!Amazon限定Kenkoフィルター

UVカットフィルター!見た目に近い撮影を!UVプロテクター!Amazon限定Kenkoフィルター

見た目に近い色合いで撮影するには?

自然な色合いの写真を撮るには?

晴れた日に風景を撮影すると…

見た目よりも全体的に青味がかって写る事があります。

自然の見た目に近い状態で撮影する事ができるのは?

フィルターによる効果で人間の見た目に近い写りを期待できます。

写真を楽しむブログ 撮影地撮影方法紹介の写真ブログにようこそ!

UVカットフィルターはKenkoを始めプロテクターに採用されています。

紫外線をカットするフィルターは見た目だけでなくカメラにも優しいフィルター。

紫外線はデジタルカメラにも悪い影響があるのですね?

今回はUVカットフィルターの特性を紹介しましょう。

朝倉さや AGRIMONY(アグリモニー)旅さあべ メジャーデビュー 2010年4月
 ご注意! 

UVカットフィルター

UVカットフィルターはプロテクターとして常時使用できる為、フィルター無しの状態よりも効果が期待できます。

UVカットフィルター!見た目に近い撮影を!UVプロテクター!Amazon限定Kenkoフィルター

UVカットフィルターとは?

UVカットフィルターはどのような効果があるフィルターでしょうか?

UVカットフィルターとは?

UVカットフィルターは紫外線をカットして見た目に近い撮影をする為のフィルターです。

UVカットの機能

紫外線の光線のみをカット
カメラのセンサーは紫外線も感知できる。

多少ながら写真に影響。

紫外線をカット

カメラに優しい・写真を忠実に!

UVカットフィルターの種類

UVカットフィルターにも色々な種類があります。

UVカットフィルターのチェック点

UVカットフィルターを購入する時、チェックする点として…

コーティングやガラスの外周加工・厚みなどをチェックします。

UVカットフィルターのチェック点

コーティング
フィルターの厚み
ガラスの外周加工

撥水・防汚コーティング
撥水加工が施されている事で、水しぶきや小雨の時に水滴がついても簡単に除去。
水滴は拭き取らない

ブロアーで水滴が吹き飛ぶ

UVカットフィルター!見た目に近い撮影を!UVプロテクター!Amazon限定Kenkoフィルター

フィルターの厚み
フィルターの厚みはノーマルよりも薄型がベストです。
ただし、フィルターを重ねて使用しない場合や超広角レンズを使用しない場合は普通の厚さでも問題ありません。
ガラスの外周加工
ガラスの外枠を黒く加工している事でレンズ内への反射を防ぎます。

UVカットフィルター!見た目に近い撮影を!UVプロテクター!Amazon限定Kenkoフィルター

PRO1D ネオ UVプロテクター

Amazon限定のUVフィルター

PRO1D ネオ UVプロテクター(PRO1D UV プロテクター NEO)

このフィルターは高機能の「ZRコート」ではありません。

ただ「高精度マルチコート」を採用している為、

「ZRコート」には無い撥水機能があります。

メーカー説明

レンズに届く紫外線を強力にカット! お肌の敵は写真の敵!
紫外線をカットして人の目で見たままに近い写りを実現するUVカットレンズプロテクター、それが「PRO1D UV プロテクター NEO 」です。

紫外線は通常、人間の目には見えず、色味などには影響しませんが、フィルムやデジタルカメラのセンサー(CCD、CMOSセンサーなど)は紫外線なども感知できるので、多少ながら写真に影響します。
特に晴天時の屋外など、紫外線が非常に強い場所での風景撮影においては、紫外線の影響を特に受けやすく、画面全体にあわい青味がかかってしまい、色調のさえない写真となってしまうおそれがあります。
「PRO1D UV プロテクター NEO」は、紫外線の光線のみを強力カット。
可視光線のみをカメラに通すことで、人間の見た目に近い写りを実現します。
風景やポートレートなど、晴天時の屋外撮影に特に最適なUVカットフィルターです。
また、「PRO1D UV プロテクター NEO」は、紫外線以外の光に関しては、影響を与えずそのまま通すので、レンズ保護用フィルターとして普段から大事なレンズに取り付けてお使いいただけます。
高精度マルチコートを施すことで、ガラス面での反射を抑え、画質の劣化を防ぎます。
また、汚れてしまった倍でも、お手入れを簡単に行える撥水・防汚コーティングを採用。指紋などの汚れや雨、水しぶきなどから大切なレンズを守ります。
広角レンズにもお使いいただける薄枠設計です。安心と信頼の日本製。

■紫外線を強力カット! 見たままの写りを実現するUVカットプロテクター
紫外線は本来人の目では見ることのできませんが、フィルムやデジタル撮像素子は紫外線を感知してしまうので、わずかながら写真に影響を及ぼします。
特に晴天時の屋外の撮影時などにおいては画面全体に淡い青味がかかってしまい色調の冴えない写真となってしまう恐れがあります。
「PRO1D UV プロテクター NEO」こういった紫外線域の光線を強力にカット! 可視光線のみを通すことで人間の見たままに近い写りを実現することができます。

■高精度マルチコートと撥水・防汚コーティングで常用フィルターとして充実な機能を装備。
「PRO1D UV プロテクター NEO」は、常にレンズに着けたままでもOKの保護フィルターとしての役割も備えています。
紫外線以外の光には影響を与えないよう高精度マルチコートで高い透過率を実現。また、水やしぶき、指紋など油汚れなどをしっかりと弾く「撥水・防汚コーティング」を採用。
万が一汚れが付いても、クリーニングクロスなどでさっと拭くだけで簡単にお手入れを行うことができます。外で撮影を行うことが多い人にはウレシイ機能です。

■広角レンズでもOK! 安心の薄枠設計
枠が厚いフィルターを着けるとレンズによっては、フィルターが映り込んでしまい、写真の四隅に影ができてしまうことがあります。(ケラレ)。「PRO1D UV プロテクター NEO」は焦点距離の短いレンズでも枠が映り込みにくい薄枠設計。
レンズを気にせず装着して使用することができます。

PRO1D UV プロテクター NEOはAmazon限定である事。

UVプロテクターは「ZRコート」にある要素とプロテクターの要素を加味したフィルターです。

「ZRコート」は面反射率0.3%以下の超低反射。
「高精度マルチコート」は面反射率0.5~1%。

レンズフィルターの種類

レンズフィルターには様々な効果があります。

用途に応じてフィルターを使いこなしましょう。

UVフィルターは必要か?

UVフィルターは必要か?と言う事になりますね?

UVフィルターは必要か?

プロテクターを使用しているならUVフィルターに変える事で効果が得られます。

今までUVフィルターを使用していなかった事で困った事はありません。

ただ…

余計なものを取り除く…と言う点。

UVフィルターはプロテクター代わりに!

UVフィルターまとめ

フィルターの種類もメーカーも沢山あります。

安いからとノーブランドのフィルターを選ぶと失敗もあります。

迷った時は「Kenko」が安心ですね。

私も色々なメーカーのフィルターを使っていますが

Kenkoのフィルターは愛用品のひとつです。

Amazon限定品は良いとこ取りの場合が多いですね。

PRO1D UV プロテクター NEOも注目が集まる商品です。

プロテクターを新たに新調する場合やカメラを購入した時などは

PRO1D UV プロテクター NEOを選択するのが得策です。