—NEWS—
5月撮影の天の川→instagram
2019年5月撮影の天の川記事アップ!

赤い月・オレンジの月・黄色い月いつ見える?色濃い月の撮影方法!刻々と変化する月の色

赤い月・オレンジの月・黄色い月いつ見える?色濃い月の撮影方法!刻々と変化する月の色

赤い月はいつ見える?

赤い月は不吉?

赤い月やオレンジ色の月、黄色い月はいつ見える?

一見不気味にも見える「赤い色の月」

月の色が濃く見えるのはなぜ?

暗くなった夜の始まり…

ふと東の地平線を見ると「真っ赤な月が」

太陽が沈んだ後に西の空を見ると「真っ赤な月が」

東や西の地平線近くで
赤い月を見た事はありませんか?

赤い月やオレンジ色の月、黄色く見える月を見る事はないでしょうか?

写真を楽しむブログ 撮影地撮影方法紹介の写真ブログにようこそ!

夜の空で煌々と輝く月、いつも見ている月は白く光るような月…

時々色がついた黄色く見える月やオレンジ色の月が見える事があります。

色づいた月は幻想的な雰囲気もあります。

オレンジ色よりもっと濃い赤に近い月の色!

赤い月は幻想的を通り越し…

「不気味な月」「不吉を予感する月」に見える事があります。

スポンサー広告

 ご注意!

赤い月

赤く見える月は「地震の前触れ」「不吉な前触れ」など色々な憶測もささやかれています。

月が見える日の半分近い日に「赤い月」が見えれば「地震の前触れ」などという人も居ないでしょう。

月を撮影している人なら赤い月やオレンジ色の月は当たり前のように見ているはずです。

赤い月・オレンジの月・黄色い月いつ見える?色濃い月の撮影方法!刻々と変化する月の色

赤い月は色々な言い方で表現されています。

ブラッドムーン・ストロベリームーンなどの表現もあるようです。

ブラッドムーンは皆既月食の月を指しています。

赤く見える月、赤褐色の月の「赤い月」は元々皆既月食の時に見える月を表しています。

皆既月食で最大食の時に月を見ると綺麗な赤褐色の月を見る事ができます。

皆既月食で赤くなった月

私が撮影した皆既月食の時の月を見てみましょう。

最大食ではありませんので全体が赤褐色になった月ではありませんが月の表面が赤く見える月になっています。

赤い月・オレンジの月・黄色い月いつ見える?色濃い月の撮影方法!刻々と変化する月の色

皆既月食に関しては下記の参考記事をご覧ください。

皆既月食は滅多に見られるものではありませんが…

赤い月は比較的簡単に見る事ができます。

赤い月が見える現象とは?

皆既月食とは異なる日に月が赤く見えるのはなぜでしょうか?

なぜ月が赤く見える?

簡単に言えば、朝日や夕日が赤く見えるのと同じ理由になります。

地平線や水平線近くは天頂近くより大気の厚さが厚くなっています。

地平線や水平線の近くに月がある時、光が大気の中を通過します。

光が厚い大気の中を通過する時、人の目には青い光は届きにくく、赤い光だけが届きます。

赤い光だけ人の目に届く為月が赤く見える!

朝日や夕日が赤く見えたり、朝焼けや夕焼けが見える現象と同じ事です。

地平線や水平線の近くの月は赤く見える事がある!

赤い月は不吉でもなければ地震の予兆でもなかったのですね?

黄色やオレンジ色に見える月は?

なぜ月が赤く見えるのか?は分かりましたが、オレンジ色や黄色に見える月は?

月のインターバル撮影方法とコンポジット!比較明合成の方法!間隔を調節して画像選び

月を連続写真になるように撮影するとよく分かりますね?

白→オレンジ色→赤色

というように徐々に色が付き赤くなっているのが分かります。

黄色やオレンジ色の月が見えたのは赤く見えるようになるまでの途中だったんですね!

月を連続写真のように撮影する「インターバル撮影」は下記の記事をご覧ください。

では実際に赤い月を撮影してみましょう!

赤い月を撮影する方法や撮影地など

「赤い月の撮影」に関しては次のページでご紹介します。