【特集】2019年7月7日七夕に天の川は見える?七夕の天の川撮影!天の川銀河観測と撮影攻略

【特集】2019年7月7日七夕に天の川は見える?七夕の天の川撮影!天の川銀河観測と撮影攻略

2019年の七夕の天の川は?
7月7日に天の川は見える?
2019年7月7日に見える天の川は?
2019年7月7日の天の川の方角は?

7月7日は誰もが天の川を意識します。

七夕と天の川は切っても切れない関係ですね?

「天の川銀河」は誰もが美しいと思う空に流れる星の集まり。

普段から天体や天の川を撮影している方はこだわりませんが…

一般的に七夕の日は天の川が気になるようです。

写真を楽しむブログ 撮影地撮影方法紹介の写真ブログにようこそ!

今回はいつもの「月別の天の川の撮影最適日時」からピックアップ!

2019年7月7日の天の川の観測と撮影特集!

七夕だからこそ!
7月7日の天の川を徹底的にご紹介します。
スポンサー広告
 ご注意!

七夕(たなばた)

7月7日の七夕に見える天の川銀河の紹介に行く前に…

七夕について少し触れておきましょう。

なぜ七夕になると誰もが天の川が気になるのか?

普段星空などに興味が無くてもなぜか七夕の天の川が耳に入ります。

七夕とは?

そもそも七夕とは何?

七夕(たなばた)は、中国大陸、日本、韓国、台湾、ベトナムなどにおける節供、節日の一つ。
五節句の一つにも数えられる。
旧暦では(七夕節句とはいうが、二十四節気に関連する節月ではなく、暦月の)7月7日の夜のことで、日本ではお盆(旧暦7月15日前後)との関連がある年中行事であったが、明治改暦以降、お盆が新暦月遅れの8月15日前後を主に行われるようになったため関連性が薄れた。
日本の七夕祭りは、新暦7月7日や月遅れの8月7日、あるいはそれらの前後の時期に開催されている。
出典:wikipedia

地方によっては7月7日ではなく8月に七夕祭りなどが開催されます。

旧暦など古くからの神事などを重んじる地域に多いですね?

七夕は一言で言うと…
節日のひとつ。季節の節目です。

五節句のひとつになります。

五節句
1月7日=人日(じんじつ)
3月3日=上巳(じょうし)
5月5日=端午(たんご)
7月7日=七夕(しちせき)
9月9日=重陽(ちょうよう)

七夕と天の川の関係

では…

七夕になるとなぜ天の川が意識されるのでしょうか?

ほとんどの神事は、「夜明けの晩」(7月7日午前1時頃)に行うことが常であり、祭は7月6日の夜から7月7日の早朝の間に行われる。
午前1時頃には天頂付近に主要な星が上り、天の川、牽牛星、織女星の三つが最も見頃になる時間帯でもある。
全国的には、短冊に願い事を書き葉竹に飾ることが一般的に行われている。
出典:wikipedia

そう!

ほとんどの方が「織姫と彦星」の七夕伝説を思い浮かべます。

スポンサー広告

天の川が見える方角と時間

天の川はいつどの方角に見えるのでしょうか?

天の川の見える方角・見え方は季節や時間によって違います。

少しおさらいしてみましょう!

天の川が見える方角は?
天の川が見える時間は?

見える場所も見える時間もそれぞれです!

天の川の観測撮影の最適日時

天の川の撮影方法や毎月の天の川の撮影攻略にも記載しています。

7月7日の天の川の見え方に進む前に…

天の川の見え方について覚えておきましょう!

天の川の位置は毎年同じ。

しかし見え方は

毎年同じ日でも同じ時間でも異なる。
なぜ見え方が異なるのか?
月が出ているか?出ていないか?

見えにくいか?見やすいか?
月の光の影響で見えにくくなる為

月の出月の入りは毎年同じ日でも変わります。

その為、年間の天の川の撮影に適した日時を紹介しています。

7月7日の星空

では早速2019年の七夕である7月7日の星空を見てみましょう。

「織姫星(ベガ)と彦星(アルタイル)」が見える方角や時間帯を知りたいですね?

織姫と彦星が見える方角は?

「織姫星(ベガ)と彦星(アルタイル)」が見える方角と

天の川が見える方角は同じと思って良いでしょう。

ただ…天の川はその名の通り「川のように」見えます。

その為、単純に天の川の方角に「牽牛星と織女星」が見えるとは言えませんね?

「牽牛星と織女星」と天の川が見える方角や時間帯などをチェックしてください。

また天の川はどこで見えるの?

という事も知っておかなければ天の川は見えませんね?

次のページでは…

2019年7月7日に天の川が見える方角や時間などをご紹介します。