雲海と夜景・富士山と諏訪湖の展望広がる高ボッチ高原の撮影!アクセスと撮影攻略

雲海と夜景・富士山と諏訪湖の展望広がる高ボッチ高原の撮影!アクセスと撮影攻略

富士山と諏訪湖 高ボッチ高原

写真を楽しむブログ[撮影地撮影方法紹介の写真ブログ]にようこそ!

今回は人気の被写体「富士山」を撮影する撮影スポットのひとつ。
雲海と富士山を撮影したり、夜景と共に富士山を撮影できる
素晴らしいロケーションの撮影スポット高ボッチ高原です。

長野県にある「高ボッチ高原」(たかぼっちこうげん)
この高ボッチ高原から眺める富士山は様々な姿を魅せてくれます。

そんな高ボッチ高原へのアクセス方法と撮影攻略を
ご紹介したいと思います。

長野県高ボッチ高原からの朝富士です。高ボッチ高原から観れる富士山は、眼下の諏訪湖の街灯りとの競演で美しい。あいにく、この日は諏訪湖上に雲海が発生。諏訪湖は雲の下へ消えています。

[sponsor PR]
連休の予定はお早めに!
【Booking.com】世界のホテル割引予約

高ボッチ高原の概要

高ボッチ高原は長野県塩尻市に位置する高ボッチ山(標高1665m)の
なだらかな斜面に位置する高原です。

高ボッチの名前の由来は、「ダイダラボッチ」が
腰を下ろして一休みしたという言い伝えからその名がついたようです。

長野県塩尻市の高ボッチ高原はダイダラボッチが
腰を下ろして一休みした場所であるという。
ダイダラボッチは、日本の各地で伝承される巨人である。
数多くの類似の名称が存在する。
このため本稿では便宜的に名称をダイダラボッチとする。
山や湖沼を作ったという伝承が多く、元々は国づくりの神に対する
巨人信仰がダイダラボッチ伝承を生んだと考えられている
(鬼や大男等の妖怪伝承が巨人伝承になったという説もある)
出典:wikipedia

春夏秋冬、高ボッチ高原は素晴らしい場所ですが、
冬期は高ボッチ高原へのアクセスが冬期の道路閉鎖によって
遮られる事になる。

高ボッチ高原[塩尻市総合観光案内]の案内を
ご覧頂くと解りますが、「日本一のシャッターポイント」と紹介されています。

高ボッチ高原へのアクセス

高ボッチ高原へのアクセスは二通りあります。国道20号線岡谷インター付近からのアクセスと松本市側の崖の湯口からのアクセスになります。

つまり、崖の湯口付近から岡谷インター付近までが「高ボッチスカイライン」(高ボッチ林道)になり、そのちょうど中心付近が高ボッチ高原になります。

「崖の湯口」側から「岡谷インター付近(塩尻峠)」側からのアクセスはいずれも狭い林道になります。高ボッチスカイラインとありますが、現地にそのような表記は見当たらない。

東京方面や名古屋方面からのアクセスなら若干ではあるが、高ボッチ高原への距離は短い。

大雨が降ったりした後は、岡谷インター付近(塩尻峠)からの高ボッチスカイラインは閉鎖される事も多い。

実際私は2度ほど閉鎖した時に訪れている。
高ボッチスカイラインの入り口に看板があるので要確認である。

塩尻峠側からの林道を走ると高ボッチ高原まで○Kmという小さな看板が500mおきぐらいにあれば間違ってはいない。

[sponsor PR]
[厳選ショップ]

高ボッチ高原の付近は駐車場に困る事はありません。

高ボッチ高原から富士山や諏訪湖を撮影する写真家の皆さんは殆どが夜か朝ですので、例え富士山の撮影ポイント付近でも駐車できない事は少ない。

40人ほどの団体が撮影していた事もありますが一方向に駐車してくれれば、まず問題ない。

混雑時の駐車において、片側に駐車するのは良いが長距離においてびっしり駐車されると相互通行ができない。

相互通行時に除けるスペースも必要なので後から来た方は、そのあたりも注意して駐車して欲しい。

36.132474, 138.036074

高ボッチ高原からの撮影スポット

高ボッチ高原に撮影が目的で訪れる方は、殆どが「富士山の撮影」朝の富士山を撮影しようと各地から訪れます。

かなりの距離から撮影に来ている方と何度も会いましたがまず朝の富士山の撮影です。

雲海と夜景・富士山と諏訪湖の展望広がる高ボッチ高原の撮影!アクセスと撮影攻略

富士山と諏訪湖 高ボッチ高原

富士山を撮影する場合は、私の場合一カ所しか無い。
高ボッチ高原の電波塔が見える高ボッチスカイラインの東側のポイント。
駐車場からは離れているため、日の出前には車が数台停まってるはずなので解りやすい。

ただ、夕方から夜にかけて諏訪湖の夜景を撮影する場合は
車が見当たらない日もあるのでスピードを落として通行してみてください。

東側の開けた所に小さな入り口があります。

高ボッチ山の山頂は360度視界が開けているためじっくり撮影するには良いかもしれません。

高ボッチ山の山頂までは駐車場から数分でアクセスできます。

夜間の星空撮影は、このエリアのどこででも撮影可能なので車を駐車しやすい所を拠点として歩き回っても良い。

夜間の場合、突然「鹿」に遭遇する事があります。

よほどの事が無い限り攻撃される事はありませんが夜中にバッタリ鹿に遭遇するとビビるものです。

夜明け前、高ボッチにやってきました。まだ星が瞬く頃…月が高い位置にありました。そろそろ夜が開ける頃ですが、到着した頃は満天の星空です。今回の高ボッチは星空の撮影にはちょっと間に合いませんでした。

高ボッチ高原からの撮影攻略

重複するかもしれませんが、富士山と朝景色を撮影するなら日の出前に撮影ポイントに到着しなければなりません。

少し冷えた時ならば雲海が撮影できる事も多いと思います。

逆に晴れていても雲海が出ていなければ、諏訪湖と諏訪の街灯りが綺麗ですので問題ない。

雲海と夜景・富士山と諏訪湖の展望広がる高ボッチ高原の撮影!アクセスと撮影攻略

富士山と諏訪湖 高ボッチ高原

どちらにしても良く晴れた日を選ぶべきですが、
富士山の方向からは日は昇って来ないので
富士山と日の出を狙うより、
日の出間近の朝焼けの時間に富士山が照らされる朝焼けを
狙う場合がほとんどでしょう。

雲海と夜景・富士山と諏訪湖の展望広がる高ボッチ高原の撮影!アクセスと撮影攻略

富士山と諏訪湖 高ボッチ高原

[sponsor PR]
[厳選ショップ]
専門店だからできる!壊れたカメラでも買取!
事前査定では個人情報不要!

夜間の星空の撮影の場合、どのエリアで撮影しても良い星空が撮影できるでしょう。
もちろん富士山と諏訪湖方面も美しい星空が広がります。
全体に明るい光害ではないので、比較的綺麗に星空が広がります。

富士山と風景写真の記事は
[富士山の見える風景写真]でご案内しております。
また高ボッチ高原の近隣の長野県の撮影記事は
[長野県で撮影した風景写真]をご覧ください。

雲海のフォト動画です。

高ボッチ高原での風景撮影

風景撮影の評価は?
朝日・朝焼けの撮影
昼間の風景撮影
夕日・夕焼けの撮影
星空の撮影
アクセス難易度
撮影環境
観光としても諏訪湖を眼下に眺めたい。諏訪湖の花火も見ごたえあり。富士山は逆になりますが夕焼けも良い場所です。星空も申し分なし。場所によってはトイレや駐車の便が悪いですがおおむね最高の撮影地です。

高ボッチ高原の近隣の絶景地

高ボッチ高原から比較的近い御射鹿池(みしゃかいけ)は
比較的アクセスも近いためぜひお立ち寄りください。

御射鹿池は東山魁夷の「緑響く」のモチーフとして有名な池。茅野市の観光スポットとしても上位の景観地が御射鹿池です。人工の池で酸性が強く魚が生息できない池です。シャープのAQUOSのCMでも使用された事でさらに有名になった人工池。

高ボッチ高原・諏訪湖周辺おススメの宿

[下諏訪温泉 鉄鉱泉本館]6,480円〜

[上諏訪温泉 浜の湯]5,292円〜

[信州・上諏訪温泉 ホテル鷺乃湯]8,640円〜

[上諏訪温泉 諏訪レイクサイドホテル]4,520円〜

[下諏訪温泉 料理自慢の宿 梅月]15,660円〜


[【温泉】ホテル・旅館ランキング(全国)]
[ご出発3日前まで予約可能]

富士山の撮影参考書

一度icon-checkしたら押さないで〜シェアはFボタン!

ブログが気に入ったら
いいね ! してね