撮影スポット

BOSS プレミアム鉄道ロケ地 大井川鉄道とレインボーブリッジ アクセスと撮影攻略

更新日:

写真を楽しむ写真ブログ[撮影アイテム紹介 写真ブログ]にようこそ!
今回は「サントリー プレミアムBOSSのCM」でも話題の
大井川鉄道とレインボーブリッジの見える景色を楽しめる撮影ポイント。
大井川鉄道井川線 奥大井湖上駅付近の風景。
プレミアムボス ブラック「プレミアム鉄道」でタモリさんが車窓を
眺めるシーンと大井川鉄道の俯瞰のシーン。
エメラルドグリーンの湖と鉄橋が気になった方も多いのではないでしょうか?
「プレミアム鉄道」でのシーンは天気が優れないようですが
あえて狙ったのかは別として、晴天より雰囲気が出ていたのが
良かったですね。雨はCGでしょうが…
エメラルドグリーンの湖にかかる鉄橋を大井川鉄道の列車が走る。
そのようなシーンを撮影するなら、この場所です!


BOSS プレミアム鉄道ロケ地 大井川鉄道とレインボーブリッジ アクセスと撮影攻略
出典[大井川鉄道とレインボーブリッジ]

[sponsor PR]

大井川鉄道と奥大井湖上駅の概要

エメラルドグリーンの湖と鉄橋
この場所は正確には「大井川鉄道井川線 奥大井湖上駅」付近。
奥大井湖上駅に停車する直前の場所にあります。
この鉄橋は「レインボーブリッジ」と言い、
東京お台場に架かる「レインボーブリッジ」より先に命名されています。
決して、大井川鉄道が真似した訳ではありません。
大井川鉄道は正式には「大井川鐵道」と書きます。

大井川鐵道 概要
鉄道路線は大井川本線と、中部電力から運営を委託されている井川線(南アルプスあぷとライン)を有する。大井川本線は蒸気機関車 (SL) の動態保存、井川線は日本唯一のアプト式鉄道として知られる。
ローコスト運営の名鉄グループの中でもさらに際立つローコスト運営と、中部電力からの運営受託収益で、地方のローカル鉄道でありながら経営基盤を確立しているのは特筆に価する。
他に寸又峡線の路線バス事業を手がけている。
元々は大井川鉄道という会社名であったが、2000年(平成12年)10月1日に子会社の大鉄技術サービスを存続会社とする形で合併し、その翌日、大井川鐵道と商号を改称した。「鉄」を旧字体の「鐵」にしたのは、「鉄は『金』を『失』うと書き、縁起が悪いから」だといわれている。なお、地元の静岡新聞など一部マスメディアは現在でも『大井川鉄道』表記を続けている。これは日本新聞協会や共同通信社などに「表記としては新字を使用する」という原則があるためである。
出典:wikipedia

奥大井湖上駅 概要
海抜は490m[2]。長島ダムのダム湖である接岨湖に突き出た半島状の陸地の突端に位置する。この場所はダム建設以前に谷が大きく蛇行していた部分の尾根にあたり、駅および鉄橋の湖底(つまりかつての谷底)からの高さは70mもある。
前後を2本の巨大な鉄橋「レインボーブリッジ」(東京港の「レインボーブリッジ」より先の開通である。そちらとの区別のため「奥大井レインボーブリッジ」とも)に挟まれ、また周辺に民家等はなく、さながら陸の孤島の様相を呈している。このため「秘境駅」に数えられることもある。
この駅は井川線の一部が長島ダムの建設によってダム湖に沈むことから1990年に新線に移設された際、新駅として開業したものである。駅構内および鉄橋上からは、ダム建設による切り替え前の旧線の橋が散見できる。
出典:wikipedia

上記wikipediaをまとめると
大井川鉄道は大井川本線と井川線を有する鉄道で、
大井川本線はSLが運行している。
井川線はアプト式鉄道としても有名である。

奥大井湖上駅は、ダム湖である接岨湖(せっそこ)に突き出た半島状の
突端にある尾根にあります。
多い湖上駅に架かる鉄橋は「奥大井レインボーブリッジ」と言われ
この鉄橋を歩く事もできます。

スポンサーリンク

大井川鉄道と奥大井湖上駅へのアクセスと撮影スポット

奥大井湖上駅がある場所は静岡県榛原郡川根本町
静岡市と浜松市を結ぶ国道362号線から県道77号線を北上する。
県道77号線をそのまま北上すると「寸又峡」に到達するが
大井川ダム付近で県道388号線に分岐し北上すると
奥大井湖上駅付近に到達します。

[sponsor PR]

まずは奥大井湖上駅を目指します。
奥大井湖上駅へアクセスする場所がわかれば、
すぐに奥大井レインボーブリッジが見える場所が分かります。

奥大井レインボーブリッジの撮影ポイントは
トンネルの入り口に小道があります。静岡方面からの場合右手。
トンネルに入らずトンネルを迂回するような小道が撮影ポイントです。
この小道は大変狭いのですが、進んでいくと、
僅かながら駐車スペースがあります。
駐車スペースが埋まっている場合は、トンネルの手前にバス停があり
バス停の付近に若干数停車できる広がった路肩があります。
※バス停には停車・駐車しないでください。

BOSSのCMだけでなく、TOYOTA86の 峠[TOUGE] volume 101で
このエリアが登場しています。
しかもTOYOTA86は撮影ポイントの脇道も通過している。
まさにここ!と言う感じです。
このエリアを走行していますので雰囲気が分かると思います。
よろしかったらご覧ください。

奥大井湖上駅が目的の場合は、この小道からもアクセスできますが
トンネルの先にもうひとつ脇道があります。
googlemapをご参照ください。
※表示ポイントが若干ズレている場合がありますがご了承ください。

35.170605, 138.180567

大井川鉄道とレインボーブリッジの撮影攻略

上記の大井川鉄道と奥大井湖上駅へのアクセスを見れば撮影ポイントが
解ると思いますが、
奥大井レインボーブリッジに列車が走っていないと
なんだか物足りないですね?

レインボーブリッジを列車が通過するタイミングを
事前に予習しておきましょう。
大井川鉄道株式会社[時刻表]で確認してください。
南アルプスあぷとライン 時刻表(井川方面行き)
南アルプスあぷとライン 時刻表(千頭方面行き)
をご覧になり「奥大井湖上駅」に停車する時刻を確認します。
※時刻表が改正される可能性がありますので、
当ブログには表記していません。ご了承ください。

意外と走っておりますので、チャンスは割と多いのではないでしょうか?
お昼頃が本数も多いので狙い目です。
朝夕に行っても走っていませんのでご注意を!

季節にもよりますが、鉄橋の柱がちょうどいい感じになる
時間が綺麗に撮影できると思います。
太陽の位置もチェックポイントです。
[朝日や夕日の撮影アイテム-LightTrac]のような
スマホアプリがあると撮影計画もできます。

方角的にも逆光になるのはいたしかたありません。

大井川鉄道と近隣の撮影ポイント

この記事は大井川鉄道の奥大井湖上駅とレインボーブリッジの
記事ですので、その事にしか触れておりませんが、
大井川鉄道沿線は沢山の撮影ポイントが存在します。

観光としても言う事無い、素晴らしいエリアです。
寸又峡も近くにありますので、
様々なシーンが撮影でき、観光としても満足できるエリアです。

ご興味がある場合は、出典先の記事をご覧ください。


BOSS プレミアム鉄道ロケ地 大井川鉄道とレインボーブリッジ アクセスと撮影攻略出典[大井川鐵道のSL[蒸気機関車]の撮影]


BOSS プレミアム鉄道ロケ地 大井川鉄道とレインボーブリッジ アクセスと撮影攻略出典[寸又峡 夢の吊り橋]

[sponsor PR]
[風景写真ブログ] [写真講座ブログ] [ブログランキング]


関連の記事(広告も含まれます)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最新記事が配信されます

-撮影スポット -

Copyright© 写真を楽しむブログ[撮影アイテム 写真ブログ] , 2017 AllRights Reserved.