中央大橋の夜景を撮ろう!隅田川に掛かる美しい橋梁と水辺風景!東京都心おススメ絶景地

中央大橋の夜景を撮ろう!隅田川に掛かる美しい橋梁と水辺風景!東京都心おススメ絶景地
中央大橋の夜景
隅田川に掛かる橋の中でも美しい形状の中央大橋。
中央大橋はその姿を撮影するだけでなく、
橋の上から見る風景も美しい東京の水辺撮影スポットです。

写真を楽しむ写真ブログ 撮影アイテム紹介 写真ブログにようこそ!

隅田川にかかる橋は、どれも個性的で良い風景ですが、この中央大橋は、その中でも一番美しい形状の橋とも言えるほど。

隅田川の橋はほとんど撮影していますが、ご案内するほどのものを撮影できていませんので隅田川にかかる橋の代表として中央大橋をご案内したいと思います。

広告

中央大橋

中央大橋というネーミングは、特に特徴の無いネーミングではありますが東京都中央区のシンボルでもありますので良しとしましょう。

とは言え、かなり中央区の端っこではあります。

中央大橋の概要

中央大橋(ちゅうおうおおはし)は、八重洲通りにある橋で、西岸は中央区新川二丁目になり、東岸は中央区佃一丁目になります。

隅田川はフランスのセーヌ川と1989年(平成元年)に
友好河川を提携しており、中央大橋を架橋する際に、
フランスのデザイン会社に設計を依頼した。

そのためか、主塔および欄干部分に日本の「兜」を意識した
特徴的な意匠が施されている。

また上流側の中央橋脚部には当時のパリ市長であった
ジャック・シラクから東京都に友好の印として贈られた
彫刻家オシップ・ザッキン作の「メッセンジャー」と
名づけられた彫像が鎮座する。

彫像は川側を向いており、橋をくぐる水上バスからの方が見やすい。
なお、このお礼にパリ市に「屋形船」を寄贈している。
出典:wikipedia

wikipediaにもあるように、兜を意匠にした主塔は美しく見事です。

中央大橋の撮影

中央大橋は昼間見ても美しい橋の形状ですが、おススメは夜景ではないでしょうか?

両岸には遊歩道がありますので、色々な角度から中央大橋を撮影できます。

中央大橋の夜景を撮ろう!隅田川に掛かる美しい橋梁と水辺風景!東京都心おススメ絶景地
中央大橋の夜景

中央大橋の撮影攻略

中央大橋の夜景撮影に攻略など無いに等しいですが、できれば隅田川の川面を鏡面にして撮影したいですね。

ということは、長時間露光でじっくり撮るのが良さそうです。

中央大橋の夜景を撮ろう!隅田川に掛かる美しい橋梁と水辺風景!東京都心おススメ絶景地
中央大橋の夜景

隅田川の両岸を遊歩道を散歩しながらのんびり撮影するのが良いでしょう。

必然的に中央大橋を渡らなければ対岸には行けませんので、中央大橋を渡ることになりますが、中央大橋を渡る場合は北側の歩道を渡ります。

中央大橋の北側の歩道を渡れば、永代橋とスカイツリーが見えますので橋を渡る際に永代橋とスカイツリーのコラボ写真を撮りましょう。

中央大橋の夜景を撮ろう!隅田川に掛かる美しい橋梁と水辺風景!東京都心おススメ絶景地
中央大橋の夜景

東側の遊歩道(石川島公園)からは中央大橋と永代橋・スカイツリーが画角に入ります。
広角レンズなら中央大橋・永代橋・スカイツリーが収められます。

中央大橋の夜景を撮ろう!隅田川に掛かる美しい橋梁と水辺風景!東京都心おススメ絶景地
中央大橋の夜景
広告

[夜景が見える露天風呂の宿|楽天]

中央大橋へのアクセス

まずは地図を表示しておきます。
ナビやgooglemapの場合は入力すれば現在地からの情報を取得することができます。

※ご使用のデバイスによって地図が表示されない場合もありますのでご了承ください。

撮影地(ロケ地)の情報を簡単にご紹介します。

ロケ地の情報
最寄り駅 JR・日比谷線八丁堀駅
バス停の有無 住友ツインビル前他
最寄りIC 箱崎・京橋ICなど
駐車場の有無 あり
トイレの有無 なし
食堂の有無 付近にあり
備考:駐車場は橋のたもとにありますが、トイレが見当たりません。都心ですので食事はできるでしょうが、思ったよりも何もない所ですのでご注意ください。

アクセスのポイントと攻略

都内中心部にあるため、交通の便は申し分ありません。

電車やバスでアクセスできますので気軽に赴くことができるので隅田川の橋を楽しんでください。

車の場合は、中央大橋の西側に駐車場がありますので問題ありません。
デートコースとしておススメできるかどうかは疑問ですが、
ちょっとした散歩には良さそうですね。

中央大橋夜景撮影まとめ

中央大橋を川から眺める屋形船などもあります。

隅田川から中央大橋を見上げる感じで屋形船も写真スポットとしてしばらく角度を変えながら停船します。

隅田川をめぐる屋形船もチェックしたいですね。

レインボーブリッジはさらに撮影地が多いですのでついでに巡ってみましょう!