赤い月・オレンジの月・黄色い月いつ見える?色濃い月の撮影方法!刻々と変化する月の色

赤く見える月を撮影するのは比較的簡単です。

単純に言えば…

月が出る時か、月が沈む時をに月を見ると赤く見える月に遭遇する事ができます。

ところが…

そう単純にいかないのが自然現象。

赤い月を撮ってみたい!

そう思ったら赤い月の撮影方法のコツなどを参考に赤い月を狙ってみましょう!

 ご注意! 

赤い月の撮影

赤く見える月は地平線や水平線近くで見える事は分かりましたね?

では地平線や水平線近くで見える月はどのような時でしょうか?

赤い月が見える時刻は?

簡単に言えば「月の出」や「月の入り」の時刻に見える月になります。

月の出や月の入りの時刻は毎日変わります。

もちろん月が見えない日もあります。

月の出や月の入りの時刻を調べましょう!

月の出や月の入りを知るにはアプリが便利です。

今日の月の出や今日の月の入りの時刻だけでなく任意の日の月の様子を知る事ができます。

月の撮影に便利なアプリを使って月の様子を確認してみてください。

赤い月(月の出)

アプリなどで月の出の方角や時刻を事前に調査したら月の出の撮影です。

月の出の撮影は「日の出の撮影」と同様に事前に月が出る方角や時刻を知っていなければ撮影できません。

月の出る方角や時刻がわからないまま地平線を眺めていてもダメですね?

赤い月・オレンジの月・黄色い月いつ見える?色濃い月の撮影方法!刻々と変化する月の色

月が出てくる方角を見定めてカメラを向けます。

都心などはビルの影から月が出てきたりします。

赤い月(月の入り)

月の入りの撮影は「月の出」の撮影よりも簡単です。

月が沈んでいく様子は事前に月の入りの詳細を知らなくても容易に知る事ができますね?

赤い月・オレンジの月・黄色い月いつ見える?色濃い月の撮影方法!刻々と変化する月の色

気が付いた時に月の位置が地平線近くになっている時はそろそろ月が沈んでいく頃。

月が沈みそうな位置を狙って月が沈む様子を撮影します。

月の色の変化

白い月から黄色い月、オレンジ色の月、赤い月…と

月の色の変化をより分かりやすく撮影するにはインターバル撮影が便利です。

月のインターバル撮影は月の出よりも月の入りの方が撮りやすい!

赤い月・オレンジの月・黄色い月いつ見える?色濃い月の撮影方法!刻々と変化する月の色

月のインターバル撮影の方法は下記の記事をご覧ください。

赤い月の撮影方法

赤い月の撮影も通常月の撮影も撮影方法は同じです。

月の撮影方法に関してはたくさん記事がありますのでぜひご覧ください。

赤い月は白く光ったような月よりも暗く見えます。

通常の月の撮影よりも明るく撮影できるようにカメラの設定を臨機応変に!

赤い月の撮影地

赤い月を撮影するのは地平線や水平線が見える場所。

地平線や水平線が見えない場所だと白くなってしまった月しか見えません。

同じように地平線が見える場所であっても地平線付近に雲があれば赤い月は見えません

赤い月の撮影地は地平線付近に月が見える場所であればどこでも撮影地になります。

赤い月の撮影まとめ

赤い月の撮影!という記事は特に必要としていませんでした。

月の撮影に関しては「月と風景の撮影方法」や「月のアップの撮影方法」などを始め

「地球照の撮影方法」まで細かく分けて紹介してきました。

「赤い月」などあまり興味があるとは思いませんでしたが、

意外にも多くの検索がありましたので

改めて「赤い月」という事で今回の撮影方法を加えてみました。

撮影方法とまではいきませんが…

赤い月はいつ見えるの?

赤い月はなぜ見えるの?

という事も記載しておこうと思った次第です。